『自殺島』の評価・感想 自殺未遂者達のサバイバル!??

自殺島とは?

  • 『自殺島』は、森恒二による日本の漫画作品。『ヤングアニマル』(白泉社)にて、2008年22号から2016年No.17まで連載。単行本は14巻までのコミックレーベルはジェッツコミックスで、15巻以降はヤングアニマルコミックスでの刊行となる。
     
  • 作中では、食糧を確保するため登場人物達が狩猟採集をする姿が描かれており、前作『ホーリーランド』と同様に作者の経験を交えながら図解付きでサバイバルに関する説明がなされている。
     
  • 作者の森恒二は実際に何度も南の島に足を運んで海で突き漁をしたり、京都で猟師と一緒に山に入ったりしており、その時の経験があるから狩りのシーンも自信をもって描けたと語っている。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/27488/volume1/

あらすじ

 年々増加の一途を辿る自殺者の費用が国で支えきれなくなり、自殺者は強制的に島流しにされるという噂がネットの中で広まっていた頃、主人公・セイは自殺未遂を繰り返した末に、「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインをしてしまう。
 「ようやく自由になれる。」そう思っていたセイだったが次に目が覚めた時自分はまだ生きており、そして周りには自分と同じ自殺未遂者達が周囲に何人もいることに気付く。そして、ここが自殺を繰り返す“常習指定者”が送り込まれる島「自殺島」であることを知る。他の未遂者達が飛び降り自殺をする瞬間と死に損ねた者のおぞましい姿を目の当たりにし、一時自殺することを踏みとどまったセイは島での過酷なサバイバル生活を行いながら必死に毎日を生き抜くことの難しさと達成感を知り、生きることを望むようになる。
 果たして、島流しにされたセイ達の運命は・・・!?
 

気になったら試し読み!

 
自殺島 1巻
森恒二 白泉社
514円 (税別)
「自殺島」──それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!?極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

 

主な登場人物

セイ

 本作の主人公。自殺未遂の常習者。背の低い青年で物語開始当初は19歳。オーバードラッグとリストカットによる自殺未遂を繰り返し、「生きる義務」を放棄した「常習指定者」となる。その後、意識を取り戻した時、他の常習指定者達と共に自分が見知らぬ孤島に放置されていることに気付く。
 学生時代に出会った先輩の青山から弓矢のことを教わった知識を基に試行錯誤を重ねながら自作の弓矢を完成させる。その弓を使って鹿を狩猟をするようになり、それを通じて命の意味を再認識していくようになる。

リヴ

 常習指定者の1人。本名は「マリア」だが、本土での過去を思い出すため、この名で呼ばれることを嫌がっている。「リヴ」というのはセイが考えた名前で「セイ(生)」や「イキル(生きる)」と同じ「Live(生きる)」という意味を込めてつけたもの。
 母親がロシア人のハーフ。10歳の時、母が自分を置いて故郷のロシアに帰った後、暮らしが荒んでいった父親の元から、父の親戚の家に預けられる。そこで養父から性的虐待を受け続け、その仕打ちに対して心と体を切り離し人形のようになることで耐えてきた。

カイ

 常習指定者の1人。セイが自殺未遂をした後に送致された施設で出会った青年。セイより1歳年上。冷静な視点で物事を見据えている。リョウと共にグループの指導者となり、農作物による食糧の確保を目指すが、他のメンバーとは一線を引いた態度が多い。
 しかしその本性は「人間という種族に生きる価値など無い」という歪な価値観の持ち主であり、悩みを抱える者に近付き、優しく接しながらも、絶望を煽るようなことを吹き込み、グループの人間を次々と自殺に追いやっていた。

リョウ

 未遂者とは思えぬ程、活力に満ちた青年。グループのリーダー格となり、皆を引っ張る。明るくて人懐こく、女性からの人気も高い。
 かつて同棲していたエリという恋人を交通事故で亡くして以来、エリの元へ行くことばかり考え、彼女が事故死した交差点で何度も自殺を試みたが、それでも死ねなかったという過去を持つ。
 自分の死に場所を自分で決めたいという思いから本土への帰還を望み自作の筏で有志と共に本土へ戻ろうと試みるが、哨戒していた巡視艇に筏を破壊された。

 

この漫画の特徴

自殺未遂者たちが連れて行かれたのは自殺島

 オーバードラッグ、リストカットなど自殺を望む主人公・セイは自殺未遂の常習となっていた。ある時運ばれた病院で一命を取りとめたセイに医師が生きる権利を放棄するかと尋ねたためセイは”終わらせてくれ”と切に頼む。
 しかし、次に目を覚ました時、セイは自分と同じ自殺未遂者たちとともにある島へと置き去りにされていた。その島は国で抱えきれなくなった自殺者を置き去りにするための島、通称・自殺島。島の看板には自殺者に向けたメッセージが書かれており、そこにはすでに自分たちが死亡扱いとなっていること、そして生きる権利と義務を放棄したため国があなたたちの権利を遵守しないと書かれていた。


出典:自殺島 1巻より


 

狩猟採集を行い全力で生きようとする自殺未遂者たち!

 自殺島についてからすぐに命を絶つ者、怖くなって自殺を一時止める者、そして生きようと必死になる者とに別れた。自殺を一時でも考えた者たちの中で周りの人間との共存を考え引っ張っていくリーダーが現れる。賢く現状をしっかり把握しみんなに助言する形で頼りになるカイと未遂者とは思えないくらい活力に溢れ周りを明るくするリョウの2人だ。
 2人は数十人のリーダーとなり飲み水のある場所を探し当てたり、夜の強姦を止めさせたり、そして食料確保のために狩猟採集を行ったりと全員が共存していくために治安を守り、生きるための活力を与えてくれていた。それでもやはり自殺をしてしまう人も出てきてしまうが、彼らのおかげでほとんどの者が生きることに必死になっていた。


出典:自殺島 1巻より


 

生きる資格があるのかを確かめるために弓を作り狩に出る主人公・セイ

 セイは偶然にも自殺島に生息する鹿にかなり近いところまで接近した。鹿達はセイを見るなりすぐに山の深いところに駆けていってしまったが、セイは鹿達のもつ生命力を純粋に感じ取る。
 鹿を食して仲間に食べさせてあげたい、鹿の持つエナジーを手にしたい、そして自分には生きる資格があるのか知りたいという思いからセイは学生の時に知った弓作りを思い出し、弓矢を密かに作り上げる。完成後は速やかに山へ入り鹿を追うが、果たしてセイは鹿を捕えることができるのか・・・?


出典:自殺島より


 

評価・感想

 一度人生を諦め命を粗末にしようとした自殺者たちが集められた島・自殺島で主人公たちがサバイバルするという話。ただサバイバルをさせるのではなく自殺未遂者にサバイバルさせるという1ポイントが加わったことによって、”自殺未遂者なのにサバイバルをする”という矛盾と矛盾を矛盾としない登場人物たちの心理的変化が深く語られた漫画となっている。
 自殺未遂者たちが生きることへの考えをサバイバルで改めその考え話す内容は単なるサバイバル漫画の基本的な心得や考え方だったりするものもあるが”自殺未遂者がそこまで考えた”という点がネックとなり説得力が倍以上になって伝わってくるのが特徴だろう。

 登場人物達の気持ちの変化に多くはフォーカスされるもののサバイバル方面もかなり面白いのがこの漫画の特徴だろう。特に、冴えなかった主人公が自分に生きる資格があるのかどうかを確かめるために弓矢を作成し島でのサバイバルで初めて1人で鹿の狩りを成功させる場面は非常に感動的。さらに子犬を飼ってさらに狩の成功率をあげていったりと、狩人として成長が著しく他登場人物の重要人物となっていくのもかなり見もの!
 

評価点:90点

 

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  2. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  3. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  4. ヲタクに恋は難しいとは? [su_list] 『ヲタクに恋は難しい』は、ふじたによる日本の漫…
  5. 東京喰種~トーキョーグール~とは?  石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしなが…
  6. 三月のライオンとは?  『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画…
  7. ちはやふるとは?  『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画、およびそれを原作としたテレ…
  8. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  9. 喰う寝るふたり 住むふたりとは? [su_list] 『喰う寝るふたり 住むふたり』は、日暮…
  10. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. アイシールド21とは? ・『アイシールド21』(EYESHIELD 21, アイシールドにじゅ…
  2. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  3. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  4. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  5. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  6. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  7. 出会って5秒でバトルとは?  『出会って5秒でバトル』(であって5びょうでバトル)は、裏サンデ…
  8. ぼくたちは勉強ができないとは? [su_list] 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志…
  9. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  10. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…

次に見るべき記事

  1. 2017-9-17

    5分でわかる『君のいる町』

    『君のいる町』とは? ・『君のいる町』は、瀬尾公治による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(…
ページ上部へ戻る