Web漫画広告でしつこく出てきた『生贄投票』の評価・感想

生贄投票とは?

  • 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒット連載中の、反道徳×学園サバイバル。スマホ依存の現代の総SNS社会と、スクールカーストを描く。
     
  • 元は小説からのコミカライズ作品。ただし、細かい部分で内容に差異がある。
     
  • 2017年11月時点で累計80万部を突破した。既刊4巻。
     

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/生贄投票-1-ヤンマガKCスペシャル-江戸川-エドガワ/dp/4063827933

あらすじ

 ある日、高校生・今治美奈都のスマホに突然表示された「生贄投票」というアプリ。候補者としてクラス全員の名前が並べられ、生贄に選ばれた者には、“社会的”死が与えられるという。何の気なしにクラスの女王的存在の入山環奈の名を押してしまった美奈都だったが、次の日投票に入山が選ばれてしまう。
 「投票したのは誰!?」と入山が声を荒げ、クラスメイトがこの投票に「意味がわからない」と怯える中、スマホの画面に”これは二階堂ありさの呪い”と表示されクラスメイト全員が絶句する。二階堂ありさは三ヶ月前まで彼らの担任をしていた新任の女教師で彼女の反応を面白がったクラスメイト全員がいじめ、最終的には実家の庭で焼身自殺をさせるまで追い詰めたからだ。

 投票アプリは社会的死の回避策として24時間以内にクラス全員にボタンタップ1万回・選ばれた本人は10万回という条件を提示し、クラスメイト全員それを実行することを誓いその場は収まったが、実際にタップを実行していた者はほんの数名だった。社会的死が与えられる期日である次の日、回避はもちろんされず入山は援助交際していた時のハメ撮り動画をばらまかれ、さらに慌てて学校の外へと飛び出し車に轢き殺されてしまう。
 
 轢かれた衝撃で割れた入山のスマホの画面には「6日後の午前0時、次の投票を行います」と表示されていた・・・。

気になったら試し読み!

 
生贄投票 (1)
漫画:江戸川エドガワ 原案:葛西竜哉 講談社
▶最新巻へ
500円 (税別)
獲得ポイント 5pt (1%還元)
ある日、高校生・今治美奈都のスマホに突然表示された「生贄投票」というアプリ。候補者としてクラス全員の名前が並べられ、生贄に選ばれた者には、“社会的”死が与えられるという。何の気なしに友人の名を押してしまった美奈都だったが、この投票がクラスに大きな波紋と崩壊をもたらしていく──。『デスペナ』の江戸川エドガワが描く、反道徳×学園サバイバル!
購入する

評価・感想

 誰もが一度は経験したことのある学校生活を舞台に、死と隣り合わせのゲームを行わせ初回に酷い死を描写することで読者の興味を引くという、最近ではもうありきたりな学園デスゲームジャンルの一つ。その中でも読者の負の部分を撫でてくるような漫画(犯人視点)とミステリー要素を組み込み解決を望む主人公達が奮闘する漫画(主人公視点)があるのだがこの漫画では前者で基本進行する。
 

出典:https://bookwalker.jp/defc8d9b99-e442-40d5-bd38-efe32c0f7177/

 この漫画特有のテーマとして生徒達自身に裁く権利が投票という形で与えられ、選ばれてしまった人は嫌われ者のレッテルを貼られ(また犯人だと疑われ)社会的な死をもってクラスから消えていくという今までありそうでなかった新しいゲーム方式が取られる部分がまず肝だろう。
 投票制度にすることにより犯人の証拠が出ず犯人を見つけるという部分が排除され(その証拠に本作に探偵はいない)、クラスメイト達が言い争い、他者を陥れたりして破滅し消えていく姿を純粋に楽しむことができる。また教師・二階堂に嫌がらせをしていたという背景もあり、生徒達への同情をかき消す要素があるのもそういった面白さを助長しているといえるだろう。

出典:https://www.excite.co.jp/News/comic/20161216/KodanshaComic_20161216_c04.html?_p=3

 社会的死に相当する情報が出る前に調子に乗っていた者や上位のスクールカーストに属していた者であればあるほど破滅していく姿は面白さを増す。デスゲーム特有の読者の負の部分を撫でてくるような要素はしっかりと発揮されている漫画だ。

 あと、物語には特に関係はないが、作中で登場した二階堂母のぶっ壊れ具合がかなりGOOD!1,2コマの登場だけだというのに恐怖を煽が煽られ、主人公たちクラスメイトよりも印象が強く残っている。笑

二階堂の家を訪ねた主人公達に虫入りの水を出そうとしたり、今にも食ってかかりそうな顔での「またいらっしゃい」はまあ恐怖。
出典:生贄投票2巻より
 

評価点:45点

 

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. たいようのいえとは? [su_list] 『たいようのいえ』は、タアモによる日本の少女漫画作…
  2. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  3. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  4. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  5. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  6. 君に届けとは? [su_list] 『君に届け』(きみにとどけ)は、椎名軽穂による日本の漫画…
  7. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  8. 中卒労働者から始める高校生活とは? [su_list] 『中卒労働者から始める高校生活』は佐…
  9. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  10. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  2. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  3. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  4. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  5. 約束のネバーランドとは? ・『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原…
  6. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  7. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  8. NARUTO-ナルト-とは?  『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の…
  9. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  10. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…

次に見るべき記事

  1. 2017-10-31

    5分でわかる『銀の匙 Silver Spoon』

    銀の匙とは? [su_list] 『銀の匙 Silver Spoon』は、荒川弘による日本の…
ページ上部へ戻る