10分でわかる『テニスの王子様』

テニスの王子様とは?

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経て、1999年32号より連載開始。2008年14号の終了まで約9年間連載された。さらに2009年3月から第2シリーズ『新テニスの王子様』(以降『新-』)として『ジャンプスクエア』にて連載再開。通称「テニプリ」。単行本(初代)は全42巻。公式ファンブックは、10.5巻、20.5巻、40.5巻。イラスト集は、30.5巻。『新-』では単行本は既刊19巻。話数カウントは初代は「Genius-」、『新-』では「Golden age-」。2011年9月時点でシリーズ累計発行部数は5000万部である。

 テニスの名門中学校に入学した主人公の越前リョーマが、テニス部に入り、全国大会優勝を目指して団体戦で試合を勝ち上がっていくというストーリー(なお、個人戦の描写は全く登場しない)。テニスを知らない人でも理解していけるようにルールの説明や解説が入り、また連載当初は実際にテニスプレイヤーが使える技を描写していた。しかし、途中から奇抜な技を中心に試合が進む漫画に路線変更し、相手に打球を当てて試合続行不能にさせるなどの試合描写も目立つようになる
 メディアミックスが多数行われており、2001年から2005年にかけてのテレビアニメ化を皮切りに、CD化、TCG化、ゲーム化(2009年現在継続中)、2003年からはミュージカル化(2013年現在継続中)、2006年には実写映画化とテレビアニメの続編のOVA化、2008年には中国で実写ドラマ化がなされた。この展開に関連し多数のグッズがムービック・アニメイト・コナミより発売。女性をターゲットにした商品展開が功を成し、この結果キャラクターグッズ売り上げの年間トップを独走する人気ジャンルとなっている。
 テニスの王子様のモデル(参考)の一部となったのは東京都の立教中学校(現:立教池袋中学校)。1998年41号の読み切り連載時に、最終ページにある作者コメントにも取材協力に対しての感謝のメッセージが書かれている。立教中学校は1997年に全国中学生テニス選手権大会で団体優勝している。色々な説があるが、主人公の越前リョーマのモデルは早稲田大学出身の羽石祐。実写版の映画を撮っている際、作者の許斐本人が証言している。
男子プロテニス選手の錦織圭は小学生の頃から本作品を愛読していた。

wikiより

あらすじ

 アメリカ各州のテニスJr大会で4連続優勝の経歴を持つテニスの天才少年、越前リョーマ。
 アメリカから帰国したリョーマは、テニスの名門「青春学園中等部」に入学する。全国制覇を目指す青学テニス部に入部し、1年生にしてレギュラーとなったリョーマが、様々な対戦校やライバル、時に仲間との試合を経て成長していく物語。

登場人物

青春学園中等部 レギュラー

越前リョーマ

 本作の主人公。1年生の男子生徒。青学のルーキーとして、一躍注目される。
 口癖は「まだまだだね」。アメリカ出身の少年で、アメリカのジュニア大会4連続優勝を経て日本に帰国した。その実力から青学のルーキーとして一躍注目される。目つきが鋭く、物事をストレートに言うため、生意気に見られがちなタイプ。一見クールで冷たくも見えるが、内面には熱い部分を持っている。ずば抜けたテニスセンスは、「サムライ南次郎」と呼ばれた父親による毎日の英才教育の賜物。口癖、プレイスタイルは父親と似ており、手塚曰く「サムライ南次郎のコピー」。公式戦はシングルスでの出場が主。ダブルスは性格上不向きであり連携もルールも素人同然で、地区大会初戦で桃城と組んで以降、公式戦に出場していない。
 最初は父親を倒すためだけにテニスをしていたが、地区大会後にその事を見抜き「目標達成後に何が残るのか?」と心配した手塚に、高架下のコートで野試合を挑まれ惨敗。その際に「青学の柱になれ」と言われ、闘志を燃やす。公式戦において青学は地区大会から全国大会まで団体戦無敗で優勝を果たし、その優勝を全て自身のゲームで決めている。公式戦ではレギュラーメンバーの中で唯一、1度も負けていない

河村隆

 3年生。普段は温厚で優しく控えめだが、ラケットを持つと一変、攻撃的な「バーニング状態」になる。

不二周助

 3年生の男子生徒。部内No.2。青学の天才と呼ばれる。

桃城武

 2年生の男子生徒。抜群の身体能力を武器に豪快さかつ繊細さを持ち合わせたテニスを得意とする。海堂と同じく、良きライバルとなっている。

手塚国光

 3年生の男子生徒。部長。中学テニス界では有名な全国区の実力者。

大石秀一郎

 3年生の男子生徒。副部長。手塚不在時には部長代理を務めた。ダブルスを得意とする。

菊丸英二

 3年生の男子生徒。ダブルスプレイヤー。性格は気分屋で天真爛漫だが、試合では集中力と注意力を発揮して相方の足を引っ張らない技巧者。

乾貞治

 3年生の男子生徒。部内元No.3。青学のデータマン。

海堂薫

 2年生の男子生徒。通称「マムシ」。桃城とは良きライバルである。非常にストイックで粘り強い努力家である。

竜崎桜乃

 本作のヒロイン。電車内で佐々部兄に因縁をつけられたところを乗車していたリョーマに助けられ、彼のテニスを目の当たりにしたことから憧れを抱き、青学女子テニス部に入部する。

本作の主役校で、東京都内にある。通称「青学(せいがく)」。シングルスの強さは全国屈指である。男子テニス部は激戦の末、団体戦無敗で全国大会優勝を果たした。
『新テニスの王子様』(以降『新-』)で催されている高校日本代表候補(U-17選抜)の合宿にはレギュラー9名が参加している。

評価・感想

 人知を超えた技を発揮しまくる印象が強いテニスの王子様だが、昔はちゃんとテニスをしていた。巻数で言えば1巻〜20巻くらい。頑張れば現実でも成功するような技が多くありチャレンジした人も少なくないだろう。ここまでのテニスの王子様はテニス漫画と呼んでも問題ないし、テニス漫画を読みたい人はここまでをオススメする

 しかし、少年漫画の宿命であるインフレが良くも悪くも発揮されてしまう。元々主人公の入学した学校のテニス部が強豪校であり、その強豪校で上位クラスの力を主人公が見せていたことから初期の段階で高レベルな状態にあったためインフレは避けては通れなかったというのもある。
 インフレを抑えるために主人公以外のメンバーに注目させたり、部活以外の場面でテニスの能力を発揮させ改めて主人公のすごさを確認させたりしたがやはりインフレしてしまった。今思えば主人公を病気や怪我にして一旦底辺にはたきおとしたり、いっそのことをさっさと高校・大学にあげてプロのテニスプレーヤーにしてしまえばもっと面白かったんじゃないかなと個人的には思う。
 まあ、そんな話をしてもしょうがない。テニスの王子様はキャラの魅力ととんでも技を繰り広げる(その場所がたまたまテニスだった)漫画として今は楽しもう!

ちなみに、いつどんなふうにおかしくなっていったのか確認してみよう!

21巻
インフレはここから始まった? 菊丸二人

出典:http://chmastian.blogspot.jp/2013/10/blog-post_7.html

さらに同じ巻、海堂血だらけでブーメランスネイク

22巻
赤也vs越前 
目を充血させた赤也が越前膝を執拗に狙います。越前もピンチか? そう思われたとき、

出典:http://yasutohb.exblog.jp/5744481/

越前が覚醒。無我の境地入りし勝利。
なぜか英語で「まだまだだね」。これがテニヌの開会宣言。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237380542

その後、
24巻
 菊丸 
 脳震盪になるもすぐに意識を取り戻し運ばれる担架の上でなぜか逆立ち

25巻
 不二vs赤也 
 不二こめかみにボールを受けて視力を奪われる。センスとかなんかで見えないまま試合し、勝利する。

それ以降、インフレは止まらなくなっていく。どうなったかは新テニスの王子様で説明しよう。以上。

評価点:52点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  2. 火ノ丸相撲とは? [su_list] 『火ノ丸相撲』は、川田による日本の漫画作品。川田の初連…
  3. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  4. ばらかもんとは? ・ばらかもん』は、ヨシノサツキによる日本の漫画作品。『ガンガンパワード』(…
  5. たいようのいえとは? [su_list] 『たいようのいえ』は、タアモによる日本の少女漫画作…
  6. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  7. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  8. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  9. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  10. MAJOR-メジャー-とは? ・『MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本の漫画。主人公…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…
  2. 逃げるは恥だが役に立つとは? [su_list] 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみに…
  3. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  4. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  5. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  6. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  7. ぼくたちは勉強ができないとは? [su_list] 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志…
  8. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  9. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  10. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…

次に見るべき記事

  1. 2018-1-30

    『あそびあそばせ』の評価・感想 圧倒的画力で描かれる美少女とシュールギャグが満載!

    あそびあそばせとは? [su_list] 『ヤングアニマル』2016年23号より、連載開始。…
ページ上部へ戻る