『君のいる町』とは?

・『君のいる町』は、瀬尾公治による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2008年26号から2014年11号まで連載された。略称は『君町』。
・2014年1月時点で単行本累計発行部数460万部を記録した。
・2012年と2014年にOADが制作された。また2013年3月にテレビアニメ化が発表され、同年7月から9月にかけて放送された。
・連載が終了した2014年11号にて瀬尾の次回作となる『風夏』の連載を開始し、最終回と次回作の第1話を同じ号に同時掲載するという極めて異例の措置を取っている。

・『CROSS OVER』『涼風』に続く、『週刊少年マガジン』連載作品第3作。瀬尾の故郷でもある広島県の庄原市が物語の舞台となっているため、登場人物の多くは地元の方言で会話している。前作が「主人公の少年が東京の高校へ進学するために広島から上京する」設定であったのに対し、本作は「ヒロインの少女が広島の高校へ入学するために東京からやってくる」という逆の設定になっている。また、各所に前作の登場人物が登場している。

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/君のいる町-1-講談社コミックス-瀬尾-公治/dp/4063840298

あらすじ

 広島県の田舎町で春から高校へ進学する主人公・桐島青大の家に突然、父親の知り合いの娘という少女・枝葉柚希が居候として東京からやってきた。青大はクラスメイト・神咲七海に中学時代から好意を寄せていく一方、同じ屋根の下で都会的で奔放な柚希と接していく中、徐々に彼女が気にかかる存在となっていく。そして時は流れ、青大は神咲に告白、しかし、夏祭りの日にやっぱり付き合えないと断られてしまう。
 神咲が告白を断った理由は青大が明らかに柚木のことが好きで自分を選んでくれないからということだったことを知った青大は神咲とこれほどまでに近くなれたのは柚木のおかげだと彼女のことを責めることはせず、そのまま神咲を諦める。同時に柚木への気持ちを自覚する

 柚木が来年東京に帰るという話を聞き、焦りからより柚木に積極的になっていく青大だったが、反対に柚木は青大を避けるようになっていく。それでも諦めず柚木に近く青大は「後夜祭に連れ出して」という柚木の冗談を受け、当日後夜祭から柚木を連れ出し、はぐらかし半分で告白。しかし、柚木はその告白に答えを出さず、それから半年柚木が東京に帰るまでは家族のままでいることとなった。
 東京に帰るその日青大は再び柚木に告白。最後の最後で柚木は「遠距離でも頑張ってみる」と返事。二人は晴れて恋人になった。

 ところが、高校二年の東京への修学旅行で柚木からもらった手紙で別れを告げられてしまう。柚木に何かあったに違いない。そう思った青大は広島を出て東京にいる君(柚木)のいる町へ向かう

主な登場人物

桐島 青大(きりしま はると)

 本作の主人公。広島県の田舎町に住む男子高校生。広島弁が特徴。
 人見知りのする性格だが、真面目で責任感が強い。世話好きな面もある。毎日の弁当作りや姉の歓迎会など、周りの期待に応える料理技術はあり、風間の死や大学卒業から料理人になる夢を膨らませていく。

枝葉 柚希(えば ゆずき)

 本作のメインヒロイン。東京から転校してきたロングヘアの美少女。父親同士が友人関係にあったため、桐島家に居候することになる。
天真爛漫で親しみやすい性格。社交的で友人も多いが、恋愛事に関しては狡猾な面が目立つ。青大が七海に思いを寄せていることを知り、当初は協力的だった。

由良 尊(ゆら たかし)

 青大の幼馴染。野球部に所属している。眼鏡がトレードマークであるが知性的ではなく、三枚目キャラで体育以外の教科は苦手。柚希に初めて会って一目惚れするも、大した行動することもなく恋は終わった。

加賀 月(かが あかり)

 青大の小学生2年生からの幼馴染。前髪を常に2本髪留めしている。父親がロシア人のハーフであるため、金髪碧眼。しかもスタイル抜群。

神咲 七海(かんざき ななみ)

 本作のサブヒロイン。青大が中学から思いを寄せるクラスメイト。料理好きで特にお菓子作りが得意。

評価・感想

 恋愛系漫画で全27巻はかなりのボリューム。しかも他の恋愛漫画にあるようにサブキャラの恋愛事情を描いて巻数を稼いでいるのでなく終始主人公視点で進み、付き合うまでにハプニングが多く簡単に主人公とヒロインはくっつかないので普通の恋愛漫画にあるような付き合った後のイチャイチャみたいなダレがないのが特徴。
 主人公には料理ができる以外の特徴は特になく簡単に感情移入できる、さらに東京に帰らなくてはならないのに新幹線を目の前にうじうじするヒロインの背中を押し、一緒に自分も東京へ向かってしまう主人公の行動力にはかっこよさを感じた。巻数が多くとっつきにくく感じるかもしれないが、読んでみるとスラスラ読めてしまうので時間があるならば是非とも読んでほしい。

君のいる町のここが面白い!

 主人公はある出来事まではずっと柚木を思い続けるがそれ以降は柚木と会うことはできず、ずっと疎遠になってしまっていた。それから時は流れ、青大は大学生になり柚木以外の恋人ができるのだが、そんな矢先に柚木が青大の前に現れ、心を揺さぶり、そして揺れる青大が少しずつ柚木へとブレていく姿が面白い

出典:http://yamakamu.com/archives/2835122.html
出典:http://yamakamu.com/archives/2835122.html

 結果、ブレて柚木に行くのだがまあ柚木を追って東京まで来たほどなのだからしゃあないかという感想。普通の漫画にはない浮気?の描写がかなり印象に残る。

評価点:82点

画像出典:https://www.amazon.co.jp/君のいる町-1-講談社コミックス-瀬尾-公治/dp/4063840298/
    :https://www.amazon.co.jp/君のいる町-2-講談社コミックス-瀬尾-公治/dp/4063840557/
    :https://www.amazon.co.jp/君のいる町-26-講談社コミックス-瀬尾-公治/dp/4063949958/

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…
  2. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  3. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  4. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  5. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  6. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…
  7. 『君のいる町』とは? ・『君のいる町』は、瀬尾公治による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(…
  8. MAJOR-メジャー-とは? ・『MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本の漫画。主人公…
  9. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  10. ヲタクに恋は難しいとは? [su_list] 『ヲタクに恋は難しい』は、ふじたによる日本の漫…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  2. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  3. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  4. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  5. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  6. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  7. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
  8. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  9. アイシールド21とは? ・『アイシールド21』(EYESHIELD 21, アイシールドにじゅ…
  10. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…

次に見るべき記事

  1. 2018-3-4

    『たくのみ。』の評価・感想 お酒の勉強はこの漫画でバッチリ!シェアハウス女子達の日常!

    たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
ページ上部へ戻る