僕らはみんな河合荘とは?

・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによる日本の漫画。『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)2010年6月号より連載されている。

・これまで主に4コマ漫画を描いてきた宮原にとっては初の「ストーリー形式」の連載漫画作品となる。なお担当編集者は当初「4コマ漫画を始める」と『アワーズ』編集長の筆谷芳行に伝えていたため、ストーリー漫画のネームを筆谷に見せたところ相当驚かれたという。第1回がわずか11ページなのもその名残である。

・舞台はほかの宮原作品同様に岐阜市をモデルとした地域だが、人物の関連性などハイパーリンクの手法は当初は使われていなかった。宮原の別作品『恋愛ラボ』(芳文社『まんがタイムスペシャル』連載)のキャラとのコラボ作『かわいそうなラボ』が、『アワーズ』2013年10月号および『まんがタイムスペシャル』2014年6月号にそれぞれ掲載され、さらに本作の一部登場人物が『恋愛ラボ』内に出演もしている。
少年画報社本社前にある自動販売機は本作のラッピングが施されている。

・2013年11月30日発売の『ヤングキングアワーズ』2014年1月号でテレビアニメ化が発表され、2014年4月より6月まで放送された。
・2012年度「コミックナタリー大賞」において第34位にランクインする。
・累計出版数は第8巻の時点で160万部。

wikiより

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/僕らはみんな河合荘-1-ヤングキングコミックス-宮原-るり/dp/4785936312

あらすじ

 男子高校生・宇佐和成は親の転勤により、食事付きの下宿「河合荘」で一人暮らしをすることとなった。そこには宇佐にとって憧れの先輩である女子高生・河合律も住んでおり、宇佐は「彼女と共に、穏やかで充実した高校生活を送りたい」と願う。だが彼女は無愛想で、いつも本に夢中で心を開こうとしない。なんとか彼女に近づきたい宇佐であったが、河合荘の住人は律以外も強烈な人ばかり。宇佐はルームメイトで人畜無害なマゾヒスト・城崎、美人だが男運のない面倒くさいOL・錦野麻弓、一見華やかだが実は腹黒という女子大生・渡辺彩花といった住人に振り回される。その後も日常的に起こるハプニングや、事件も宇佐和成自身の「人との距離をつかむのがうまい」性格(あだ名が変ショリ君(変人処理)のおかげで、周辺の人々同士のコミュニケーションが広がっていき、その中心的な役割を果たすようになっていく。それに伴い徐々に律と心の距離を詰めるようになり、これに応えるように彼女の中でも宇佐の存在がどんどん大きくなっていく

気になったら試し読み!

 
僕らはみんな河合荘 (1)
宮原るり 少年画報社
▶最新巻へ
500円 (税別)
獲得ポイント 5pt (1%還元)
親の転勤により、念願の一人暮らしをする事になった高校生・宇佐。しかも下宿先の「河合荘」には、憧れの先輩も住んでいて!?…なんて展開なのにどこかしら“残念”な住人たちに邪魔されてちっともトキメけない一つ屋根の下ラブ!
購入する

主な登場人物

河合荘の住人

河合 律(かわい りつ)

 本作のヒロイン。北高に通う女子高校生で初登場時2年生。宇佐からは「律先輩」、他の住人たちと住子からは「りっちゃん」と呼ばれている。高校入学と同時に河合荘に住み始める。
 常に本を手にしており、ヒマさえあれば図書館に足を運ぶ「読書少女」。図書委員だった宇佐には以前から「憧れの知的美少女」として顔を知られるが常に無愛想・無表情・口数少なめ、さらにいつもイライラしているような素振りを取っていたため、宇佐に(河合荘の変わった住人と同じく)変人認定されてしまった経緯があり、気にしている。
 また、怖がりであり、時折負けず嫌い
 ぼっち状態については、楽だと感じているがずっと独りでいたわけではない。「他人の心情を勝手にあれこれ深読みした挙げ句、最後には勝手に面倒になって離れる」結果が現在のぼっち状態であるらしい。

 読書については濫読派だが好き嫌いはそれなりにあり、ハマった時は周囲の言葉や出来事も完全にシャットアウトしてしまう。また読んでいる小説作品に感情移入しすぎて、まるで自身がその作品の世界にいるような振る舞いをすることがある。ただし本の扱いは雑そのもので、乱雑に置く、飛び道具や鈍器といった凶器として利用するのが日常茶飯事、ムカデ騒動では後先考えずに本で挟んだことすらある。

出典:https://www.amazon.co.jp/僕らはみんな河合荘-3-ヤングキングコミックス-宮原-るり/dp/4785939095/
  :https://www.amazon.co.jp/僕らはみんな河合荘-6巻-ヤングキング・コミックス-宮原-るり/dp/4785954353/
  :https://www.pinterest.jp/renkeigo0827/僕らはみんな河合荘/

宇佐 和成(うさ かずなり)

 本作の主人公。北高に通う男子高校生で初登場時1年生。図書委員であり、名は長らく不明であったが、5巻でようやく明らかにされた。
 親が転勤するにあたって拝み倒して念願の「一人暮らし」をすることとなったが、「家賃が安い」「賄い付」という理由で本人の承諾もなく親の決めた「河合荘」に入居することとなった。四畳半一間という触れ込みだったが、ルームカーテンで仕切っただけの事実上同部屋である城崎の変人さに一度は入居を拒否しかけるが、一目惚れした北高の先輩・河合律が住んでいることを知りあっさりこれを翻意した。これからの生活に対して明るい夢を持っていたのだが、その夢は残念な住人たちのおかげで脆くも崩れ去っていく。

城崎 志弦(しろさき しづる)

 宇佐の事実上のルームメイト。ニックネームは「シロ」で、しかも「犬っぽく呼んで欲しい」とのこと。普段は作務衣(もしくは奇妙な日本語ロゴ入りのTシャツの上に袢纏をはおる)を着ており、ボサボサ頭で、前髪で目が隠れているために顔の造作はよくわからない。
河合荘に住んで4年目。かつては小説を書いていたこともあったようだが現在は「充電中」と称しており基本は無職。だが何かしら一定の収入はあるようで家賃の滞納はゼロ。
性的嗜好は真性のマゾヒストで、言葉で罵られたり殴られたりすると体が震えるほどの喜びを表す。

錦野 麻弓(にしきの まゆみ)

 30歳手前のOL。河合荘に住んで3年。巨乳の眼鏡美人だが男運には恵まれず、「ダメ男に捕まっては手のひらで転がされるように振り回され、最後は二股・三股(あるいはそれ以上)をかけられ捨てられる」という哀しい恋を繰り返している。
 酒好きだが酒癖が悪く、飲むと大抵やさぐれてしまい、周囲に当たったり毒づいたりするなどタチが悪い。
 宇佐と律の初々しいやり取りも苦々しく思っており、二人がいい雰囲気になるとシモ方向に話を誘導しようとしたりするなど、場の雰囲気を強制的に破壊したがる。

渡辺 彩花(わたなべ さやか)

 20歳(初登場時)の女子大生。河合荘に住んで2年。性格は腹黒で、好きでもない男の気を引くようにして甘えたり、男女関係のもつれを煽って修羅場を演出したりするのが趣味の小悪魔系。自他ともに認める「サークルクラッシャー」で、彼女がつぶした大学のサークルは数知れない。
 元ヤンキーかつ腐女子で、さらにバイセクシャルの気があることが友人の美晴の話により暴露されている。メイクに関しては常に手を抜かない。麻弓からはたびたび「割ってやろうか」と脅されている。だが、それを落とした素顔は宇佐にとってトラウマ化するほど強烈なものらしく、美晴に中学時代の顔写真をバラされた際には林から「弟子にしてください」と言われている。

出典:http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/chara/#

評価・感想

 僕らはみんな河合荘では単行本の表紙、作中の一枚絵、大コマなど絵になる部分では必ずと言っていいほどヒロインの姿が大きく描写される。しかもかなりの力の入れよう。理由は、明示的に言われているわけではないがこの漫画ではヒロインの可愛いさを主人公目線で味わうラブコメだからだ。
 ここで言う可愛さというのは作中で美女として描かれているとか、絵が可愛いということではなく(絵も可愛いが)、荘でのイベントやトラブルを経て出るヤキモチや行動と言ったヒロインの仕草様子が可愛いということなのだが、これが作者の画力も相まって常軌を逸している!
 初見さんは多くの場合、ヒロインの仕草に身悶えすることだろう。(自分の場合は今でも時間を置くと身悶えします)

身悶えポイント① 笑顔で「あたり」

出典:http://nficbrend.blog.fc2.com/blog-entry-4.html?sp

河合荘でのボードゲーム大会でチェスにハマった律。宇佐がチェスの話題を出すと・・・

 
身悶えポイント② ・・・する?

出典:https://matome.naver.jp/odai/2144577363643918301

僕らはみんな河合荘のここが面白い!

 ヒロインは可愛い。これは読者だけでなく主人公も感じていることで、少しでも隙を与えてしまうと主人公がヒロインに告白しかねない。実際にそんな状況が多く描写されている。しかし、展開を進めないように、また遅らせるための抑止材として荘の住人達から主人公への嫌がらせがあり、その嫌がらせの内容や発言、そこから展開される日常コメディーが面白い!


いい雰囲気だったのに・・・

荘の住人たちに下ネタをぶち込まれて雰囲気台無し

出典:僕らはみんな河合荘 3巻より

評価点:87点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  2. たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
  3. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  4. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  5. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  6. 君に届けとは? [su_list] 『君に届け』(きみにとどけ)は、椎名軽穂による日本の漫画…
  7. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  8. 天空侵犯とは? [su_list] 『天空侵犯』(てんくうしんぱん)は、 三浦追儺(原作)、…
  9. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  10. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  2. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  3. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  4. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  5. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…
  6. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  7. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…
  8. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  9. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  10. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…

次に見るべき記事

  1. 2018-1-31

    『僕のヒーローアカデミア』の評価・感想 王道ジャンプ作品の血を受け継ぐ友情・努力・勝利三拍子揃った王道漫画!

    僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
ページ上部へ戻る