『ワンパンマン』の評価・感想 どんな強敵もワンパンで沈める爽快すぎる漫画!

ワンパンマンとは?

  • 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009年7月3日からウェブサイト上で連載され、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧したという。
     
  • リメイク版(作画:村田雄介)が『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載されている。
     
  • 2015年3月12日発売の『週刊ヤングジャンプ』15号にて、テレビアニメ化が発表された。
     

リメイクの経緯

 『ワンパンマン』の読者であった村田雄介がTwitterでONEにコンタクトを取り、共に漫画を制作することを持ちかけた。
 当初、二人では新作の制作に向けて動き、ONEは集英社とは異なる出版社から『ワンパンマン』を書籍化するために描き直す作業を行っていた。村田が試しに『ワンパンマン』の一話を描いてONEに見せたことがきっかけで作画を担当することになった。それが新たなウェブ漫画サイトの設立を企画していた『ヤングジャンプ』編集長の目に止まり、『となりのヤングジャンプ』設立の看板作品として連載が決定した。
 本記事ではリメイク版の評価・感想となる。
 
表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/364725/volume1/

あらすじ

 物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
 しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

 

気になったら試し読み!

 
ワンパンマン (1)
原作:ONE 漫画:村田雄介 集英社
380円 (税別)
一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ”。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!
購入する

 

主な登場人物

サイタマ

 この物語の主人公。25歳。ヒーロー名は「ハゲマント」
 引き締まった筋肉質の体をしている。ハゲ頭の男性で、ヒーローとして活動する時は赤い手袋とマントのついた黄色のスーツを着用。私服のファッションセンスは壊滅的。好物は白菜と海藻類。
 S級ヒーローや災害レベル「神」の怪人を凌駕するほどの実力を持ち、作中の実力者達ですら相手にならないほどの人智を超えた戦闘力を誇る最強の男。あまりにも強すぎるため、やる気がない状態でもほとんどの敵をパンチ一発で倒し、吹き飛ばされたりといった影響は受けても傷一つ負わない頑強な肉体を持つ。

ジェノス

 19歳。身長178cm。サイボーグの青年。ヒーロー名は「鬼サイボーグ」
 15歳の頃に自分の住んでいる街・家族を狂サイボーグ(村田版では暴走サイボーグ)に奪われ、自身も瀕死の重傷を負う。そんな中でクセーノ博士に出会い、仇を討つために自身のサイボーグ化を懇願した。その4年後、戦闘に敗れそうになったところをサイタマに救われ、その圧倒的な強さに憧れて弟子入りを志願する
 弟子入り後は彼の自宅に住み込み、掃除や後片付けなど身の回りの世話をしながら修練を積み、その内容のレポートを作っており、特にサイタマの何気ない発言に関してはすさまじい勢いでメモしている

 

この漫画の特徴

どんな凶悪な強敵もワンパンする主人公・サイタマ

 世界を今にも滅ぼしてしまいそうな凶悪な敵、世界を一瞬で消し去ってしまいそうな巨大な隕石、空を覆うような巨大な宇宙戦艦に乗って地球を侵略しに来た敵。どんな敵も主人公・サイタマにかかれば全てワンパンで勝負が終わってしまう。実際に彼の強さを目の当たりにしたものは思わず弟子入り懇願したり、嘘や冗談であると思い込んだりするほど。しかもヒーロー協会S級ランカーも一目置くほどの逸材であり、というかS級ランカーなんか足元にも及ばないくらい強い。
 そんな強さがあるがためにサイタマは緊張感のある死と隣り合わせの戦闘を夢見るようになる。しかし、それは未だに叶っていない。


出典:ワンパンマン 1巻


 

サイタマの強さの秘密

 作中最強となったからには過去に壮絶な特訓があったに違いない。そう思って蓋を開けてみると腕立て伏せ・上体起こし・スクワットそれぞれ一日100回、そしてランニングを10キロ、これを毎日やる!というのが強さの秘密だった。継続は力なり!


出典:https://pbs.twimg.com/media/CVNYU_fUwAAIZC0.jpg


 

誰よりも強いのにヒーロー協会では最弱ランク

 作中は怪人や怪獣がやたら登場する世界観となっており、そんな敵に合わせてヒーロー協会なる組織が存在する。サイタマとサイタマの弟子・ジェノスはヒーローとして認められるために協会の試験を受ける。筆記・体力テスト満点のジェノスはS級に飛び級で所属となるも、サイタマは筆記と作文で点数を稼げずギリギリC級最下位から所属することになった。
 怪人・怪獣を倒すとヒーローとして株が上がっていく。サイタマはこれまで数多くの怪人を倒して来たが倒すのが一瞬すぎてヒーロー協会も街の人々も全くサイタマのことを知らずにいた。協会に所属してからは強さを露出する場面が増え、協会はもちろん街の人々に認められ少しずつ級を上げていく!


出典:ワンパンマン 3巻


 

評価・感想

 敵ワンパンはアクション漫画としてはありそうでなかった唯一無二のジャンルであり、主人公が強すぎるからこそのエピソードが安定して面白い。登場から強そうな敵が現れ、本人の口から苦悩や目的、強さの理由など語られれば語られるほど主人公にワンパンされた時は描クスリとくる面白さがある。ギャグ漫画のように狙った笑いじゃないのに笑えるのは元々の設定と表現の賜物だろう。
 

 主人公が強すぎて登場人物全員が主人公に逆らえない状態になることが怖い(作品がつまらなくなるという意味で)と感じたが周囲とのランク評価を最低にすることで帳尻が合い同じ土俵でキャラ同士が会話できている。さらに低ランクとなり周りの評価の低さを保つことで毎回主人公の強さに驚く描写が新鮮味を失わず毎回面白い。
 とはいえ級も最初はCだったが今はA級になっている、今後どういう展開になるのか気になるところ・・・。


出典:ワンパンマン 6巻

 

評価点:93点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  2. ばらかもんとは? ・ばらかもん』は、ヨシノサツキによる日本の漫画作品。『ガンガンパワード』(…
  3. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  4. 東京喰種~トーキョーグール~とは?  石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしなが…
  5. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  6. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  7. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
  8. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  9. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  10. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…
  2. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  3. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…
  4. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  5. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  6. 逃げるは恥だが役に立つとは? [su_list] 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみに…
  7. あさひなぐとは? [su_list] 『あさひなぐ』は、こざき亜衣による日本の漫画。『ビッグ…
  8. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  9. 監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
  10. 出会って5秒でバトルとは?  『出会って5秒でバトル』(であって5びょうでバトル)は、裏サンデ…

次に見るべき記事

  1. 2018-8-30

    『鬼滅の刃』の評価・感想 鬼になった妹を元に戻すため鬼と戦う時代劇ファンタジー!

    鬼滅の刃とは? [su_list] 『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の…
ページ上部へ戻る