orange(オレンジ)とは?

  • 『orange』(オレンジ)は、高野苺による日本の漫画。『別冊マーガレット』(集英社)2012年4月号から12月号まで連載された後に休載、その後『月刊アクション』(双葉社)に移籍し2014年2月号から2015年10月号まで本編が不定期連載され、番外編が2016年4月号から不定期掲載が開始された。単行本は集英社から全2巻、双葉社から既刊6巻が刊行されている。
     
  • 同級生の自殺という「後悔」に苛まれている10年後の自分から届いた手紙をもとに、主人公の高校生たちが自分や未来を変えるために行動していく様を描いたSF青春ラブストーリー。長野県松本市を舞台にしている。話数のカウント単位は「LETTER ○」。
     
  • 2015年4月25日発売の『月刊アクション』6月号にて実写映画化が発表された。
     
  • 2016年2月にはテレビアニメ化が発表された。アニメ化に際し『月刊アクション』2016年4月号には特別編が掲載され、同年5月号よりスピンオフ『ソリゲリス』の連載が開始された。同年9月にアニメ映画化が発表された。
     

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/orange-1-アクションコミックス-高野-苺/dp/4575843237

あらすじ

 長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起きること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。菜穂は、初めは誰かのいたずらと思っていたが、手紙に書かれていた通り、成瀬翔が東京から転校してくる。
 手紙には、5月に成瀬翔を好きになること、翔が17歳の冬に事故で亡くなること、その事故は防ぐことが出来たと書かれていた。10年後の菜穂が手紙を書いた目的が翔を事故から救うことと分かり、16歳の菜穂は「翔がいない未来」を変えるため手紙に書かれているように行動しようと努力する。
 手紙に書かれていた通り菜穂は翔を好きになるが、手紙を詳細に読むと、翔は事故死ではなく自殺の可能性があることを示唆していた。

気になったら試し読み!

orange (1)
高野苺 双葉社
▶最新巻へ
500円 (税別)
獲得ポイント 5pt (1%還元)
現役高校生でデビューを果たし、10年間女子中高生から絶大な人気を得続けている高野苺の本格SFストーリー。少女漫画ファンのみならず幅広い男性・女性漫画読みからも絶賛の声多数!!第一巻は、集英社版1巻に加え、単行本未収録の読み切り作品が1話掲載される。高校二年生の菜穂に届いた未来からの手紙。そこには未来の自分の後悔がつづられていた。はたして菜穂は手紙を読み「後悔しない未来」を作ることができるのか?切ない思いが交錯するタイムパラドックスラブストーリー。

購入する

主な登場人物


出典:http://aniblo24365.com/netabarekansou21/

高宮 菜穂(たかみや なほ)

 本作の主人公。10年後の未来の自分が書いたとされる手紙が届く。
 翔に好意を寄せ、翔を事故から救うため手紙に記されていた通りに行動しようと努力する。やがて、弘人・あずさ・貴子・朔にも10年後の自分から手紙が届いていたことを知る。
 10年後の未来では須和と結婚し、一児をもうけている。

成瀬 翔(なるせ かける)

 東京から転校してきた男子。菜穂や須和達ともすぐに打ち解け仲良くなるが、どこか他人を寄せ付けない一面がある。転校初日に菜穂達と帰ることを優先し、母親との約束を断ったことがきっかけで母親が自殺したことが自身にとっての最大の心残りとなっている。幼少期に両親が離婚しており、離婚後は母親と暮らしていたが、母親の死後は祖母の自宅に身を寄せていた。
 17歳の冬に自らトラックの前に飛び出して亡くなる。亡くなる前に残したメモに「事故だったと伝えて欲しい」と記したため、菜穂たちには事故死だと伝えられていた。

須和 弘人(すわ ひろと)

 菜穂のクラスメイトの男子。菜穂に想いを寄せている。
 菜穂と同じく10年後の自分から手紙が届いてからは、菜穂への想いとは別に菜穂と翔がより親密になるよう振舞っている。サッカー部に所属しており、部に翔を全力で誘う。
 10年後の未来では菜穂と結婚しており、一児の父親でもある。しかし、10年後の未来の自分から届いた手紙を受け取った弘人は「この世界では菜穂と結婚する未来は選ばない」と選択する。

村坂 あずさ(むらさか あずさ)

 菜穂のクラスメイトの女子。通称「アズ」。
 名前の由来は狩人の『あずさ2号』から。実家はパン屋を営んでいる。
 6人の中ではムードメーカー的存在でとても明るい性格。意外と責任感があり、ソフトボールの試合ではけがをしているのにもかかわらず周りに心配をかけさせないため、打席に立とうとした。

茅野 貴子(ちの たかこ)

 菜穂のクラスメイトの女子。性格はサバサバしているが、6人の中では姉御的存在。
 翔を取るために翔と菜穂の間に割って入って来る先輩女子にはっきり一喝できる強さとかっこよさを持つ。

萩田 朔(はぎた さく)

 菜穂のクラスメイトの男子。眼鏡を掛けている。お笑い好きであり、翔にお笑いのルールを教えていた。あずさといがみ合っている様子をたびたび弘人たちに「夫婦漫才」などとからかわれている。萩田のある行動が翔を自殺の未来から救う一因となる。
10年後の未来では、眼鏡は外している。

評価・感想

 高校時代に友達だった男子・翔の自殺をいつまでも悔やみきれない当時の仲良し五人組が10年前の自分たちに当てた手紙を送る。その手紙は時を超えて10年後の自分たちに届き、手紙を受け取った高校時代の5人は手紙に書かれた内容をたどり、翔の自殺を止めるために奮闘するという話。
 上の概要でもある通り、少女漫画でもちろん恋愛の要素はあるが、基本的に未来からの手紙を頼りに友の自殺を止めるというSF要素が先行しているため恋愛漫画に興味のない人(特に男)でも納得のいく作品になっている
 母を失い心に傷を抱えた翔を救うために奮闘する5人とそんな5人の努力報われ次第に翔は心を開いていく描写は男女関係なく感動すること間違いなし!

出典:http://buzz-manga.blog.jp/orange-vol1-5-All-Volumes.html

 5人は翔を救い、自殺を止めることができるのか、結末はぜひ漫画を手に取り確認しよう!
 

orangeのここが面白い!

 この漫画の話では一番気になるであろう完結後のエピソードはほとんどなく、スパッと終わってしまう。orange(オレンジ)という題名の意味もそうだが、この作品の作者は読者に対して要素だけを提示し、後は自分たちで考えてほしいという作品の形をとっているのだ。読者に想像を委ねる点は読者が各々で自由な結末を想像できて面白いし、特にこの漫画のような現実に近い形でのSF漫画ではラストの好みが分かれるのでとても良い終わり方だと思う。

出典:http://aniblo24365.com/orangeのタイトルの由来は弘法山から見える景色??/

 そこで作者の思惑に従い、私もこの漫画の結末を想像してみた。
 全く個人的な感想だが、この物語にはもともとSFの要素などなく最初から主人公達の妄想だった主人公達五人の妄想劇、または自殺した翔は「心の中で生きている」というような話だったのでは?という印象を受けた。SFならばありえない話でも想像や妄想なら誰でも勝手な世界を描くことができるし、10年後の世界で翔が動いているシーンが一度も描写されていないのものもそういった理由からなのでは・・・?
 
 まあ感想は置いておいて、このように自分のような卑屈で天邪鬼な想像をしたり、翔が助かり主人公と結婚するというようなハッピーエンドな世界を想像する人もいるだろう。この漫画を読んだ後はこんな風にぜひとも想像を膨らませてみてほしい!

評価点:90点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. good article very hopeful

ピックアップ記事

  1. たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
  2. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  3. 暗殺教室とは? ・『暗殺教室』(あんさつきょうしつ)は、松井優征による日本の漫画作品。『週刊少…
  4. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  5. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
  6. 『君のいる町』とは? ・『君のいる町』は、瀬尾公治による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(…
  7. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…
  8. 三月のライオンとは?  『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画…
  9. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…
  10. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  2. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  3. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  4. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  5. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  6. ダンス・ダンス・ダンスールとは? [su_list] 『ダンス・ダンス・ダンス―ル』は、20…
  7. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…
  8. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  9. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  10. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…

次に見るべき記事

  1. 2018-11-15

    『いぬやしき』の評価・感想 主人公は兵器になった初老の男性!? 未知なるダークファンタジーが今ここに!

    いぬやしきとは? [su_list] 『いぬやしき』は、奥浩哉による日本の漫画。講談社の漫画…
ページ上部へ戻る