四月は君の嘘とは?

 『四月は君の嘘』(しがつはきみのうそ)は、新川直司による日本の漫画。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年5月号から2015年3月号まで連載された。略称は君嘘(きみうそ)。単行本は全11巻。2012年度マンガ大賞ノミネート。2013年、講談社漫画賞少年部門受賞。アニメ化作品が2014年秋から2015年春にかけて放送され、2016年に実写映画化された。
 原作は2015年2月6日に発売された『月刊少年マガジン』2015年3月号にて完結した。単行本は2015年5月15日発売の11巻をもって完結した。原作終了に併せてアニメも2015年3月に完結まで描かれた。

表紙画像・出典:http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000005660

あらすじ

 かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。
 それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみである公生とも行動を共にするようになる。公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気をつかって想いを伝えられないでいた。椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。
 かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになった、小学生の時からのライバルである相座武士や井川絵見にも背中を押され、母親の親友で日本を代表するピアニストの瀬戸紘子に師事し、公生は再び音楽の道に戻っていく……。
 しかし実は、かをりには周囲に隠し続けていた秘密があった。次第に身体を蝕む病のため、物を持ったり歩くことが困難になり、学校を休んで入院生活が続くようになっていく。公生は東日本ピアノコンクールに出場して入賞することで、ピアニストとしての道を歩もうと努力する。そんな公生の影響を受けて、かをりもこれまで避けてきた手術をして、再び公生とコンサートをしようと決意する。

主な登場人物

有馬 公生

 本作の主人公。 市立墨谷中学校3年生(14歳)。幼い頃から厳しい指導の下で練習に励み、「正確かつ厳格」と評される演奏により、数々のコンクールで優勝を果たした。その一方で「母親の操り人形」「コンクールだけのピアニスト」などと揶揄されていた。11歳の時、母が亡くなり、そのことがもとで演奏中に自分が弾くピアノの音が聞こえなくなるという症状を発症、ピアノから遠ざかるようになる。
 幼なじみの椿を通じて、ヴァイオリニストの宮園かをりと知り合う。コンクールで彼女の独創的な演奏に心を奪われ以後、かをりのことを何かと気にかけている。後に、かをりへの恋心を自覚する。

宮園 かをり

 市立墨谷中学校3年生。ヴァイオリニスト。公生から「性格最悪」「喧嘩上等」と言われる程気が強く、「天真爛漫」「奇想天外」と言われるほど元気で明るい性格であり、奇抜な思考の持ち主。
 楽譜に忠実に弾くことが求められるコンクールにおいて個性的な演奏をしたため審査員から酷評されるが、聴衆から絶大な支持を受け、聴衆推薦で二次予選に進む。公生がピアノを弾かないのは逃げているだけだと指摘し、二次予選のピアノ伴奏を公生に頼む。病名は明かされていないが演奏中に倒れるほどの病気を持ち、再入院している。

澤部 椿

 市立墨谷中学校3年生。公生とは家が隣同士の幼なじみ。
 ソフトボール部に所属しており、度々校舎(特に音楽室)の窓ガラスを割る飛球を打っては、偶然その場に居合わせることの多い公生に謝らせている。
 いつも側にいるのが当たり前で、自分の弟のような存在だった公生に対し、次第に特別な感情を抱きはじめ、公生の側にいたいと思うようになる。

渡 亮太

 市立墨谷中学校3年生。公生・椿の幼なじみ。サッカー部部長。多数の女子から人気があり、渡自身も女子が大好きである。
公生のかをりへの恋心や、かをりの公生への想いに気付いている

評価・感想

 この漫画の良さは一言で言うと、一度全て読み終わった後にもう一度読み返したくなる部分だ。
 まず、公生や椿、ちょいサブキャラの渡の思いや考えは漫画内でしつこいほどに描写されるのに対して、かをりの心情は全く見えない。それどころか何がしたいのかわからないほどにがむしゃらで無茶苦茶。もともと渡が好きだから渡に接触したかをりなのに彼女は渡のついでで出会った公生から全く目を離さず、落ちぶれている公生を再び舞台に引き上げようとする。読んでいる側の自分たちはもちろん公生にも彼女の考えはいまいちよめない。
 しかもかをりは作中心情を読ませる隙を与えず突っ走るので気づくと一緒に次から次へと話が進んでいってしまう。気づいた時には彼女は入院・・・

 そして最後の最後まで思いを一度も口にしなかったかをりは最後公正に手紙で思いを打ち明ける。今まで意味不明だった彼女の行動や思いが明らかになった瞬間、この漫画を読み進んでいった読者は手紙の内容と場面を重ねたい欲で一巻に手を伸ばしてしまうというわけだ。

 中盤少しダレるがぜひ完結まで読んで、2周目にいく感覚を味わってほしい。

評価点:93点

 
 

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ちはやふるとは?  『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画、およびそれを原作としたテレ…
  2. 神のみぞ知るセカイとは? [su_list] 『神のみぞ知るセカイ』(かみのみぞしるセカイ、…
  3. MAJOR-メジャー-とは? ・『MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本の漫画。主人公…
  4. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  5. 俺物語!!とは? 『俺物語!!』(おれものがたり)は、原作・河原和音、作画・アルコによる日本…
  6. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  7. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  8. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  9. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…
  10. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  2. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…
  3. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  4. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  5. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…
  6. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  7. NARUTO-ナルト-とは?  『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の…
  8. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  9. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  10. あさひなぐとは? [su_list] 『あさひなぐ』は、こざき亜衣による日本の漫画。『ビッグ…

次に見るべき記事

  1. 2018-4-7

    『CITY』の評価・感想 あらゐけいいちワールド再び!一つの街に住む人々の日常

    CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
ページ上部へ戻る