5分でわかる『DEATHNOTE~デスノート~』

DEATHNOTE~デスノート~とは?

 『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。
 12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。

wikiより

表紙画像・出典:http://desuno-to.seesaa.net/article/29017138.html

あらすじ

 警察庁刑事局長夜神総一郎の一人息子で現役で東応大学への進学間違いなしとされる秀才高校生の夜神月(やがみ ライト)はある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが人間に拾わせ、どうなるかを見物するためにわざと落としたデスノートだった。ノートの所有権を得た月はリュークの姿が見えるようになり、ノートに課せられたルールを理解し様々な検証の上でその能力を確かめる。そして、自らの信じる『正義』を執行し、犯罪者の居ない新世界を実現するため世界中の犯罪者たちの名をノートに書き記して殺害していく。
 やがて月の行為はインターネットを中心に世界中に拡散されていく。法と秩序だけでは裁ききれない犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は殺し屋(=Killer)の意味から謎の執行者を「キラ (KIRA)」と呼び始め、中にはキラを神とあがめる者まで現れた。
 キラの存在と謎に満ちた能力を認知したICPO(インターポール)は、手がけた事件を必ず解決に導き、全世界の警察を動かせる唯一の存在である謎の名探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼する。Lはプロファイリングを駆使してキラの人物像を明らかにし、さらには罠を仕掛け、キラの活動拠点が日本の関東地区にあると証明した。
 Lは自ら現場に乗り出す覚悟を決め、警視庁の捜査員でも特に信頼の置ける総一郎らと共に少数精鋭のチームを結成し、竜崎という偽名で自らの姿を明かした上でキラの洗い出しを進めていく・・・。

 それぞれの正義を掲げて対峙する月とLは様々な駆け引きと頭脳戦、心理戦を繰り広げる

登場人物

夜神月

 本作の主人公。官僚を目指す優秀で人柄も良い学生だったが、デスノートを拾ったのを機に犯罪者や自身を追う者達を粛清し、彼が認めた真面目で心優しい人間だけの世界を造り上げ自らはその「新世界の神」として君臨する事を目論む。

L(エル)

 第一部の月の宿敵で本作のもう一人の主人公。
 数々の世界中の迷宮入りを解決し、「影のトップ」「最後の切り札」「世界一の探偵」といわれている。

リューク

 夜神月が拾ったデスノートの持ち主の死神で本作における傍観者。

感想・評価

 連載終了から10年以上経っているのにもかかわらず人々の記憶から消えず、映画やドラマ、ネットムービー等で姿形を変えて何度も表舞台に上がってくるデスノート。それくらい愛され、金を生み出すコンテンツだが、漫画から派生した続編もリメイクのドラマも海外のネットムービーもそれほど傷跡をつけられずに消えていってしまった
 その原因は原作デスノートの肝であるライトとLの頭脳戦を超えるコンテンツを生み出すことができなかった、もしくはできないからだろう。デスノートという最強の殺人手段設定だけを引っ張り出し別コンテンツとして使用してもそれは誰も受け入れない。デスノートとはノートの設定と頭脳戦があってこそで、その片方がかけたとしたらそれはもうデスノートではないと原作デスノートを知るものは無意識にそう思ってしまっているのだ。

 それほどまでに原作デスノートの影響力と面白さが常軌を逸している。内容については世間の取り上げ方を見れば今更いう必要はないが、読んでいない人やドラマや映画等で終わらせてしまっている人は絶対に見るべきだと声を大にして言っておく。

評価点:100点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Nice article, i like it!

ピックアップ記事

  1. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  2. 神のみぞ知るセカイとは? [su_list] 『神のみぞ知るセカイ』(かみのみぞしるセカイ、…
  3. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  4. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  5. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  6. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  7. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  8. 自殺島とは? [su_list] 『自殺島』は、森恒二による日本の漫画作品。『ヤングアニマル…
  9. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  10. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  2. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  3. 鋼の錬金術師~FULLMETAL ALCHEMIST~とは?  『鋼の錬金術師』(はがねのれん…
  4. 氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
  5. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  6. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  7. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  8. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  9. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…
  10. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…

次に見るべき記事

  1. 2017-12-27

    『死役所』の評価・感想 死んだらどうなるの?死者を導く役所で展開される様々な死の形

    死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
ページ上部へ戻る