10分でわかる『植木の法則(うえきのほうそく)』

植木の法則とは?

 正義感の強い中学生・植木耕助が異能力を駆使して悪と戦う姿を描いたバトル漫画。
『週刊少年サンデー』(小学館)に、2001年34号から2004年46号まで連載された。単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全16巻、累計発行部数は350万部
 連載終了後、2005年4月4日から2006年3月27日までテレビ東京系でアニメ化された(放送時間:月曜18時30分 - 19時00分、BSジャパンでも同時期に火曜18時30分 - 19時00分に放送)。これに伴い、続編にあたるスピンオフの『うえきの法則+』が同誌に、2005年19号より2007年29号まで長期の休載期間をはさみながら連載された。
 元々この作品は1話読み切りの作品として福地が小学館に持ち込んだものである。ところがその内容の面白さに担当者が「5話掲載の短期連載にしてもらいたい」と連絡し、福地が追加の原稿を書いていると再び小学館から連絡が入り、本格的な長期連載となった。

wikiより

あらすじ

 神の座を巡り、神候補の天界人が自分の選んだ中学生に固有の特殊能力(一人につき一つ)を与え、他の神候補の選んだ中学生と戦わせる。最後に勝ち残った中学生の担当神候補は神に、中学生は「自分の好きな才能を何でも手に入れられる『空白の才』(くうはくのざい)」を手に入れることが出来る。
 そんなバトルが開催された中、神候補の一人・コバセン(小林先生)は人間界に正義がないことに絶望していたが、ある時植木耕助の行動に正義を垣間見て、その正義が本物かどうか確かめる為、植木に詳しい情報を一切与えぬまま能力・ゴミを木に変える力を与える。結果、植木の正義を認めたコバセンは植木にバトルに参加することを勧める。

登場人物

 

植木耕助

主人公。火野国中学校一年生。13歳。(掌で覆えるだけの大きさの)ゴミを木に変える能力を持つ。並々ならぬ正義感を持ち、コバセンを慕っている。女の子に非常にモテる。担当神候補はコバセン→淀川

小林先生/コバセン

 火野国中学校の教師だが実は神候補。32歳。強力な能力者の攻撃から植木を助けてしまい地獄に落ちる。合わせて植木の担当からも外されるがその後色々あり、森の神候補になる。

森 あい

 本作のヒロイン。火野国中学校一年生。13歳。元々はうえきのクラスメイトで能力者ではなかったが、物語中盤犬丸によって(ブリっ子ポーズをしている)相手をメガネ好きに変える能力を与えられる。ツッコミ担当。担当神候補はコバセン。

画像引用元①:http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item2?photo_no=1&seq_exhibit_id=10007
画像引用元②:http://battle-one.com/【うえきの法則】小林先生(コバセン)の強さと/

評価・感想

 植木の法則は後付け設定で大勝利した漫画であるといっても過言ではない。連載当初、その時期トレンドであった能力者バトル漫画であったのと、当時世間でエコ、リサイクルといった言葉がしつこくテレビ等で流れていたため主人公の能力である「ゴミを木に変える力」が多くの読者に魅力的にうつり、人気漫画となっていった。
 しかし、ある時植木の法則の人気が少しばかり低迷し始める。原因は同時期に連載していた同じ能力者バトル系漫画の金色のガッシュに人が流れていったこととゴミを木に変える力という能力の弱さと幅の広げにくさがこの漫画の人気を少しばかり弱めてしまっていた。やはりかっこいい能力の方が魅力的に映ったのかもしれない。
 それをみてなのか、それとも最初から構想にあったのかはわからないが主人公植木は突然作中最強の敵がリーダーとなったグループと無理矢理ぶつかり(一応物語の筋はある)、当然ボロボロになる主人公がめちゃめちゃ強い技・神器を使い敵グループをなぎ倒していくという展開になる。なんでも主人公は地球人ではなく天界人で天界人が使える神器が使えた!というのだ。まあ、むちゃくちゃな展開であるが、この設定がなんと大好評。たちまち植木の法則は誰もが知る漫画となっていった。

 植木の法則といえば?という質問があったとするならば知る人は「ゴミを木に変える力」とは答えない。返ってくる答えは9割5分神器の名前だ。

 それくらい、後付け神器は植木の法則を盛り上げていた。普通漫画を進める時一貫から何巻まで読んでみて〜と勧めるがこの漫画の場合は一巻の数話を読んだ後5巻から読み始めるといいだろう。

評価点:70点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…
  2. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  3. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  4. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  5. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  6. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  7. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  8. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  9. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  10. ドメスティックな彼女とは? [su_list] 現代日本における高校生の恋愛を題材としており…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…
  2. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  3. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  4. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  5. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  6. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  7. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  8. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  9. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…
  10. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…

次に見るべき記事

  1. 2017-11-28

    『式の前日』の評価・感想 ヒューマンドラマの集大成短編集!

    式の前日とは? [su_list] 『式の前日』(しきのぜんじつ)は、穂積による日本の短編漫…
ページ上部へ戻る