黒子のバスケとは?

・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある。読切版が第44回(2006年11月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞を受賞し、『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SPRINGに掲載された。その後、本編が『週刊少年ジャンプ』2009年2号から2014年40号まで連載。本編の後日談として『少年ジャンプ+』2014年9月22日から12月15日まで隔週更新で「黒子のバスケ番外編」が連載された。また、『少年ジャンプNEXT!!』(集英社)2014 vol.6から2016 vol.1まで「黒子のバスケ EXTRA GAME」を連載。

・単行本の累計発行部数は3000万部を突破している。

・2010年以降、VOMIC化・小説化などのメディアミックスが行われている。2012年4月から2015年6月まで、3期に渡ってテレビアニメ化された。テレビアニメからはスーパーアニメツアー・ゲーム・音楽CDなどが派生した。

・2012年10月頃より、作者や作品の関係先各所が脅迫される事件が起こり、イベントの中止・商品の撤去などが行われる被害に遭ったが、2013年12月に容疑者が逮捕された。

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/黒子のバスケ-1-ジャンプコミックス-藤巻-忠俊/dp/4088746945

あらすじ

 帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、もう一人、天才5人が一目置いていた選手、「幻の6人目」がいたと。
 
 創設2年目の誠凛高校バスケットボール部は全国制覇を目標に掲げていた。そこに「キセキの世代」の「幻の6人目(シックスマン)」黒子テツヤアメリカ帰りの大型新人火神大我が入部する。実力が一目瞭然の火神とは対照的に、身体能力で劣る黒子は普段から存在に気付かないほど影の薄い選手だった。しかし、黒子は練習試合を通じて視線誘導の能力を存分に発揮し、存在感のなさを逆手に取った見えないパス回しでチームメイトを圧倒する。やがて2人は火神を光、黒子を影とするプレイスタイルを確立していく。そして共にキセキの世代を倒し、日本一になることを約束する。
 

気になったら試し読み!

黒子のバスケ モノクロ版 (1)
藤巻忠俊 集英社
▶最終巻へ
370円 (税別)
獲得ポイント 4pt (1%還元)
火神大我が入学先の誠凛高校バスケ部で出会ったのは、黒子テツヤという超地味な少年。存在感も無さ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、実は彼は「キセキの世代」と言われた伝説の最強チームのメンバーで…!?
購入する

主な登場人物

黒子 テツヤ(くろこ テツヤ)

 本作の主人公。帝光中学バスケ部出身で、同じキセキの世代のメンバーからも一目置かれた「幻の6人目」。
 普段から、眼前の相手にも気付かれないほど極端に影が薄く、無表情で自己主張も控えめ。冗談や声を張ることも苦手。誰に対しても丁寧語で話すなど基本的に礼儀正しく、冷静沈着で言いたいことは率直に言う性格。
 身体能力は低く、フリーでのレイアップシュートも決められないほど技術も未熟。しかし並外れた観察眼と存在感の薄さを活かし、「視線誘導」によって相手のマークを外し、華麗なスティールとパスワークでチームを得点に導く。

画像出典:https://www.amazon.co.jp/黒子のバスケ-26-ジャンプコミックス-藤巻-忠俊/dp/4088800257/

 

火神 大我(かがみ たいが)

 黒子の相棒にしてクラスメイト。アメリカ帰りの帰国子女。1年生にして誠凛のエースを務める大型新人
 二股に分かれた眉毛と、筋肉質の恵まれた体躯を持つ。チャレンジ精神と向上心あふれる熱血漢。黒子と出会った当初はお互いにあまり良い印象を持っていなかったが、共にプレーする中で親友同然の間柄となる。
 ストバス仕込みの荒々しいスタイルが特長で、発展途上ながらもキセキの世代に比肩する才能を持つ。特に圧倒的な最高到達点と滞空時間を誇り飛ぶ度に高さが増す跳躍力が最大の武器。

画像出典:https://www.amazon.co.jp/黒子のバスケ-9-ジャンプコミックス-藤巻-忠俊/dp/4088701151/

 
 

キセキの世代


画像出典:https://renote.jp/articles/7805

 帝光バスケ部史上「最強」と呼ばれ、無敗を誇った黄金世代。黄瀬涼太緑間真太郎青峰大輝紫原敦赤司征十郎の5人の総称。彼らは全員が10年に1人の天才でありながらもそれぞれがオンリーワンの才能を秘め、そのセンスは他のプレイヤーを圧倒する
 また、5人の同世代黒子テツヤが「6人目(シックスマン)」としてレギュラー入りしていた。ただし、本人によると先の5人は本物の天才であり、自分とは到底異なる存在であるとのこと。
 元々は他の選手より少しだけバスケが巧い程度の選手達だったが、中学時代に才能が開花していった。しかし、それによって周囲との実力差が開いたため、次第にバスケへの情熱を失い、試合でも相手チームへの誠意を欠く行動をとるようになる。プレースタイルもチームプレーから圧倒的個人技を駆使したバスケに変わっていった。当時はモチベーション低下を防ぐため、1人1試合に20得点のノルマが課せられていた(黒子は役割上免除された)。また、前述のように個人技を重視していたため、味方にパスを出すのを嫌う傾向がある。
 5人はそれぞれ別の強豪校に進学しており、黒子によればその中のどれかが頂点に立つという。彼らを獲得した高校は、それだけで全国上位の力を手にすることと同義であるとされ、全国大会の優勝争いの一角をになうことが確実視される。

評価・感想

 帝光中バスケットボール部・キセキの世代と呼ばれた天才の五人を相手に同じく帝光中バスケ部に所属し幻のシックスマンと呼ばれた主人公・黒子テツヤが自身の影の薄さを生かした変幻自在のパスを武器に挑んでいくというバスケ漫画。
 この漫画のテーマとしてチームでの協力や努力の要素がある。チームメイトがいなければ輝けないスキルを持った主人公の能力とキセキの世代達の個人で敵チームを圧倒する能力とが対比的に描写し、チーム一丸となって戦う主人公達がキセキの世代を負かすことで彼らにチームメイトの大切さと個人技の限界を伝えていくというものだ。


出典:http://digital-thread.com/archives/5157207.html

出典:http://soshagei.hatenablog.com/entry/2014/12/24/230000

 シュート範囲はコート全体の長距離スリー。黒子に負け涙する緑間。

 黒子のバスケは超人的能力を持つキセキの世代のパフォーマンスに目が行きがちだが、主人公達のチームに敗れた後のキセキの世代達の心情の変化やワンマンプレーを捨てチームとして戦う彼らの成長にもぜひ注目してほしい。
 

黒子のバスケのここが面白い!

 やはり何と言っても黒子のバスケの面白さは超人っぷりを発揮するキセキの世代達のプレーキセキの世代同士の衝突だろう。試合の描写はではどのメンバーも迫力があり、かなりカッコいい!
 超人とはいえども100%現実できないプレーのレベルではないちょうどいい加減が真似してみたい衝動を掻き立てる!

 ゾーンに入った赤司が相手チーム全員を一人で抜き去り得点!?
出典:http://mangaotaku.blog.jp/archives/1002967575.html

 

 青峰vs黄瀬。試合中黄瀬の必殺技が青峰に炸裂!
出典:https://ameblo.jp/yoshiki-0722/entry-11993932315.html
評価点:88点

 

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 三月のライオンとは?  『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画…
  2. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  3. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  4. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  5. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
  6. 『君のいる町』とは? ・『君のいる町』は、瀬尾公治による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(…
  7. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  8. たいようのいえとは? [su_list] 『たいようのいえ』は、タアモによる日本の少女漫画作…
  9. 中卒労働者から始める高校生活とは? [su_list] 『中卒労働者から始める高校生活』は佐…
  10. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  2. ダンス・ダンス・ダンスールとは? [su_list] 『ダンス・ダンス・ダンス―ル』は、20…
  3. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  4. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  5. ドラゴン桜とは? [su_list] 『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、三田紀房による日本…
  6. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  7. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  8. 君が死ぬ夏にとは? [su_list] 『君が死ぬ夏に』は、大柴健による日本の漫画作品。『マ…
  9. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  10. ぼくたちは勉強ができないとは? [su_list] 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志…

次に見るべき記事

  1. 2018-8-11

    『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の評価・感想 祝アニメ化!グロくてキモい悪霊達を法律で裁く異色のファンタジー!

    ムヒョとロージーの魔法律相談事務所とは? [su_list] 『ムヒョとロージーの魔法律相談…
ページ上部へ戻る