悪の教典とは?

 『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of the Evil)は、貴志祐介による日本の小説作品。サイコキラーという裏の顔を持つ教師が引き起こす事件を描いたサイコ・ホラーである。第1回山田風太郎賞受賞作、第144回直木三十五賞候補作、第32回吉川英治文学新人賞候補作、2011年本屋大賞ノミネート作。
 『別册文藝春秋』にて2008年7月号〈276号〉から2010年7月号〈288号〉にかけて連載され、2010年7月30日に文藝春秋よりが刊行された。その後、2011年11月5日に文藝春秋ノベルスよりノベルス版が、2012年8月10日に文春文庫より文庫本が出版され、単行本未収録で書下ろしの掌編『秘密』・『アクノキョウテン』を追加収録された。また、2012年には漫画化と映画化された。

wikiより

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/悪の教典-1-アフタヌーンコミックス-貴志祐介-ebook/dp/B00AIKXQLM/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1504275782&sr=1-3&keywords=悪の教典%E3%80%80漫画

あらすじ

 不良生徒、モンスターペアレント、学校裏サイト、集団カンニング、淫行教師など、数々の問題を抱える東京都町田市の私立晨光学院町田高校(実写版では晨光学院高校)に勤める英語教師 蓮実聖司は、有能で人気者だが、裏では自分に都合の悪い人間を次々と殺害していく生粋のサイコキラーであり、一部の生徒や教師から疑われ始めていた。

 蓮実は、自分を疑った者や邪魔に思った者を秘密裏に抹殺していく……。学校一の不良である蓼沼将大をネット炎上させて暴力事件を起こさせて退学させ、同僚教師の真田俊平を飲酒運転に見せかけて社会的に抹殺。娘が苛められていると訴えるモンスターペアレントの清田勝史を放火犯の仕業にして殺害し、蓮実に激しい疑惑を向ける数学教師の釣井正信を電車内で絞殺。さらには、ゲーム感覚で蓮実の正体を探ろうとする早水圭介を殺害。

 修学旅行が終わり、それぞれの生徒が文化祭の準備のために学校に泊り込んでいた夜。蓮実はペット扱いしていた女子生徒安原美彌が邪魔になった事から、自殺にみせかけて始末しようとするが、殺害現場の屋上へ出入りするのを生徒に見られてしまい、手順が狂い殺人の嫌疑が掛かりそうになる。蓮実はそれを隠蔽するため、出し物の準備のため校舎に泊り込んでいた担任クラスの生徒全員を、蓮実は猟銃を手にして、次々と生徒たちを射殺していく・・・。

登場人物

 主人公。32歳。愛称は「ハスミン」。私立晨光学院町田高校で英語科兼二年四組の学級担任と、ESS(英会話部)の顧問も務める。
 女子生徒による親衛隊が出来るほどの絶大な人気を誇り、他の職員やPTAの間でも信頼が厚い、しかしその正体は決定的に他者への共感能力に欠けたサイコパス(反社会性人格障害)。自分にとっての邪魔者(自分に不快感を与える者、自分の過去の悪事及び「裏の顔」を追及・暴露しようとする者)は人間、動物問わず躊躇せず簡単に殺害するサイコキラー。
 教師となったのは自分にとって都合のいい「理想の王国」を創る為であり、容姿の優れた女子生徒欲しさに問題児を代償として引き取った結果、二年四組は歪なクラスとなった。片桐怜花からは「自分とは決して相容れる事のない存在」と直感的に見抜かれ、他の教職員の誰よりも恐れられている。

画像・出典:https://ameblo.jp/gromax/entry-11868039936.html

評価・感想

 しっかりと筋が通った内容で結末も納得のいく形ではあったが、内容が内容なのでモラルの面から面白いと声を大にして言い辛くなんとも感想に困る漫画(作品)。もちろん作品としては面白かった
 構成や結末に至るまでの背景や伏線がしっかり描写されているので突然起こるデスゲーム漫画とはまた違った恐怖がある。殺される生徒側か殺す主人公側かどちらの立場で作品を見るかでこの作品の感想や評価が変わってくるだろう。

悪の教典のここに引き込まれる!

 デスゲーム系ジャンルの漫画では一人の参加者(主人公)に感情移入し謎の主催者の出すゲームに対抗する話が多いが、悪の教典は原作が小説のためか登場人物に一切感情移入させてくれない。そのため、主に第三者の他人という視点で読み進めていくことになり、かつ何かの能力だとかアイテムというファンタジックな要素がなく、一人の人でできる限界も考えられているため、最後の逮捕される瞬間がテレビで放映される描写ではあたかも現実に起こった事件のようなリアルさを感じる。さらに漫画に起こるような事件が絶対起こらないと言い切れない部分がさらにその感覚を強めている。
 悪の教典の題そのまま、悪とはなんなのかを教えてくれる作品だろう。

評価点:88点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…
  2. たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
  3. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  4. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  5. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  6. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  7. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  8. ヲタクに恋は難しいとは? [su_list] 『ヲタクに恋は難しい』は、ふじたによる日本の漫…
  9. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…
  10. 中卒労働者から始める高校生活とは? [su_list] 『中卒労働者から始める高校生活』は佐…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  2. オオカミ少女と黒王子とは? [su_list] 『オオカミ少女と黒王子』(オオカミしょうじょ…
  3. NARUTO-ナルト-とは?  『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の…
  4. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  5. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  6. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  7. 監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
  8. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  9. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  10. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…

次に見るべき記事

  1. 2018-1-21

    『ナギと嵐』の評価・感想 悪霊を追い払うためには愛が必要!?

    ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
ページ上部へ戻る