『ドラゴン桜』の評価・感想 小学校レベルの学力からの東大入試の秘訣が詰まった常識破りの大ヒット作!!

ドラゴン桜とは?

  • 『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、三田紀房による日本の漫画作品。2003年から2007年まで、講談社の漫画雑誌『モーニング』にて連載された。単行本は全21巻、話数は全194話。
     
  • さまざまな受験テクニックや勉強法が紹介され、和田秀樹の著書『受験は要領』や福井一成の著書『一発逆転○秘裏技勉強法』と並び受験業界で話題を呼んだ。一話ごとに、受験に臨む心がけなども紹介されている。
     
  • 2005年にドラマ化されたが、生徒の数が原作に比べて多い、登場人物の恋愛模様が描かれている、原作の完結に先んじたためオリジナルの結末が用意されているなど原作と作りが大きく違っている。
     
  • 2018年1月25日から『ドラゴン桜2』が連載開始した。
     

 

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/7070/volume1/

あらすじ

 おバカが集まる龍山高校が倒産の危機。債権整理にやってきた桜木は、急に気を変えて、学校を再建することに。
 その時、桜木は、一年以内に東大生を一人出して、学校を超進学校として有名にする方法を選んだ。桜木自らが、特別進学クラスの担任となったものの、集まった生徒は水野と矢島の二人。かつて受験指導に大きな実績を上げた個性溢れる教師を集めながら、彼らに様々な受験テクニックや勉強法を教えていく。
 机にまともに向かったことがない二人の道は前途多難だが、残された時間は一年間!
 

気になったら試し読み!

 
ドラゴン桜 (1)
三田 紀房 講談社
通常500円(税別)
弁護士・桜木による落ちこぼれ高校の再建計画、その内容は東大合格者100人!!しかし、経営破綻状態にある龍山学園では、入学者も集まらず、学力も小学校レベルの生徒たちばかりだった。桜木は適当な生徒を捕まえ、彼女を来年東大に送り込むと宣言する。桜木が教える最も効率的な学習方法とは…!?小学校レベルの学力からの東大入試の秘訣が詰まった常識破りの大ヒット作!!「教えてやる!東大は簡単だ!」
購入する

 

主な登場人物

桜木建二(さくらぎ けんじ)

 元暴走族という異色の経歴を持つ貧乏弁護士。元はバスケ推薦で名門高校に行く事を約束されていたが、友人に負わされた借金による父親の保険金自殺によって全てが狂ってしまった。虎ノ門に弁護士事務所を開設する一里塚として、龍山高校の再建に臨む。「俺の役目が終わる前にデカイことをしたい」と、龍山高校を進学校にする構想をその時練り、特別進学クラスを新設しその責任者に就任した。その一方で、センター地歴の世界史を「スクラム勉強法」(自身の習っていない世界史を「3人」で共同して勉強する)という手法で生徒共に学ぶ。リアリズムを徹底した生き方をモットーとし、自分の考えはハッキリ他人に伝え、性格は明け透けとしている。よく言えば冷静で論理的、悪く言えば冷酷で理屈っぽい人間。

水野直美(みずの なおみ)

 龍山高校3年生。特進クラスの生徒。両親は中二の時に離婚しており、江古田でスナックを経営する母親と暮らしている。一人っ子のようである。髪を染めていたりルーズソックスを履いたりはしているが生活スタイルは地味なようで、学校内では一人でいることが多かった。媚びを売って生活をする母のように落ちぶれたくはない、一人で強く生きていくというのが東大を目指した動機。

矢島勇介(やじま ゆうすけ)

 龍山高校3年生。特進クラスの生徒。裕福な家庭の三兄弟の末っ子であり、幼少の頃は両親から高い期待を受けて育ったが、中学受験に失敗したことをきっかけに、優秀な兄たちに対する劣等感や両親への反発から勉強をしなくなった。桜木にも反発しており、邪魔をしてやるつもりで特進クラスに加わったが、桜木や特別講師陣たちの指導を受け、次第に勉強に取り組むようになり、元来持っていた高いポテンシャルを発揮し始める。
 負けず嫌いで意地を張るところがあり、桜木たちの指示に従わないときもあるが、仲間である水野の不調に気遣うなどの優しさも見られる。また、両親に対しても勉強を通じて心を開くようになった。

 

この漫画の特徴

バカが東大を目標に勉強する!?

 貧乏弁護士・桜木建二はバカ学校と噂の龍山高校に東大合格者を出すことで学校の再建をすることにした。それに付き合わされる形で東大受験を宣言させられる水野。水野は当初バイトとして桜木の学校再建の第一人者にされただけで東大を目指す気は無かった。しかし、家のカラオケスナックを継いでつまらない人生を歩んでいくことを親に決めつけられたこと、客に龍山の生徒であることをバカにされたこと、そして桜木にその現実を教えられたことで東大を目指すことに本気になる。
 また、桜木に食ってかかっていた矢島も最初は面白半分で特進クラスに顔を出したが、兄弟の中で一番落ちこぼれていることへのコンプレックスから水野をライバルとし東大を本気で目指す。


出典:ドラゴン桜 1巻より


 

勉強方法、東大受験のテクニックを漫画を通じて教えてくれる!?

 東大受験をする上での知られざる勉強法、東大合格の近道となるありとあらゆる受験のテクニックが書かれている。難しく考えがちな東大の問題だが、実際は教科書さえきちんと理解できれば問題を解くことができる、数学はテキパキと問題を解く事務処理能力が必須というような以外に目から鱗な受験情報も多く載っている。


出典:ドラゴン桜 1巻より


 

個性的な各教科担任が生徒二人を鍛え上げる!

 竹刀を振り回し、「数学はゲームである」と言い放ち解法の詰め込み教育を実践する数学教師の柳。そして海外の有名歌手の曲でエアロビをし、曲の内容を例文とし英語を体で覚えさせる英語教師の川口と、奇抜ではあるものの理にかなった勉強方法で水野と矢島の勉強意欲を高め、実力をつけさせる。



出典:ドラゴン桜より


 

評価・感想

 かつてバカが東大を目指すというテーマと大人げない現実の真理をつくような名言の数々で一世を風靡した超有名漫画。内容はフィクションであるが、受験勉強に使えるテクニックふんだんに盛り込まれており、学生はもちろん大人でも目から鱗な勉強方法・東大受験のテクニックが書かれている。漫画としてではなく知識本としての価値も相当高く評価されているため、学校の道徳の時間等で一度この漫画のコマを目にしたことがある人も多いはず。
 

 実際に、使える勉強方法もある。例えば答えと問題を並べて答えを導くのではなく解法を答えとし、即座に解法の答え合わせをするという勉強法。
 方法と効果については実際に漫画を読んでほしいが、この方法だと多くの問題に触れることができ、短時間で実力アップが望める。これは私筆者も大学受験に使用した勉強方法でした!偏差値40程度の高校から慶応に合格できたのですから間違いないでしょう。


出典:ドラゴン桜 1巻より

 知識本としての価値を多く伝えてしまったが、ストーリーとしても面白い。目標がしっかり決まっており、読みやすいのが面白さの要因となっているのだろう。読んだことのない人には是非ともおすすめの本だ。
 また、2018年1月25日からドラゴン桜2が連載した。ドラゴン桜の続編となるようだが、何年も時間が経った今だからこそ効果のある現代流の勉強方法・受験方法・大学問題の傾向などがわかるかもしれないのでこれもまたおすすめだ!
 

評価点:100点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…
  2. 天空侵犯とは? [su_list] 『天空侵犯』(てんくうしんぱん)は、 三浦追儺(原作)、…
  3. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  4. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  5. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  6. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  7. たくのみとは? [su_list] 『たくのみ。』は、火野遥人による日本の漫画作品。小学館の…
  8. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  9. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  10. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  2. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  3. ダンス・ダンス・ダンスールとは? [su_list] 『ダンス・ダンス・ダンス―ル』は、20…
  4. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  5. あさひなぐとは? [su_list] 『あさひなぐ』は、こざき亜衣による日本の漫画。『ビッグ…
  6. コウノドリとは? [su_list] 『コウノドリ』は、産婦人科を舞台にした作品で、2012…
  7. 君が死ぬ夏にとは? [su_list] 『君が死ぬ夏に』は、大柴健による日本の漫画作品。『マ…
  8. NARUTO-ナルト-とは?  『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の…
  9. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  10. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…

次に見るべき記事

  1. 2018-3-23

    『転生したらスライムだった件』の評価・感想 リアルで底辺、転生では最弱のスライム!

    転生したらスライムだった件とは? [su_list] 『転生したらスライムだった件』は、伏瀬…
ページ上部へ戻る