5分でわかる『鋼の錬金術師~FULLMETAL ALCHEMIST~』

鋼の錬金術師~FULLMETAL ALCHEMIST~とは?

 『鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘による日本の漫画作品。また、それを原作とした派生作品。『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』等。
 単行本は全27巻が発売されており、累計発行部数は6,100万部を記録し、スクウェア・エニックス発行のコミックスの最高記録となる。
 連載終了から7年後にあたる2017年6月12日更新分からガンガンONLINEにてリバイバル連載がスタートした。

 錬金術が存在する架空の世界を舞台としたファンタジー漫画(作品の帯などでは「ダーク・ファンタジー」であるとされる)。物語の世界は、19世紀の産業革命期のヨーロッパを題材にしている。ダーク・ファンタジーがテーマとなる漫画作品であるにも関わらず、世界観などの雰囲気が暗くなりすぎないイベントシーンなどに評価が高く、コミックスは6000万部以上を売り上げるなど、エニックスお家騒動により主要作品を次々と失って低迷していた月刊少年ガンガンの売上・発行部数にも貢献し、連載終了後は月刊少年ガンガンの発行部数が大幅に急落するなど、反響が大きかった作品ともいえる。また、連載終了時点で『月刊少年ガンガン』の連載中作品の中では最長連載された作品である。
 最終回が掲載された2010年7月号は、通常の2割増しの発行部数であったにもかかわらず完売(スクウェア・エニックス発表)したため、最終回が同年9月号にも再び掲載されるという異例の事態となった。

wikiより

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/鋼の錬金術師-1-ガンガンコミックス-荒川-弘/dp/4757506201

あらすじ

 兄のエドワード(エド)と弟のアルフォンス(アル)のエルリック兄弟は錬金術師としての才能を開花させていく日々を送っていたが、ある日女手一つで兄弟を育ててきた最愛の母親が病に倒れて帰らぬ人となった。母親の死を受け入れられない兄弟は、錬金術における最大の禁忌人体錬成でトリシャを蘇らせようとしたが、錬成は失敗エドは左脚を、アルは自らの身体全てを失ってしまうエドはアルまでも失うことを恐れ、自身の右腕を代価として父のコレクションの甲冑にアルの魂を定着させることに成功する。だが、生きる目的を失ったエドは廃人同然となり、アルは何も感じず、眠れぬ体に苦悩する。
 そんなとき、国家錬金術師のロイ・マスタング中佐が副官のリザ・ホークアイ少尉を伴って兄弟を訪ねて来る。天才錬金術師として噂のエルリック兄弟をスカウトしに来たのだった。だが、聡明なマスタングは死んだ目をしたエド、鎧姿のアル、そして彼らの自宅の惨状を目の当たりにしてなにがあったかを理解。エドの愚行を責めつつ、自身とアルの体を取り戻す気があるなら自分を訪ねてこいと言い残して去って行く。「元の体を取り戻すため軍の狗として生きる」覚悟を決めたエドは過酷な手術の末、失った右腕と左脚に機械鎧を装着。12歳になったエドはリハビリの後、国家錬金術師の資格取得に赴く。
 エドは合格し、二つ名「鋼」を授かる。国家錬金術師の証である銀時計を手に帰省したエドはアルと共に自宅を焼き払い、絶大な力を持つという賢者の石に肉体を取り戻す可能性を求め、鋼の錬金術師となったエドとアルの旅が始まるのだった。

主な登場人物

画像・出典:http://gangan.square-enix.co.jp/hagaren/

アルフォンス・エルリック

 本作の主人公の一人。通称「アル」。エドワード・エルリックの弟。兄と共に人体錬成を行うが失敗。術のリバウンドにより肉体の全てを「真理の扉」に「持って行かれ」失ったが、兄が自身の右腕を対価に魂だけを真理から取り戻し、鎧に定着させたことで一命を取り留める。

エドワード・エルリック

 本作の主人公の一人。通称「エド」。アルフォンス・エルリックの兄。史上最年少で国家錬金術師の資格を得た錬金術師で、「鋼」の二つ名を持つ。なお、本作の題名にもなっているこの二つ名「鋼の錬金術師」は、エドの右手と左足が機械鎧であることに由来する。

評価・感想

 正統派SFファンタジー漫画。主人公達&錬金術師達のキャラに魅力があるのはもちろん、それと同じくらい敵キャラも魅力的でどちらの立場のキャラの退場や活躍に目が離せない。さらに特筆すべき点はストーリーで、錬金術の設定をフルに活かし「人体錬成」や「国土錬成陣」など錬金術の凄さと恐ろしさを描写した内容に誰もが圧巻するだろう。この漫画によりふわふわとした錬金術のイメージが(正しくなくとも)確固たるものになったため今後錬金術を題材とした漫画が表に出て来ることはないだろう。もしそういった漫画が存在するとしてもこの漫画以上のものを作ることはできないし、できたとしても認められることはないと断言できるある意味恐ろしい漫画だ。

鋼の錬金術師のここが面白い

 物語の要所要所に無駄が一切なく、一つの話は必ずどこかで伏線となり全ての伏線を最後までつなげていくと最後のシーンに繋がっている。巻数は27と少なくはないが設定を見る限りおそらく作者は初期連載の時点で最後のシーンまでをすでに想定して漫画を描いているからこそ話にブレがなく面白さがずっと右肩上がりに上昇していくのだろう。

評価点:96点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. good article very hopeful

ピックアップ記事

  1. たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
  2. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  3. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  4. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…
  5. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  6. 寄宿学校のジュリエットとは? [su_list] 『寄宿学校のジュリエット』は、金田陽介によ…
  7. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  8. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  9. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  10. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  2. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  3. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  4. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  5. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…
  6. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  7. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  8. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  9. オオカミ少女と黒王子とは? [su_list] 『オオカミ少女と黒王子』(オオカミしょうじょ…
  10. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…

次に見るべき記事

  1. 2017-9-1

    5分でわかる『悪の教典』

    悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
ページ上部へ戻る