『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の評価・感想 好きになった方が負け、告白した方が負け、激しいプライドのぶつかり合い!

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~とは?

  • 『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、赤坂アカによる日本の漫画作品。『ミラクルジャンプ』(集英社)にて、2015年6月号から2016年2月号まで連載された。その後掲載誌を『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移し、同年17号より連載中。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/358980/volume1/branch7/

あらすじ

 将来を期待されたエリートたちが集う名門校・『秀知院学園』。
 その生徒会のメンバーである副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行はお互いに惹かれ合っているものの、高すぎるプライドが邪魔をして告白することが出来ない。そうしてそのまま、半年が経過してしまう――。
 素直になれない二人は、いつしか自分から告白することを「負け」と捉え、「いかにして相手に告白させるか」ばかりを考えるようになってしまった。

 そして今日もまた、かぐやと白銀との権謀術数の限りを尽くした“恋愛頭脳戦”が幕を開けるのである・・・。
 

気になったら試し読み!

 
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ (1)
赤坂アカ 集英社
488円 (税別)
「恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦”ラブコメ、開戦!!
購入する

 

主な登場人物

四宮 かぐや(しのみや かぐや)

 本作の主人公。高等部2年A組の女子で、生徒会副会長。弓道部に所属。1月1日生まれ。
 総資産200兆円を誇る巨大財閥『四宮グループ』の令嬢で、容姿端麗な美少女。血筋の良さから、勉学はもとより、芸事・音楽・武芸など何をやらせても高いレベルでこなせる「万能型の天才」である。そのせいか、無意識に他人を見下したり、利用することを真っ先に考えたりもする。また、かなり嫉妬深い性格をしており、白銀と千花が親しげにしていると心の中で千花に対し口汚くののしるなど嫉妬の炎を燃やすが、表面上は通常通りに見せているので二人には気づかれていない。

白銀 御行(しろがね みゆき)

 本作のもう一人の主人公。高等部2年B組の男子で、生徒会会長。9月9日生まれ。O型。
 長時間の勉強により近眼となって目つきが悪いことをコンプレックスにしている。後の話では目つきが悪いのは極度の睡眠不足のせいとされている。学園内では少数派である一般階層の出である。生まれ持って才気煥発なかぐやとは対照的に、彼はいわゆる「努力型の天才」であり、1日10時間の勉強を欠かさず行い、空いた時間でアルバイトもこなしている。学園トップの成績の維持においては、王者として筆舌に尽くしがたいプレッシャーを抱えている。
 かぐやに好意を抱いているが、やはりそのプライドの高さから素直にはなれず、何とか彼女の方から告白させようと腐心している。

藤原 千花(ふじわら ちか)

 本作のヒロイン。高等部2年B組の女子で、生徒会書記。テーブルゲーム部に所属。三姉妹の次女。
 天真爛漫で心優しい性格だが、かなりの天然でもある。曽祖父が元総理大臣、叔父が現職の省大臣を務めている。現在は引退しているが、小学生の頃にピティアピアノコンペで金賞を獲得するなど、音楽も得意分野であり井伊野は「本物の天才」と評している。校内試験の順位は平均レベルで、やればできる優等生だが、かぐやと白銀の心理戦に巻き込まれて次第に順位を落としている。
 白銀に対しては度重なる特訓指導でおかしな母性を発揮するようになった。

 

この漫画の特徴

「いかにして相手に告白させるか」両思いの天才男女が繰り広げる頭脳戦!?

 エリートたちが集う名門校・『秀知院学園』の生徒会長・白銀と副会長。四宮は互いに付き合ってやってもいいという考えから半年の期間を経て、相手にどうやって告白させるかにシフトしていた。また、互いにプライドが高く「好きになった方が負け」、「告白した方が負け」のルールを自身に課し、相手に本心を知られないように振舞うことはもちろん自分自身にさえ気持ちをごまかし、相手に告白させるためだけに2人は恋愛頭脳線を繰り広げる!

 白銀の策略により、行き場を失った四宮は女の武器であるカマトトを発動する。そんな四宮の可愛さにやられて白銀は男の自分から映画に誘わなくてはならないのでは?と思い込まされる。果たして2人は2人で映画を観に行けるのかー? そして申しそうならどっちから誘うのかー?


出典:かぐや様は告らせたい 1巻より


 

初デート?の映画鑑賞。しかし、両者一歩も引かない!

 2人で約束をして映画館に向かったのではなく、あくまで偶然を装いながら四宮の策略により映画館前で出会った白銀と四宮の2人。一緒に映画を観たくて四宮は家の使用人を総動員で動かしたくせに白銀に「待ち伏せていたのでは?」と指摘されると自分のことは棚に上げて心の中で白銀を蔑む。
 一方、白銀も四宮の隣の席で映画を観たいはずなのに「必死に思われるのでは?」とプライドが邪魔をして自分の席を四宮に伝えることをためらう。
 

会長と親しくする書記を呪う四宮

 昼食はいたって平凡な弁当の白銀だが、平凡であるがゆえに金持ちの四宮、藤原の心を掴む。藤原は持ち前の社交性でおかずを簡単にもらうものの、四宮は毎度の強すぎるプライドのせいで素直に欲しいと言えず、嫉妬し藤原を軽く呪っていた。


出典:かぐや様は告らせたい 1巻より


 

評価・感想

 プライドの高い主人公の2人が自分のプライドを維持するため”相手から告白させること”を目標に日々頭脳戦を繰り広げるラブコメ。直接的な告白だけでなく、告白まがいな言動、または行動をしても両者告白方向に誘導する術を使うため、あまり接触したり勘違いされるような行動をとるとアウトとなる。まあ2人は作中あれやこれやと言い訳をしているが要するに「早く付き合いたいけど告白するのは恥ずかしいから相手から告白して欲しい」ということだ。
 でも確かに告白した方が告白された方より立場的に尽くさなければならないようなイメージはある。しかし、2人を見ている限りだと相手を利用したいとかそういう考えでは行動しておらず純粋に好きで照れ屋だからという方がしっくりくる。だからこの漫画を手に取る際、そこは勘違いで欲しい。

 この漫画のサブタイトルにあるように2人の間には常に頭脳戦、心理戦が交わされる。カードゲーム等の遊びはもちろんお弁当や映画館イベントなど時と場所、タイミング関係なく隙あらば言質をとり「自分のことが好きなのでは?」という方向に持って行こうとし、また逆にこの発言は「相手に好きだと伝えることになるのでは?」という引きがあったりと白銀・四宮の押し問答が終始展開される。2人の考え+ナレーション付きなのでどっちがどれほど有利なのかがはっきりして読みやすく内容も深いのでかなり面白い。
 あと心理内でも自分を偽ろうとする四宮にはデレがあり、普通に可愛い。


出典:かぐや様は告らせたい 1巻より


 

 恋愛+頭脳戦という今までになかったジャンルを画一しており内容はかなり新鮮。これまでのすぐに男女がくっつく恋愛漫画とは違ったドキドキが味わえるこの漫画・・・かなり良作です!
 

評価点:100点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. good article very hopeful

ピックアップ記事

  1. エムxゼロとは? [su_list] 『エム×ゼロ』は、叶恭弘による日本の漫画作品。『週刊少…
  2. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…
  3. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  4. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  5. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…
  6. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…
  7. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  8. 徒然チルドレンとは? [su_list] 『徒然チルドレン』(つれづれチルドレン)は、若林稔…
  9. 火ノ丸相撲とは? [su_list] 『火ノ丸相撲』は、川田による日本の漫画作品。川田の初連…
  10. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 約束のネバーランドとは? ・『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原…
  2. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  3. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  4. NARUTO-ナルト-とは?  『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の…
  5. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  6. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  7. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  8. オオカミ少女と黒王子とは? [su_list] 『オオカミ少女と黒王子』(オオカミしょうじょ…
  9. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  10. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…

次に見るべき記事

  1. 2018-1-10

    『ダブルアーツ』の評価・感想 手を繋がなければ死んでしまう?? 名作打ち切りファンタジー

    ダブルアーツとは? [su_list] 『ダブルアーツ』は、古味直志による日本の漫画作品。『…
ページ上部へ戻る