『ぼくたちは勉強ができない』の評価・感想 話はつまらないがキャラが超魅力的で読み始めたらもう止まらない!

ぼくたちは勉強ができないとは?

  • 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2017年10号より連載開始。
     
  • その人気の高さから2017年49号のジャンプ本誌では連載開始以来2度目の表紙+巻頭カラーを達成。週刊少年ジャンプのラブコメ作品が連載1年以内に2度目の表紙+巻頭カラーを獲得した例は『いちご100%』以来実に15年振り。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/410520/volume1/branch8/

あらすじ

 主人公の唯我成幸は、一ノ瀬学園に通う高校3年生。
 一ノ瀬学園には優秀な生徒に限り、大学進学にかかる全ての費用を学校側が負担する特別VIP推薦の制度があり、その推薦を獲得すべく日夜勉学に励んでいたものの理系の授業では緒方理珠に、文系の授業では古橋文乃に後れをとっていた。
 そんな中、成幸は推薦の審査面談にて学園長から条件付きで推薦を許可される。その条件とは、「理珠と文乃の二人の教育係に就き、二人が志望する大学に合格させる」ということだった。理系科目が得意な理珠は文系の大学、文系科目が得意な文乃は理系の大学をそれぞれ志望しているが、理珠は国語、文乃は数学の成績が致命的に悪かった。
 さらに、スポーツ特待生だが勉強全般が苦手な武元うるかの面倒も見ることになり、彼女たちの夢を叶えるべく唯我は教育係として奮闘する日々を送ることになる・・・。
 

気になったら試し読み!

 
ぼくたちは勉強ができない (1)
筒井大志 集英社
大学推薦を狙う、高校3年生の唯我成幸(ゆいがなりゆき)はなぜか天才美少女の文乃(ふみの)と理珠(りず)の教育係を任される。完全無欠に見えた二人だが実は意外な悩みを抱えていて……!?
購入する

 

主な登場人物

唯我 成幸(ゆいが なりゆき)

 本作品の主人公。幼少期から要領が悪かったが努力を重ねることで成績を伸ばし、努力型の秀才として常に上位の成績をキープしているが、天才でもある文乃と理珠の前では一歩及ばないこともあって目立たず当初は2人からも名前を憶えて貰えなかった(後に憶えて貰い、名前で呼ばれるようになる)。
 独自の方法で教育法を導き出したり、テキストを一晩で作成するなど人に物を教えることに関しては天才肌も秘めている。これは以前から友人達に対し苦手な個所を纏めて書いた写しのノートを渡していた経験に培われた部分も大きく、そうした友達想いの行動から友人達からの信頼も篤い。
 家は貧乏で、父は5年前に死去しており現在は母と妹弟3人との5人暮らしである。

緒方 理珠(おがた りず)

 数学・物理においては敵う者がいないと言われる通称「機械仕掛けの親指姫」。容姿は薄いピンクのショートヘアに眼鏡を掛けており、低身長で胸は大きく、成幸がランジェリーショップで測った際は91cmでGカップ。低身長は本人も気にしているのか、うるかに指摘された際には「ちんまくありません!」と言い返している。
 理系では無類の優秀さを誇るが、それが逆に数値化出来ない、理論によって理解することのできない分野においては足枷になってしまっており、それ故に相手の感情を読み取ることが苦手で、文系は学年最下位レベルと壊滅的である。心理学を学ぶことを志しており、文系の大学を志望している。

古橋 文乃(ふるはし ふみの)

 現代文・古文・漢文を得意とする通称「文学の森の眠り姫」。容姿は黒髪ロングで、カチューシャを付けている。モデル並みだが、胸が小さいためにそれを指摘されると落ち込む。Aカップ。また手先がかなり不器用である。料理もできないが、和洋中なんでもござれと見栄を張っている。
 文系では右に出るものはいないが、逆に理系問題は壊滅的で、本人曰く「数式を見ると頭が真っ白になる」とのこと。しかし、幼い頃に亡くした母親の影響から星に関わって生きることを志し、天文学を学ぶべく理系の大学を志望している。
 父親は威圧的な性格らしく、親子仲は良好とは言えない模様で、文乃自身も威圧的な男性に苦手意識を持っている。

武元 うるか(たけもと うるか)

 成幸の中学時代からの顔馴染みで、通称「白銀の漆黒人魚姫」。活発な性格で、友人とじゃれるのが好き。
 スポーツ特待生であるためスポーツ万能で、水泳部に所属しており25メートルをモーターボートのように素早く泳ぎ切ることが出来る程の運動能力の高さを誇る。スポーツに関しては天才的だが、一方では体育以外の教科は壊滅的である。
 スポーツ推薦の大学に進学を希望していたが、今年度から志望校の推薦入試に大会の実績に加え英語の試験が追加されたことで成幸の教育を受けることになり、成幸の教育法によって徐々に成績を上げていく。

 

この漫画の特徴

得意科目の系統とは逆の志望校を目指す天才の教育係に!?

 理系科目の天才・緒方理珠、文系科目の天才古橋文乃の2人を志望校に合格させることで特別VIP推薦を得ることが許された主人公・唯我成幸は天才2人の教育係になることになった。天才2人の恐ろしさを知っている唯我は何を教えることがあるのか疑問を感じる。


出典:ぼくたちは勉強ができない 1巻より

 ところが、いざ話を聞くと理珠は文系の大学に、そして文乃は理系の大学に進学したいと言い、加えて理珠は文系科目が、文乃は理系科目が苦手であり全く点数の取れない状態であった。

 
 自分の得意分野が活かせる有利な大学に進む方がいいと薦める唯我。しかし、勉強がわからないなりに必死で勉強している姿を見た唯我は彼女たちを見捨てることなく勉強を教える教育係として本格的に彼女たちの力になることを誓う。
 

理珠、文乃、うるかの主人公への恋模様

 勉強を教え、教わる関係は唯我と女子たちの間に強い絆を作り、それがいつしか恋心へと変わっていく。うるかはもともと唯我のことを好きで近づくタイミングを計っている状態。勇気が出ず、中学から平行線だったが、人づてでうるかの気持ちが唯我に伝わり、少しずつ進展を見せていく。
 文乃や理珠もまだ無自覚ではあるが少しずつ唯我に心を開くようになり意識し始めている。今後の展開に期待。


出典:ぼくたちは勉強ができない 4巻より

出典:http://xn--5ck1ak6i789sp0kcry0yk.comより

 

評価・感想

 大方のあらすじは上に記載した通り不得意科目を必要とする学部への進学を希望する天才女子2人に主人公が勉強を教えるという話。2人と接するうちに距離は近くなり恋愛にも発展する!?といった純愛系ラブコメ漫画となっている。ところが、この漫画実はそれほど面白くはない(笑)。
 理由として、勉強を題材にする割には話で出てくる勉強方法はどこかで聞いたような基礎的な手法だったり、キャラ個人に対して有効な勉強方法だったりして知識本としての価値はないこと。さらにジャンルとして恋愛を掲げているがトラブルや片方のアクションでドキドキする場面は多くあるものの序盤に主人公が好きな女子・うるかを出してしまったことで理珠と文乃との進展の可能性が見えづらく、2人と主人公との間で発生するイベントも結局意味のないことなのでは?とドキドキが欠けてしまう描写が多々あったためだ。
 
 勉強方法を学べるわけでもないし、恋愛漫画としても中途半端。しかし、なぜか気づくと最後まで読んでしまっている!
 ・・・面白くはないのになぜ?
 実は、この漫画に出てくる特に主要女子たちの性格や背景など内面的な要素が深く練られているため結果キャラが濃くなり、話を進めるたびに明らかになっていくギャップや新たな発見などによる驚き・感動が他の漫画と比べ群を抜いている。だから主人公のアクションで一喜一憂する彼女たちの反応がもう可愛くてしょうがなくなり読み始めると逃げられなくなる。
 要するに、キャラに恋させるパワーがあり、それが長く読ませる理由になっていると感じた。

 漫画の作法という点で見るとお粗末な部分があるが、それを補って余りある登場人物たちの魅力の表現に長けた漫画、ぜひとも読んでみてはいかがだろうか。

 

評価点:61点

 

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  2. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  3. ドメスティックな彼女とは? [su_list] 現代日本における高校生の恋愛を題材としており…
  4. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  5. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
  6. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  7. MAJOR-メジャー-とは? ・『MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本の漫画。主人公…
  8. 寄宿学校のジュリエットとは? [su_list] 『寄宿学校のジュリエット』は、金田陽介によ…
  9. ヲタクに恋は難しいとは? [su_list] 『ヲタクに恋は難しい』は、ふじたによる日本の漫…
  10. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  2. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  3. 20世紀少年とは? [su_list] 1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッ…
  4. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  5. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  6. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  7. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  8. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  9. ダンス・ダンス・ダンスールとは? [su_list] 『ダンス・ダンス・ダンス―ル』は、20…
  10. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…

次に見るべき記事

  1. 2017-12-19

    『ひるなかの流星』の評価・感想 のんびり女子とイケメン教師の恋愛

    ひるなかの流星とは? [su_list] 『ひるなかの流星』(ひるなかのりゅうせい)は、やま…
ページ上部へ戻る