『きょうは会社休みます』の評価・感想 こじらせ女子に舞い降りた人生の奇跡!?

きょう会社休みますとは?

  • 『きょうは会社休みます。』(きょうはかいしゃやすみます。)は、藤村真理による日本の漫画作品。『Cocohana』(集英社)2012年1月号(創刊号)から2017年3月号まで連載された。単行本全13巻。小説全2冊。
     
  • 2014年10月期に日本テレビ系でテレビドラマ化された。

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/145526/volume1/

あらすじ

 これまでの人生で一度も彼氏ができたことがないOLの青石花笑は、処女のまま33歳の誕生日を迎え悲嘆していた。
 しかし、誕生日のその日、会社のアルバイトの青年・田之倉悠斗と酒を飲み、次第に酔っ払っていった花笑が翌朝目を覚ますと、田之倉と一夜を共にした後だった。酔って記憶を失い、処女喪失の実感が全く湧かない花笑だったが、田之倉と付き合うことになっており、花笑の初めての恋愛が始まる・・・。
 

気になったら試し読み!

 
きょうは会社休みます。 (1)
藤村真理 集英社
398円 (税別)
花笑は33歳の誕生日を彼氏いない歴33年&処女歴33年のまま迎えてしまった。大学1年のときに、1度だけあったチャンスを逃してしまったことを未だに悔やみながら、処女をヴィンテージレベルまでこじらせた花笑に、誕生日の奇跡が起きる!?
購入する

 

主な登場人物

青石 花笑(あおいし はなえ)

 本作の主人公。33歳。事務職OL。年齢 = 彼氏いない歴。処女だった。
 毎朝一番に出社する地味で真面目な社員だったが、33歳の誕生日に田之倉と一夜を共にした。親友からは交際を止められたが、勇気を出して一歩踏み出す決意をし、見た目のイメージチェンジを図るところからスタートした。眼鏡を外して酒を飲むと酔いが回りやすく、大胆な性格になる。

田之倉 悠斗(たのくら ゆうと)

 花笑の恋人。21歳。大学生。花笑と同じ会社でアルバイトをしている。恋愛経験は豊富。大学卒業後は大学院に進学する予定。学費は親から400万だけを受け取り、後はアルバイトと株式投資で賄っている。

朝尾 侑(あさお ゆう)

 花笑が勤める会社と同じビルの3階に入っている食品輸入卸会社「アルバ・トレーディング」のCEO。35歳。女性の扱いに長けており、「できる男」を具現化したような男性。
 時々見かけていた地味で平凡だった花笑の変化に気付き親しくなる。

この漫画の特徴

 主人公青石花絵は年齢33歳、そして彼氏いない歴もまた33年、さらに処女という典型的な行き遅れ女だった。
 しかし、独り身の日々が34年目に突入しようとした誕生日に田之倉と飲み酔った勢いでホテルへ。そして処女を喪失。


出典:きょうは会社休みます 1巻より


 

 あまりの出来事に会社を休む花絵だったが田之倉からの積極的なアピールにより自分の気持ちに気づき、田之倉との交際がスタート。田之倉21歳、花絵33歳の歳の差カップルが誕生する。


出典:きょうは会社休みます 1巻より


 

 しかしながら、自分よりも年下の田之倉を優先させる花絵の行動に男としてのリードを遮られた田之倉が花絵との距離を開いたり、花絵に年齢的にも収入的に優良物件な朝尾がプロポーズしてきたり、年下にたぶらかされているのではないかという花絵の両親の心配があったりと二人の恋路にはたくさんの壁があった。
 無事に結婚までたどり着けるのか・・・?


出典:きょうは会社休みます 1巻より


 

評価・出典

 33歳&33年間彼氏なし&処女の低スペックの極端な行き遅れアラサーが一回り年下の男子と恋愛する恋愛漫画。さらに詳細にいうと基本的に相手の男子・田之倉は主人公・花絵を一途に想い裏切ることはない。しかし、花絵に対しては様々誘惑と様々な試練が待ち受けており、いくつかの問題を乗り越えて田之倉を思い続けることができるか・・・?という主人公を試す系統の内容となっている。
 そのため、基本的には主人公に自己投影して読むと面白い漫画のため男性にはあまりオススメしない。逆に女性にはオススメで特に主人公と年齢が近い世代の女性はキュンキュンくるはず!
 年下男子との甘い恋愛を楽しみたい女性はぜひとも手にとってみてほしい。
 

評価点:67点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  2. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  3. 神のみぞ知るセカイとは? [su_list] 『神のみぞ知るセカイ』(かみのみぞしるセカイ、…
  4. 徒然チルドレンとは? [su_list] 『徒然チルドレン』(つれづれチルドレン)は、若林稔…
  5. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…
  6. 寄宿学校のジュリエットとは? [su_list] 『寄宿学校のジュリエット』は、金田陽介によ…
  7. 焼きたて!!ジャぱんとは? ・『焼きたて!! ジャぱん』(やきたてジャぱん)は、橋口たかしによ…
  8. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…
  9. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…
  10. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  2. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
  3. アイシールド21とは? ・『アイシールド21』(EYESHIELD 21, アイシールドにじゅ…
  4. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…
  5. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …
  6. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  7. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  8. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  9. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  10. 鋼の錬金術師~FULLMETAL ALCHEMIST~とは?  『鋼の錬金術師』(はがねのれん…

次に見るべき記事

  1. 2018-3-15

    『ブラッククローバー』の評価・感想 大注目!ジャンプを引っ張る新世代の王道漫画!

    ブラッククローバーとは? [su_list] 『ブラッククローバー』は、田畠裕基による日本の…
ページ上部へ戻る