『監獄学園(プリズンスクール)』の評価・感想 男子5人檻の中での青春活劇

監獄学園(プリズンスクール)とは?

  • 『監獄学園』(プリズンスクール)は、平本アキラによる日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2011年10号から連載中。
     
  • 東京都郊外にあり、共学化したばかりの元女子高・私立八光学園に入学したものの、女子風呂を覗いた罪で裏生徒会により懲罰棟(通称・プリズン)に投獄された男子生徒5人の学園生活を描く、ハイスクールコメディ作品。脱獄や性的描写、策略などを取り入れたシチュエーション・コメディが特徴。
     
  • 2015年7月から9月までアニメが放送され、同年10月から12月までドラマが放送された。
     
  • 2017年7月時点(第24巻まで)での累計発行部数は1000万部以上に達している。
     

表紙画像・出典:https://www.amazon.co.jp/監獄学園-1-ヤンマガKCスペシャル-平本-アキラ/dp/4063820432

あらすじ

 東京都郊外にある私立八光学園。首都圏でも有数の進学実績と厳格な規律で知られる全寮制の高校は、この年から女子高より共学高へと転換したため生徒総数1021名、うち女子生徒1016名、差し引き男子生徒5名という歪な男女比が実現してしまった。
 入学してから1週間経った4月のある日、元女子校という利を生かし、男子達は女子のお風呂をノゾキを行った。しかし、それはすぐに発覚し男子5人は覗きの罪により裏生徒会に捕らえられ、懲罰棟における1か月の懲役を命じられてしまう
 

出典:監獄学園 1巻より

 懲役中、キヨシは栗原千代との相撲観戦デートを、そしてガクトは欲しい限定フィギュア購入のために脱獄を目論み実行に移すしたりと捕らえられながらもそれなりに青春を謳歌していた男子達だったが、生徒会長・栗原万里は、副会長・白木芽衣子、書記・緑川花が裏でDTO(男子退学オペレーション)を始動していた・・・。
 

気になったら試し読み!

 
監獄学園 (1)
平本アキラ 講談社
▶最新巻へ
500円 (税別)
獲得ポイント 5pt (1%還元)
女子1000人:男子5人!!その学園は男(ヤロウ)共にとって天国か地獄か。誰も見たことがない牢獄高校(ハイスクール)コメディ始業!!伝統ある全寮制の女子高・私立八光(はちみつ)学園。このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。しかし入ってきた男子はたったの5人。そのうちの一人、清志(キヨシ)は女だらけの環境に胸躍らせていた。その先に驚愕の未来が待っているとは知らずに……。
購入する

主な登場人物

男子生徒

キヨシ / 藤野 清志(ふじの きよし)

 本作の主人公。通称「キヨシ」。
 元女子高だから女性が沢山いるという動機で私立八光学園学校に入学したが、あまりにも男子の比率が悪すぎたことから、むしろ立場の悪さを感じている。八光学園の数少ない他4名の男子につられて女子風呂を覗く作戦に参加させられ、見つかり、学園内に設置された懲罰棟に隔離されてしまう。
 初めて会話した千代に片想いをしている。千代と約束した相撲観戦デートに行くため、ガクトと共謀して脱獄を試みる。

ガクト / 諸葛 岳人(もろくず たけひと)

 通称「ガクト」。
 「練馬一の知将」を自称する男子達の司令塔的存在で、歴史からITまで幅広い知識を持つ。語尾に「ゴザル」をつけるのが口癖。
 筋金入りの三国志オタクで、限定版「関羽雲長&赤兎馬フィギュア」を入手するためにキヨシの脱獄計画に加担し、目的のためには脱糞や剃髪を厭わないなど、三国志への愛は深い。一方で個人的な私欲よりも友情をとるといった熱い面もあり、そこでも身を挺して活躍することが度々ある。

シンゴ / 若本 真吾(わかもと しんご)

 通称「シンゴ」。
 いつもがっちり決まって崩れないリーゼントがトレードマークのヤンキー系男子だが、不良というわけではなく、天然気味な性格かつ女性に対してはウブで、デートプランを立てるのが極端に下手。
 キヨシとは唯一の中学からの友人であり、キヨシとガクトがゲイカップルとして疑われた際も寛大に見守っていた。しかし、キヨシが内密に脱獄したことで信頼を蔑ろにされたと激怒しイジメを扇動。そこを裏生徒会につけこまれ密偵として懐柔される。

ジョー / 根津 譲二(ねづ じょうじ)

 通称「ジョー」。
 いつもフードを被っている物静かな男子だが、しばしばチクリと毒舌を吐く。激しい労働をしてきた割に、身体はガリガリで病弱。
 口内炎が酷く、咳き込むたびに血が出てしまう。ペットのアリを溺愛しており、しばしば散歩に連れ出している。ヤケになって暴走すると手が付けられない。

アンドレ / 安堂 麗治(あんどう れいじ)

 通称「アンドレ」。
 気は優しくて力持ちの巨漢。カッコカワイイ宣言!の登場人物のように顔のパーツが一箇所に固まっている。
 男子内でも群を抜く過度の被虐性癖(ドM)で、性に対する好奇心が強い。芽衣子からのお仕置きに喜びを感じているが、他の男子達と同じく花からの暴力的なお仕置きは好きではない。

 

女子生徒・裏生徒会

栗原 万里(くりはら まり)

 裏生徒会第20代目会長。自称「カラス使いの万里」。理事長の娘であり、千代の姉。
 芽衣子とは小学校以来の仲。カラス・合気道を操り、学園を影から統べるカリスマ。ポーカーフェイスで、「男はクズ」であると見下している。父との確執と潔癖な性格から男そのものを嫌悪するあまり、DTO(男子退学オペレーション)を発動し、男子全員を退学させようと画策する。

白木 芽衣子(しらき めいこ)

 裏生徒会副会長。万里の右腕的存在で、彼女に心酔している。
 驚異的な身体能力と、全体的にはみ出し気味のダイナマイトボディの持ち主だが、幼いころはイジメられた経験もあり巨乳にコンプレックスを持っていた。常に肌を大きく露出した服装でいるのは、新陳代謝が激しく極度の汗かきであるため。得意の指し棒で男子を厳しく指導する看守役であり、必要とあらば虫捕りや腕相撲にも全力を尽くす、職務熱心かつ生真面目な性格だが、熱心すぎるあまり目の前しか見えなくなることもある。

緑川 花(みどりかわ はな)

 裏生徒会書記。一見ファンシーな雰囲気を漂わせるゆるふわ系女子だが、実は空手でインターハイベスト4の実力を持ち、瞬殺の蹴りを繰り出す体育会系の暴力女子。
 キヨシに放尿を目撃されてしまい、さらにオシッコをかけられるなどの屈辱を味わったため、キヨシに復讐する機会を狙っており、一進一退の攻防を繰り広げた末にキヨシのファーストキスを奪うと同時に奪われる。

 

その他女子生徒

栗原 千代(くりはら ちよ)

 入学時のキヨシのクラスメイトで相撲好きの女子。理事長の娘であり、万里の妹。囲碁部に所属している。
 一年一組。作品中、思い込みの激しさは随一。正義感が強く、強引に男子を退学へと追い込もうとする姉が許せず対立し、男子の退学阻止に協力する。

 

評価・感想

 学園の男子5人が女子風呂の覗きの罪により、学園に設置された懲罰棟に収容されてしまうところから物語は始まる。学園内であるにもかかわらず、懲罰棟は牢屋のように鉄格子で区切られ、自由に行動することもできず、服は白黒縞々の囚人服とまさに監獄。看守役をする裏生徒会の厳しい罰に耐えながら監獄学園生活を送る男子達の笑い・友情・エロ・恋愛が詰まったコメディー漫画だ。
 看守役の裏生徒会メンバーは男子達をクズ扱いし、強く鞭で叩いたり、果ては退学にしようとまで画策し策を持って男子達を追い込んでいく。しかしながら、男子達にとって看守らの罰は罰になっておらず、特に副会長からの罰に関してはご褒美だと思っている男子がほとんど!

アンドレに靴を舐めろという副会長を善意で止めたキヨシだったが、逆に「なぜ舐めるのを止めたのか!?」と怒りをあらわにするアンドレ。
出典:監獄学園 1巻

 同じ境遇に置かれた男子5人は時に喧嘩や仲間をハブにしたりと仲が悪くなった時期もあったが、時間の経過とともに友情を深め合っていき、裏生徒会が掲げる男子退学オペレーションに一丸となって立ち向かっていく。笑いだけでなく、退学を回避するための頭脳的戦略もこの漫画の見どころと言えるだろう!

 

監獄学園のここが面白い!

 この漫画ではどうでもいい一瞬にキャラ達が命がけで立ち向かっていく姿が面白い!
 脱獄中に不在を知られないため脱糞の音を手に入れようとしたがネットには転がっておらず自ら脱糞をすることで音を手に入れたり、理事長に退学の日を一日伸ばしてもらうため説得する5人だったが、なぜか話がズレて胸と尻どちらが好きかという理事長の質問に全力で答えたりと、作中のキャラはその一瞬一瞬真剣なのに読んでいる側はなぜか笑えてくる、いわばシリアスな笑いがこの漫画にはふんだんに盛り込まれている!
 他の漫画には簡単に真似できない、この漫画で、テーマで、設定であったからこそ作り出せた面白さだと感じた。

 

評価点:70点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

  1. This design is incredible! You definitely know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost…HaHa!) Excellent job. I really enjoyed what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

  2. It’s appropriate time to make some plans for the future and it’s time to be happy. I’ve read this post and if I could I wish to suggest you few interesting things or advice. Maybe you could write next articles referring to this article. I wish to read even more things about it!

  3. Thanks in support of sharing such a good thought, piece of writing is good, thats why i have read it fully

  4. I’m curious to find out what blog platform you have been using? I’m having some small security issues with my latest blog and I would like to find something more secure. Do you have any suggestions?

  5. Howdy! I’m at work browsing your blog from my new iphone 4! Just wanted to say I love reading your blog and look forward to all your posts! Keep up the superb work!

ピックアップ記事

  1. 今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ねとは? [su_list] 2015年4月発売「マガジン…
  2. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  3. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…
  4. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  5. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  6. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  7. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  8. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  9. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  10. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…
  2. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  3. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  4. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…
  5. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  6. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  7. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  8. 逃げるは恥だが役に立つとは? [su_list] 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみに…
  9. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  10. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…

次に見るべき記事

  1. 2018-4-12

    『ReReハロ』の評価・感想 まるで母子のような関係にドキドキすること間違いなし!

    ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
ページ上部へ戻る