『それでも僕らはヤってない』の評価・感想 ヤるまでのあの悶々とした感じがずっと楽しめる性春群像劇!

それでも僕らはヤってないとは?

  • 並週刊漫画TIMES2014年12/5号 - 連載中、既刊9巻
     
  • 題名の通り、男女ともに裸になる描写は多くあるものの、セックスの描写は今のところない
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/321356/volume1/

あらすじ

 時田晃介(29歳)は大手住宅メーカーに勤め、充実した社会人生活を送っていた。この年になっても女性経験がないことが悩みの彼は、ひょんなことから、かつて思いを寄せていた同級生・藤野陶子と再会する。
 昔と変わらない笑顔に、相手もまだ処女かもしれないと期待する時田だが、陶子がバツイチであることを知る。気後れする晃介だったが、勇気を振り絞り告白。見事陶子との交際をスタートさせるが、あと一歩を踏み出せず未だ童貞で・・・
 

気になったら試し読み!

 
それでも僕らはヤってない (1)
村山渉 芳文社
600円 (税別)
時田晃介(29歳)は大手住宅メーカーに勤め、充実した社会人生活を送っていた。この年になっても女性経験がないことが悩みの彼は、かつて想いを寄せていた同級生と再会する。昔と変わらない笑顔に、相手もまだ処女かもしれないと期待する時田だが…。
購入する

 

主な登場人物

カドヤホーム(住宅メーカー)

時田晃介

 本作の主人公。大手住宅メーカーの営業マン。容姿も収入も悪くないが、学生の頃好きだった藤野を忘れることができず気づくと29歳で童貞。
 しかし、カドヤホームに客として現れた藤野と再び接点を持ち、食事などを経て付き合うことになる。

 

設計事務所

瀬戸内考子

 瀬戸内設計事務所の代表。
 デザイナーとしては一流だが、プライベートはだらしなく、隙あらば油断している春木に襲いかかる(行為には及ばない)。弟子である透之介に好意を抱いている。

春木透之介

 瀬戸内設計事務所に勤める建築デザイナー。29歳。
 仕事人間でひちとの接し方が下手で、結果童貞。考子のでしだが、異性としても好かれている。考子に認められるために独り立ちできるくらいの実力を求めている。

芹沢亜矢奈

 元キャバ嬢。主人公・時田に性行為&結婚を求め断られている。
 キャバ嬢とお客の関係であった小林(時田の上司)の助言と手ほどきにより、瀬戸内設計事務所に見習いとして勤務することになる。重すぎる恋愛観ゆえ、29歳で処女。

 

藤野陶子

 晃介の高校時代の同級生。バツイチ。
 実家の建て替えのためモデルハウスに訪れ、晃介と再会する。アニメや漫画好きというオタクな一面がある。離婚をした経験から恋に奥手になっていたが時田のアプローチを受けて時田との交際をスタートする。

 

この漫画の特徴

求め、求められ時田の童貞卒業はすぐ間近!?

 時田は上司の小林に連れられやってきたキャバクラで童貞といじりながらも積極的に攻め寄ってくる芹沢亜矢奈と出会う。童貞卒業のチャンスだとわかってはいたが高校時代好きだった藤野陶子のことが忘れられず芹沢の誘いを断ってしまう。
 次の日、仕事中の時田の前にお客として藤野陶子が現れ、会いたくなかったような会いたかったような複雑な感情の中、藤野が処女であると希望を持つも、処女どころかバツイチであることを聞かされ悶々とする。


 

 しかし、今まで好きだった人と近づくチャンスと時田は藤野を食事に誘う。最初は断られてしまい、フラれたと落ち込む時田だったが、また食事に藤野を誘う。藤野は自分がめんどくさい女であること、疑って試すこともする、だから後悔すると宣告するが時田は「大丈夫絶対に」と根拠ない言葉で藤野を受け入れる。
 じゃあ・・・ということで藤野が答えた言葉が以下のコマ↓


 
 もう童貞卒業間近!? このまま藤野とゴールインできるのか是非とも注目。
 

評価・感想

 本作はオムニバス形式であり、それぞれの思いと経歴から童貞&処女を捨てられなかった男女が主人公となる。好きな人のために初めてを捧げたい葛藤と誘惑の間で揺れ動く主人公達の様子、そしてそんな主人公達を誘惑する周りのキャラがまあエロく、まさに性春と言う言葉がぴったりあう漫画と言える。とはいえ、最後は結局主人公達の理性が勝つのでエロ描写はあるもののセックス描写はない。そういう描写を求めていると裏切られるので注意。
 
 また、この漫画の良い点としてキャラの心理表現がわかりやすい点がある。特に童貞と処女を持ち続けたキャラの勇気のなさや奥手なところ、相手を思う気持ちの重さなど、初めてを捨てられなかった理由がなんとなくうなづける行動・言葉の描写は特に良く話に引き込まれることだろう。自分も卒業はそれなりに遅かったので共感でき、

 

評価点:65点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  2. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  3. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  4. 中卒労働者から始める高校生活とは? [su_list] 『中卒労働者から始める高校生活』は佐…
  5. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  6. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  7. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  8. エムxゼロとは? [su_list] 『エム×ゼロ』は、叶恭弘による日本の漫画作品。『週刊少…
  9. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…
  10. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  2. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  3. 監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
  4. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  5. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…
  6. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…
  7. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  8. 逃げるは恥だが役に立つとは? [su_list] 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみに…
  9. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  10. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …

次に見るべき記事

  1. 2018-3-13

    『氷菓』の評価・感想 日常の齟齬を解き明かす近接ミステリー!

    氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
ページ上部へ戻る