宇宙兄弟とは?

・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の漫画雑誌『モーニング』にて2008年1号(2007年12月6日発売)から連載中。

・宝島社「このマンガがすごい!2009」オトコ編にて2位、マンガ大賞においても2009年度、2010年度の2年連続で2位を受賞し、第34回講談社漫画賞選考会でも次点に選出された。これを受け、作者や出版社自身がこれを自虐のネタとし『宇宙兄弟』の新刊販売時、コミックスの帯に『2位獲得回数第1位 いつも「お・し・い」けど、最高に「おもしろい」!!』と印字して出版したことがある。その後、2011年には第56回小学館漫画賞一般向け部門、第35回講談社漫画賞一般部門をそれぞれ受賞した。

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/宇宙兄弟-モーニング-KC-小山-宙哉/dp/4063727823/

あらすじ

 2006年7月9日、謎のUFOを目撃した南波六太とその弟の日々人は、「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合う
 それから19年後の2025年、夢を叶え宇宙飛行士となった日々人は、第1次月面長期滞在クルーの一員として、間もなく日本人初となる月面歩行者として歴史に名を残そうとしていた。一方兄の六太は、勤めていた会社をクビになってしまい、鬱屈した日々を送っていた。そんな六太の下に、JAXAから宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送られてくる。それは、共に宇宙を目指すという夢を諦めない日々人が応募したものであった。いつの頃からか、宇宙飛行士になることを諦めていた六太は、再び宇宙を目指すことを決意する
 1次試験、2次試験を終えた六太は3次試験までの間、日々人に呼ばれヒューストンに滞在する。そこで巷を騒がせていた強盗を偶然捕まえ一躍有名人となり、その評判がJAXAにも届いたことで無事2次試験を通過。各組5人で2週間を閉鎖空間で過ごす3次試験に挑む。JAXAから個別に出される秘密指令によって一時は疑心暗鬼に陥りながらも、共に問題を乗り越え結束を強めてゆく。最終日に合格者2人を自分たちで決める難題を、六太の組ではジャンケンで決めたものの、提案者の六太は落選した。その後JAXAからの追加合格者として、別組の北村絵名と受験当初からの友人の真壁ケンジ、そして六太の3名が選ばれ、最終審査までたどり着く。
 最終選考が行われるヒューストンへ再び飛んだ六太は、最終審査の合否が決定するまでの間に、日々人たちCES-51クルーを乗せたロケットの打ち上げを目撃した。日本中が見守る中、2026年3月8日、日々人は遂に月へと到着する。

気になったら試し読み!

宇宙兄弟 オールカラー版 (1)
小山宙哉 講談社
▶最新巻へ
700円 (税別)
獲得ポイント 7pt (1%還元)
幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる。大人気タイトル待望のオールカラー版、小山宙哉完全監修でついに登場!
購入する

主な登場人物

南波 六太(なんば むった)

 本作の主人公。初登場時31歳。工学博士。誕生日にドーハの悲劇が起きていることから「自分は不運に縁がある」と思い込んでいる。
 性格は弟の日々人とは違い、几帳面で細かいことを気にするなど神経質で繊細である。そのため、目標に向かい一直線に進んでいく日々人のようにはなれず、大学院に進学し、卒業後は大手企業に就職するなど無難で堅実な人生を送り、宇宙飛行士になる夢を叶えられずにいた
 幼少期に日々人に暴力を振った相手に思いきり向かっていき、成年後に日々人を侮辱した上司に頭突きをしたり、弟思いであり、自身を本気で怒らせた相手には形振り構わず向かっていく一面もある。
 無職になってしまうが、紆余曲折を経た末に恩人のシャロンや弟の日々人からのメッセージを受けて、宇宙飛行士を目指し始める

 

南波 日々人(なんば ひびと)

 六太の弟。初登場時28歳。JAXAの宇宙飛行士。
 月面に立った最初の日本人宇宙飛行士。世界最年少で月面探査のクルーとして選ばれるなど、宇宙飛行士の中でも一際目立っている。アメリカでは「サムライ・ボーイ」と呼ばれるなどヒーロー気質である。六太の弟思いと同様、兄思いであり、六太が宇宙飛行士になることを心待ちにしている
 性格は兄の六太とは違い、細かいことを煩わしがる性格であり、肝心の何かが抜けていると六太は指摘している。目標に向かい一直線にまっすぐ進むなど、挑戦する向上心や気概に溢れている。
 月に行くことを20年間夢見続け、2026年にその夢を叶えるが、月での事故の影響で、閉鎖空間において著しい動悸などを伴うパニック障害を発症してしまう

画像出典:http://morning.moae.jp/lineup/31/download

評価・感想

 会社をクビになったのをきっかけにかつて憧れていた宇宙を目指す兄・六太と宇宙飛行士となり日本人で初の月に立つ弟・日々人の宇宙を目指し、目指した兄弟の物語。
 真面目で合理的な兄は宇宙を夢見ていても安定な職業に就くことがベストであると考え一般企業に就職。その後、クビとなり無職。一方宇宙への夢を昔から今まで持ち続け絶やさなかった弟は今や宇宙飛行士・・・という同じ夢を見ていたはずなのに兄弟間で大きな差がある状態から物語は始まる。


出典:http://digibolo.com/books/spacebrothers/

出典:http://digibolo.com/books/spacebrothers/

 無職、そして兄の威厳も保てなくなった六太だったが宇宙飛行士の日々人や天文学者のシャロンの言葉から自分の夢に正直に向き合い宇宙飛行士を目指し始める。年齢も31と若くないにもかかわらず宇宙飛行士という壮大な夢を叶えんとする六太の姿に宇宙や宇宙飛行士に興味がなかった人でもあっという間に物語に引き込まれることだろう。

出典:http://www.dokusyo-geek-ki.com/entry/space_brothers_meigen

 さらに、宇宙飛行士を目指す兄・六太と対比的に描写される日々人は六太の訓練で描写できなかった宇宙飛行士としての仕事や月面到達といった宇宙での活躍部分が描写される。まだ宇宙に行けるかもわからない六太の目指すゴールが日々人を介してリアルに描写されることで六太は日々人を目標にそしてさらに兄として上に行くことを目指すことができ、また読者にも六太の目指すゴールの壮大さが伝わる

出典:https://matome.naver.jp/odai/2133562443151824301

 
 

宇宙兄弟のここがいい!

 作中で描かれる宇宙飛行士を目指す訓練生は20代の若い人から40代まで幅広い年齢層の人が集い選抜訓練を受ける、主人公・六太も歳は31歳と決して若くはない年齢だが宇宙飛行士になるべく全力で試験に挑んでいる。
 歳をとれば夢を持つのも難しくなってくるが夢を追う主人公たちを見ていると自分も新しい何かに挑戦したいと思えてくる後読感がすごい漫画だ。もしかすると宇宙兄弟を読んで実際に宇宙飛行士を目指す人、なってしまう人も出てくるのではないだろうか?

出典:https://www.cinra.net/news/20140226-uchukyodai
評価点:90点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  2. MAJOR-メジャー-とは? ・『MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本の漫画。主人公…
  3. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  4. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  5. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…
  6. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  7. 東京喰種~トーキョーグール~とは?  石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしなが…
  8. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  9. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  10. 神のみぞ知るセカイとは? [su_list] 『神のみぞ知るセカイ』(かみのみぞしるセカイ、…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  2. 古見さんは、コミュ症です。とは? [su_list] 『古見さんは、コミュ症です。』(こみさ…
  3. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  4. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  5. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  6. 監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
  7. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  8. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
  9. 20世紀少年とは? [su_list] 1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッ…
  10. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…

次に見るべき記事

  1. 2018-3-15

    『ブラッククローバー』の評価・感想 大注目!ジャンプを引っ張る新世代の王道漫画!

    ブラッククローバーとは? [su_list] 『ブラッククローバー』は、田畠裕基による日本の…
ページ上部へ戻る