『BEASTARS』の評価・感想 これは恋か?食肉本能か!? 食うか食われるか一触触発の関係!

BEASTARSとは?

  • 『BEASTARS』は板垣巴留による日本の漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて2016年9月8日発売の41号から連載中。肉食獣と草食獣が人のように生活・共存をしている世界を舞台にし、全寮制の学校「チェリートン学園」へ通う動物たちの生活の様子を描いた群像劇となっている。
     
  • 2017年、宝島社から刊行された『このマンガがすごい!2018』のオトコ編で第2位。2018年には、第11回マンガ大賞において大賞を受賞。第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門において、新人賞を受賞。マンガ大賞を秋田書店の作品が受賞するのは『BEASTARS』が初。
     
  • 単行本の累計発行部数は60万部を突破している。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/391934/volume1/

あらすじ

 全寮制、中高一貫のエリート学校「チェリートン学園」。ある日この学園内で、草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きた。警察の見解では学内の肉食獣が怪しいとのことで、生徒である肉食獣と草食獣の間には不穏な空気が流れる。それはテムが所属していた演劇部内においても例外ではなかった。
 演劇部に所属するハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。
 新入生歓迎公演「アドラー」に出演予定だったテムが亡くなったことにより、演劇部は代役を立てることを迫られる。そのやりとりのなかで、レゴシは演劇部の役者長・アカシカのルイに一目置かれるようになり、とある雑務を頼まれる。それはルイたちが本来禁止されている夜間の練習を行っている間、誰かに見つからないように見張りをするというものだった。
 その任に当たったレゴシは、見張りの最中、一匹の草食獣の気配を感じる。次の瞬間、レゴシは自身が持つ本能に従ってその草食獣を捕らえていた。捕らえた草食獣に対する食肉衝動に駆られるレゴシ。しかしルイたちにトラブルが起きたこともあり、すんでのところで食殺は起こさずに済む。

 その一件からしばらく。部の雑務で花を受け取りに園芸部を訪れたレゴシは、そこで小さなウサギの少女ハルと出会う。彼女こそ、あの夜レゴシが襲った草食獣だった。
 レゴシはハルと交流を重ねていくうちに、彼女に対して恋愛感情のようなものを覚えていく。医師であるジャイアントパンダのゴウヒンからは「その気持ちの裏にあるのは彼女を食いたいという『狩猟本能』だ。事を起こしてしまう前に身を引け」と諭されるが、ハルが好きだというレゴシの考えと決意は変わらず、レゴシは肉食獣の本能に抗いながら、ハルへの想いに殉じて行動していくようになる。
 

気になったら試し読み!

 
BEASTARS (1)
板垣巴留 秋田書店
400円 (税別)
肉食獣と草食獣が共存する世界。そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!!
 
ebookjapan BookLive! 楽天
 

 

主な登場人物

レゴシ

 種族 - ハイイロオオカミ 本作の主人公。性別はオス。チェリートン学園の高等部2年生で演劇部の美術チームに所属。担当は照明係。
 体格や戦闘力に見合わず繊細で心優しい性格。物静かで目立とうとはせず他者との付き合いも積極的ではないため、周囲からは近寄りがたい変わった動物だと思われている。幼馴染であるラブラドールレトリバーのジャックは良き理解者。
 肉食獣、ひいてはオオカミであることがコンプレックスで無害な存在でありたいと望む。ハルと出会ったころから様々な経験を経て抑え込んでいた自分を少しずつ出すようになっていくが、ハルへの感情が恋なのか肉食獣としての本能(食欲)なのか懊悩する。

ルイ

 種族 - アカシカ チェリートン学園の高等部3年生。演劇部の役者チームのリーダーで肩書は役者長。性別はオス。
 ホーンズ財閥の御曹司であり、演劇部の花形役者でもある学園のカリスマ的存在。しかし幼いころは裏市で肉食獣用の生き餌として飼育されており、5歳の時にホーンズ財閥の跡取りとしてオグマに引き取られたという過去を持つ。この出自から自らが捕食される側(草食獣)であることに強いコンプレックスを持っており、大型肉食獣として振る舞おうとしないレゴシに一目置いていると同時に、苛立ちも感じている。

ハル

 種族 - ドワーフ種のウサギ 本作のヒロイン。チェリートン学園の高等部3年生で園芸部所属。性別はメス。
 自らに正直な性格で、常に明るく・気丈に振る舞う。しかしその内面には「小型の草食獣」という圧倒的弱者であることへの諦観のようなものを抱いており、体を重ねている間だけは弱者ではなく対等な存在として扱われていると感じられるからと、性行為に対しては積極的かつ奔放に振る舞う。しかしそういった行為がきっかけで動物同士の関係で亀裂を作ることも多く、学内では孤立している。
 ルイとは恋仲であり、異種族であるため結ばれないということを寂しく感じている。

 

この漫画の特徴

動物が人のように生活する世界の話

 草食動物と肉食動物が入り混じった世界のある学校での話。ある日、学校で肉食動物の生徒がラマのテムを食った事件が発生、その事件により多くの動物たちは”肉食動物には肉食動物としての本能が眠っている”ことを再確認することとなった。そんな中、ハイイロオオカミの主人公・レゴシは肉食動物でありながらもテムの死を嘆き、テムの思い人であるメスのラマにラブレターを届けたりと心優しい一面を持っていた。
 しかし、自覚はなくともレゴシもまた肉食動物。ある日の夜、草食動物の影を見たレゴシは本能で姿を一瞬にして柱の裏に隠し、その動物が逃げようとした瞬間一気に襲い掛かりその草食動物であるウサギを無意識で捕獲した。レゴシはそのあと”そのウサギを食ってもいい”、”17年焦がれてた味だ”と言う自分の本能と格闘の末そのウサギを食すことはなかったが自分の本能の自覚することになった。


出典:BEASTARS 1巻より


 

その思いは食欲?恋?

 演劇部に所属するレゴシは演劇のステージ等の装飾に実際の花を使うため演劇部に花をもらいにいったところ、演劇部には以前自分が襲いかけたウサギ・ハルがいた。彼女にはその時に自分がつけた傷を負っており、反省し謝罪しようとするレゴシだったが、ハルはその時に誰に襲われたのかわかっておらずレゴシも勇気が出ずに打ち明けることはできなかった。その後、話すべきか話さないべきかと悩むうちにレゴシはいつの間にかハルに恋をするようになる。
 しかし、裏市場の医者・パンダによればそれは食肉本能が形を変えた恋であり、事が起こる前に早く手を引くべきであると諭される。本当にハルの事が好きなのか、食べたいから好きなのかわからなくなるレゴシだったが、少しずつハルとの関係は進んでいく・・・。


出典:BEASTARS 1巻より


 

評価・感想

 動物たちが擬人化している世界で一匹の狼・レゴシがウサギ・ハルに恋をする話。草食動物と肉食動物が入り混じって暮らすその世界では肉食動物を恐れる草食動物の本能、草食動物を襲い食べたいという肉食動物の動物それぞれの本能が潜在しているという設定があり、レゴシも本能に惑わされながらハルを食べようとしたこともある。話の大筋はハルに恋をしたレゴシはその思いが恋なのか食肉本能から生まれる思いからなのかわからなくなり悩む・・・といった少し異様な青春物語が繰り広げられる。

 この漫画の面白さはそれぞれの動物に対する立場と人間的な感情や性格との矛盾があるところだ。例えば本来肉食動物の方が食う立場の動物のため強気なイメージがあるが作中では弱気で言いたい事が言えず不器用になっていたり、また逆に喰われる立場の草食動物が部長という地位であったり、強気な性格であったりとイメージと実際のキャラに違いがある点がこの話を非常に盛り上げている。
 そのため、肉食動物としてハルを食おうとしたレゴシが、男としてハルに喰われそうになったりという今までにない不思議な描写となり次の展開が読めない点も非常に良いと感じた。
 

評価点:89点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Nice article, i like it!

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  2. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…
  3. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  4. 俺物語!!とは? 『俺物語!!』(おれものがたり)は、原作・河原和音、作画・アルコによる日本…
  5. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  6. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  7. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  8. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  9. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  10. 君に届けとは? [su_list] 『君に届け』(きみにとどけ)は、椎名軽穂による日本の漫画…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  2. 出会って5秒でバトルとは?  『出会って5秒でバトル』(であって5びょうでバトル)は、裏サンデ…
  3. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…
  4. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…
  5. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  6. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  7. 20世紀少年とは? [su_list] 1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッ…
  8. 氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
  9. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  10. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…

次に見るべき記事

  1. 2017-10-2

    5分でわかる『僕らはみんな河合荘』

    僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
ページ上部へ戻る