10分でわかる『ちはやふる』

ちはやふるとは?

 『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ、実写の映画。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号から連載中。競技かるたに没頭する少女の青春を描く。アニメ化および実写映画化されたほか、現実社会の競技かるた浸透にも影響をおよぼした。
 本作の主人公は名人・クイーンを目指す少女・綾瀬千早であり、物語は千早がクイーンの座をかけて争う場面から始まる。その後は千早が過去を回想する形で第6話までは小学校編が、第7話から高校生編が描かれている。個性的な登場人物が織り成すドラマと躍動感のある競技かるたの描写で人気を集めており、単行本の発行部数は2014年12月現在で累計1200万部を突破している。少年漫画に通ずる「熱さ」を有する作風から「熱血スポーツ漫画」と評されるが、同時に恋愛や友情、離別や再会といった青春ストーリーも描かれている。

表紙画像・出典:blog-imgs-46-origin.fc2.com

あらすじ

小学校編高校一年編高校二年編以降〜
 小学6年生の綾瀬千早の夢は、姉の千歳が日本一のモデルになることであった。しかし、福井から来た転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は競技かるたで名人になり、日本一になることであった。真剣にかるたに臨む彼の姿に感化された千早は、幼馴染の真島太一も巻き込んで、かるたの魅力へ惹きこまれていく。(1巻 - 2巻前半)
 3人の出会いから始まり、小学校卒業までが描かれている。小学校編で3人がいる都市は、東京都府中市がモデルとなっている。

 小学校編から3年余り後。小学校卒業を期に3人はそれぞれの道を歩んでいたが、千早は、太一も同じ瑞沢高校に進学していたことを知る。当初、乗り気でなかった太一まで巻き込み、二人で瑞沢高校かるた部の設立を目指す千早は、たとえ離れていても、3人のかるたへの情熱は変わらないと信じていた。なお、小学校卒業後から福井へ帰郷していた新とは、1年以上連絡が取れなくなっていた。実は、祖父の死がきっかけでかるたから離れていた新だったが、それでも、かるたを嫌いになったわけでないと分かり、千早と太一の2人は卒業の時に交わした「かるたを続けていればまた会える」という約束を胸に、強くなって新と再会することを誓い合う。その後の千早と太一は、古典オタクで呉服屋の娘大江奏、小学生かるた全国2位(1位は新)の肥満児西田優征、学年2位(1位は太一)の秀才駒野勉の勧誘に成功し、瑞沢高校かるた部を設立する。そして、かるた部は「団体戦優勝」という目標のもとに、日々の練習を重ね、ついには強豪である北央高校を破り、全国大会に出場する。全国大会開催前の近江神宮で、千早は現クイーンであり同い年の若宮詩暢と出会う。初の全国大会では、瑞沢高校は千早の途中棄権が響き決勝トーナメントで団体戦敗退。個人戦でも詩暢に大差で敗れた千早は、その戦いぶりで詩暢に記憶を残す。その後のかるた大会で部員たちは各々の課題を発見してゆき、また様々な年齢層の競技者たちと出会ってゆく。そして新も、競技大会への復帰を果たし、千早・太一と再会した。冬、恒例の名人戦・クイーン戦で、現名人である周防久志がテレビの前に姿を現す。(2巻後半 - 9巻前半)
現在は35巻まで既刊

登場人物

綾瀬千早

 小学6年で新と出会い、初めて競技かるたを知る。天性の聴力を持ち、かるたを始めた直後からそのずば抜けた才能を発揮する。

真島太一

 スポーツ万能で成績優秀。かるたでつながった千早と新との絆をきっかけに、千早とともに瑞沢高校かるた部を立ち上げる。

綿谷新

 かるたの永世名人を祖父に持ち、千早をかるたの世界に引きこんだ。小学校卒業後、祖父の介護のため家族で地元・福井に戻り、千早たちとは離れ離れに。

評価・感想


出典:ちはやふる1巻

 日本古来の文化でかつ、誰もが知りながら多くはその内容を知らないマイナー競技はやはり強し。地味でスポーツと聞くと首を傾げてしまう競技かるたのイメージがちはやふるを読み大きく変わった。
 一応作品自体は恋愛漫画のくくりだが、競技かるたを恋愛につなげるための要素としてないがしろにはせずむしろ少年誌スポーツ漫画のような熱い戦いが繰り広げられる。逆に本来の恋愛要素がかなり省かれているくらいである。かるた自体単純なものではなく読み進めるごとに札の意味・取り方や技、心理戦が繰り広げられるため自分もかるたをしているような錯覚に陥る。私自身かるたをしてみたいなと思ったこともあったが、実際の競技かるたの敷居は高く当然思っただけで終わった。

 小学生時代から高校一年の夏の大会まではスポーツ漫画の引き込まれるテンプレート(ライバルの消沈、部の発足、仲間集め、弱い仲間が強くなる等)がぎっしり詰め込まれており、一呼吸で読める。高校一年の夏の団体戦が終わってから少しダレるがここは諦めず読み進め、二年目の団体戦までは読んで欲しい。結果はネタバレになりあまり言いたくはないがチーム優勝を目指した各々のやり方や戦い方がかなり熱く面白い。

評価点:80点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  2. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…
  3. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  4. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  5. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  6. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  7. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  8. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  9. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…
  10. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  2. メイのメイデンとは? [su_list] 「メイのメイデン」はガンガンJOKERにて2017…
  3. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  4. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  5. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…
  6. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  7. オオカミ少女と黒王子とは? [su_list] 『オオカミ少女と黒王子』(オオカミしょうじょ…
  8. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…
  9. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  10. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…

次に見るべき記事

  1. 2018-4-12

    『ReReハロ』の評価・感想 まるで母子のような関係にドキドキすること間違いなし!

    ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
ページ上部へ戻る