『20世紀少年』の評価・感想 実写映画大ヒットの原作漫画は面白いのか?

20世紀少年とは?

  • 1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された。完結編である『本格科学冒険漫画 21世紀少年』(21せいきしょうねん)は、2007年1月から7月まで連載された。単行本は『20世紀少年』が全22巻、『21世紀少年』は上・下巻の2巻が刊行されている。作品名は、T・レックスの楽曲「20センチュリー・ボーイ」に因んだものである。
     
  • 第48回小学館漫画賞青年一般部門をはじめ、第25回講談社漫画賞一般部門、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第37回日本漫画家協会賞大賞、第39回星雲賞コミック部門、フランスジャパンエキスポアワードグランプリ受賞、海外でも2003年にヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレーム国際漫画祭の最優秀長編賞を受賞する。その他にも多数の賞を受賞している。2010年12月時点で累計発行部数は2800万部を記録。
     
  • 2008年から2009年にかけては、これら2作を原作とした日本映画『本格科学冒険映画 20世紀少年』が3部作として公開された
     

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/20世紀少年―本格科学冒険漫画-1-ビッグコミックス-浦沢-直樹/dp/4091855318/

あらすじ

 高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。
そんな時代の中で、少年たちは、地球滅亡をもくろむ悪の組織や、東京を破壊し尽くす巨大ロボットに蹂躙され、混沌とし、滅亡に向かっていく未来の世界を空想した。そして、それらに立ち向かい地球を救うのは、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たちだ。下らないようなストーリーを描いたスケッチブックを、少年たちは“よげんの書”と名付ける。しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。
 
 1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪幼なじみの死をきっかけに、その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まされていく。そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。一連のできごとの陰に見え隠れする謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す・・・。

主な登場人物

ケンヂ / 遠藤 健児(えんどう けんじ)

 本作の主人公。カンナの叔父。
 少年時代の夢は地球を守り、悪者に立ち向かうヒーローになることだった。中学時代にロックに目覚める。何かが変わる事を期待し、放送室をジャックし、昼休みの校内放送で「20th Century Boy」を大音量で流す。大学時代にチャーリー(後の春波夫)、ビリーと共にバンドを結成するが、成功を納める事なくバンドは解散、その後はコンビニエンスストアの経営者として、母のチヨや姪のカンナを養い、平凡な生活を営んでいた
 そんなある日、少年時代に秘密基地での遊びで書いた「よげんの書」の出来事が「ともだち」とその一派によって実行されていく事で事件に巻き込まれていき、少年時代の友人ドンキーの死の真相と彼の遺言を聞かされる。さらに放火により実家のコンビニを失うがそれがきっかけでよげんの書を発見し、「ともだち」の計画を阻止すべくかつての幼なじみ達を結集し行動を起こす

 

カンナ / 遠藤 カンナ(えんどう カンナ)

 本作のもう一人の主人公。
 ケンヂの姉キリコと「ともだち」の娘で、ケンヂの姪にあたる。ケンヂを慕っており、彼の遺したカセットをいつも聴いている。また彼女が 被っている白い帽子は、かつてはケンヂがか被っていた帽子であり彼の形見でもある。
 秀才で運動能力が高く、ドーナツ好き。人々を惹き付けるカリスマ的な存在であり、長年敵対していた中国マフィアとタイマフィアを停戦させるなど不思議な力を持っている。

ともだち

 秘密基地を作った時のケンヂの同級生?。忍者ハットリくんのお面を愛用している。“よげんの書”“しんよげんの書”の記述通りに、2000年・2015年の世界滅亡を企てる。組織の勢力を拡大していくと共に、政治にも介入して行く。
 ヤマネに一度殺されたように見えたが、万博会場で劇的な演出で生き返った。生き返ると共に凶弾からローマ法王を守るという自作自演により、世界的なカリスマとなり、ローマ教会をも手中に収める事となる。その後は世界大統領となり、年号を「ともだち暦」に変え、実質的な世界の支配者に君臨する。

評価・感想

 主人公・ケンヂ達が少年時代に書いたよげんの書の内容が20世紀の終わり、現実となって世界を恐怖に至らし始める。元凶はともだちと呼ばれる宗教団体の教祖で彼はケンヂの同級生であることだ判明。ケンヂ達は犯人を見つけようとする一方でよげんの書の内容を知る自分たちがともだち止めるしかないと行動する・・・というSF・ミステリー・アクション・ヒューマンドラマなどいくつかのジャンルの要素が混じった長編漫画。
 
 まず感想としては、正直中だるみが目立ち、20巻以上は伸ばしすぎなのでは?と感じた。というのも漫画を読むとわかるが、当初からケンヂ達が追っていたともだちの正体は12巻の時点で確定し、しかもその犯人は銃で打たれて殺され話はそこで終わりを迎えているのだ。しかし、その後死んだはずのともだちが別の人物に置き替わり話は継続。また新しい犯人もケンヂ達の同級生と、同じことの繰り返しが起こる。
 実写の映画ではその反省を踏まえ違和感なくまとめられているため、映画を見て知ってから漫画に来た人は少し残念な気持ちになるかもしれない。



出典:http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1187
 本当の完結は20世紀少年でなく21世紀少年に引き継がれ描写される。漫画を購入する場合は21世紀少年も忘れてはならない。
 
 ともだち復活後は作者が思いついたことを次々に放り込んでいる。そのため風呂敷を広げるのに時間がかかり、また広げすぎた風呂敷を畳むことにも時間がかかり結果20巻以上の作品になってしまっていることが漫画を読むとわかる。

 

20世紀少年は漫画と実写映画どっちがいい?

 感想でも書いた通り、漫画・20世紀少年では犯人が二人出てくる。カンナの父親でたくさんの人を殺した大元凶の一人目の犯人は中盤であっさりと面が割れ、殺され、その後も一人の犯人が出てくる。
 一方実写映画では犯人が増殖することなく、最初から終わりまで一人の犯人を貫き、最後のサプライズをしっかり残した状態で終盤を迎えるため面白さを枯らさない

出典:http://anagogogo.exblog.jp/8702484/

 漫画を薦めるサイトだが、20世紀少年は漫画を買うなら映画のDVDを買う方がいいだろう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/439663982354050432/
評価点:52点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  2. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  3. 三月のライオンとは?  『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画…
  4. 君に届けとは? [su_list] 『君に届け』(きみにとどけ)は、椎名軽穂による日本の漫画…
  5. 暗殺教室とは? ・『暗殺教室』(あんさつきょうしつ)は、松井優征による日本の漫画作品。『週刊少…
  6. 俺物語!!とは? 『俺物語!!』(おれものがたり)は、原作・河原和音、作画・アルコによる日本…
  7. エムxゼロとは? [su_list] 『エム×ゼロ』は、叶恭弘による日本の漫画作品。『週刊少…
  8. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  9. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  10. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…
  2. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  3. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  4. 約束のネバーランドとは? ・『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原…
  5. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  6. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …
  7. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  8. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  9. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  10. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…

次に見るべき記事

  1. 2018-8-5

    ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 41巻(388話)〜45巻(440話)

    ONEPIECE~ワンピース~とは? [su_list] 『ONE PIECE』(ワンピース…
ページ上部へ戻る