ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 6巻(45話)〜10巻(90話)

ONEPIECE~ワンピース~とは?

  • 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。
     
  • 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。
     
  • 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
     
  • 国内累計発行部数は日本の漫画では最高となる3億6000万部を突破している。また、第67巻は初版発行部数405万部、第66巻は初動週間売上227万5000部の国内出版史上最高記録を樹立するなど、出版の国内最高記録をいくつも保持している。
     
  • 1999年よりテレビアニメがフジテレビ系列で放送されており、東映アニメーション製作のアニメ作品としては最長のロングラン作品になっている。
     

表紙画像・出典:http://shonenjump.viz.com/content/op-wallpapers

あらすじ

 時は大海賊時代。かつてこの世の全てを手に入れた男、〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。
 「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。しかし、ルフィはシャンクスが敵船から奪った「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、全身が伸び縮みするゴム人間となる代わりに、一生泳げない体になってしまう。
 それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出す。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。
 シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。
 

ONEPIECE 第6巻 "誓い"

 
 
ONE PIECE 6巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第45話 "嵐前"

 腹を空かした他人の海賊に料理をご馳走する優しいコック・サンジに仲間になれと接触するルフィ。しかし、サンジは店で働かなくてはならない理由があるとルフィの誘いを断った。
 オーナーに見つかり、雑用を請け負ったルフィ。厨房では皿を割りまくり、つまみ食いしたりと邪魔ばかりして厨房から追い出さ、オーダーを取るように言われる。するとテーブルにはゾロ、ナミ、ウソップの3人が食事しており自分を差し置いて!とルフィが怒る。

第46話 "招かれざる客"

 ルフィのサンジヘの誘いを知ったゼフはこの期にサンジに海賊になって店から出て行けと言い放つ。しかし、サンジはてめえが死ぬまでこの店でコックを続けてやると言い返した。
 二日後、サンジが助けたドンクリークの手下・ギンが船長であるクリークを連れてバラティエにやってきた。腹を空かしたクリークは店を襲わないし、金も払うからと土下座をしてまで水と食料を要求する。しかし、だまし討ちを得意とするクリークを信用できずコック達はクリークから店を守る為追い払おうとする。しかし、サンジは再びコックとしての維持を張り、料理を作りクリークに食わせる・・・。

第47話 海賊艦隊提督"首領・クリーク"

 料理を食って体力を取り戻したクリークはサンジを吹き飛ばし、この船をもらうと宣言。さらに船員100人分の食料と水をよこせとコック達に命令。だまし討ちを受けながらも、サンジはクリークの命令に従うように100人分の食料を用意しに厨房へ向かおうとするが他のコックたちはサンジに銃を向けてこれ以上の行動を阻止。
 まだ動けるのはクリークだけだとパティが砲弾をクリークに放つが、クリークは金の防具を身にまとい無傷。それどころか、防具に仕込んだ銃を乱射しコック達を威嚇した。誰も俺に逆らうなと言うクリークにゼフは自分から100人分の食料を手渡すのだった。

第48話 "その航路、やめときな"

 クリークはゼフがかつて赫足のゼフと呼ばれた海賊であり、グランドラインに入り、傷を負いながらも無事帰還したことを知っていた。そこで再びグランドラインりワンピースを手に入れる為ゼフに航海日誌をよこせと言う。航海日誌は譲れないと言うゼフ、そしてワンピースを手にすると言う言葉に今まで黙っていたルフィがもう反論。海賊王になるのは俺だとルフィは一歩も引かない。
 一旦飯を食わすために船に戻っていったクリーク。ギンはこんなことになるとは思わなかったとサンジに謝罪、しかし、サンジは腹を空かせた奴にメシを食わせるのはコックとしての正義、しかし、略奪者としてこの店を奪う気ならば遠慮なく殺すとギンに言い放つ。

第49話 "嵐"

 クリークはグランドラインに入ってすぐ、"鷹の目・ミホーク"に大艦隊を潰されていた。鷹の目はゾロの目標とする男であり、倒すべき大剣豪。ゾロの目的は完全にグランドラインに絞られる。
 一方、クリークの一味はレストランからもらった食料を口に運び復活。レストランを奪い、再びグランドラインを目指そうと躍起になった・・・その次の瞬間だった。クリーク達の乗るガレオン戦は横に綺麗に三等分され一気に沈み始める。
 また、その波に乗じてナミはメリー号と宝を全て持ってどこかへ逃げてしまっていた・・・。

第50話 "己々が路"

 ヨサクとジョニーを騙して船から落としたナミは自分は海賊専門の泥棒であり手を組んでいただけだと言い、この期にルフィたちから全てを奪っていってしまった。もうあいつのことは諦めようと言うゾロだが、ルフィは頑なにナミが航海士出なくては嫌だと言う。仕方なく、ルフィ以外の4人がメリー号を追いかけようと準備を始めようとした時、ゾロはガレオン船を切った張本人である鷹の目のミホークがすぐそばにいることを知り、勝負を挑む。
 ガレオン戦を意味なく叩き切るほど暇なミホークはゾロからの勝負申し出を受け入れる・・・。

第51話 "ロロノア・ゾロ 海に散る"

 ゾロの三本の刀に対してミホークが取り出したのは首からぶら下げていた小さなナイフ。どういうつもりだと言うゾロにミホークはここイーストブルーは最弱の海、これ以下の刃物は持ち合わせていないと完全にゾロをナメた様子。しかし、ゾロの鬼斬りはそのナイフ一本で抑えられ、技を繰り出せど繰り出せどミホークに刃が届くことはない。
 そして、ゾロの繰り出す三刀流奥義・三千世界とミホークの黒刀がぶつかる。両手の剣は折れ、結果はゾロの負け。背中の傷は剣士の恥だと、ミホークの一撃を正面から受け止めた・・・。

第52話 "誓い"

 ゾロはミホークに手も足も出せずに敗北。ミホークはゾロに名を名乗り、強くなり自分を超えて見せろと言い放つ。そしてゾロは剣を高く掲げてルフィにもう二度と負けないと誓ったのだった。
 ゾロとウソップ、そしてヨサクとジョニーはメリー号を奪ったナミを追いかける。ミホークが帰ったことで再び暴れ出したクリーク。ルフィはけじめをつけるためにレストランに残り、ゼフにクリークを追い払ったら雑用をやめていいか?と提案する・・・。

第53話 "サバガシラ1号"

 レストランの船を奪い、ゼフの一年の航海日誌を手に入れればグランドラインで生き残ることができるのはもちろん、大秘宝への活路が開けると言うクリークの言葉に再び活気を取り戻す一味。しかし、コック達も足場となるヒレを展開し、海上兵器"サバガシラ"を出動させる。
 コックと海賊がぶつかり、ルフィも参戦。サバガシラも砲弾を撃ちながらクリークに接近していく。しかし、クリークはサバガシラを片手で止め、しかも海上レストランめがけて放り投げた。店に突っ込むその瞬間、サンジがサバガシラを蹴り飛ばしそれを防いだ。

出典:ONEPIECE 第6巻より
 

ONEPIECE 第7巻 "クソジジイ"

 
 
ONE PIECE 7巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第54話 "パールさん"

 相手は海賊、海のコック達とは実力に差があり簡単に追い払うことはできない。パティたちが一旦は攻めるもののクリーク海賊団第2部隊隊長"鉄壁のパール"が戦闘に加わりパールの盾で弾かれてしまう。そこでサンジが現れ海賊達を足技でなぎ払い、パールと戦闘する。
 一方ルフィvsクリークはクリークの鉄球がルフィを襲い、弾かれたルフィはそのままパールの後頭部に直撃してしまう。これまでの戦闘では血を一度も流したことのなかったパールがルフィの激突で鼻血を流してしまったことで・・・?

第55話 "JUNGLE BLOOD"

 自分の鉄壁が崩されパールは身の危険を訴え、そして燃え上がる(?)。火がついた真珠を船内に放り投げては火を散らばらせるパール。しかし、サンジは「炎が怖くて料理人が務まるか」と火に包まれるパールの懐に飛び込んで蹴りを入れていく。そして、鼻血で怒っていたパールの顔面にサンジの踵がヒット。ルフィもまた順調にクリークの攻撃を回避しつつ勝負はコック達の優勢かと思われた。
 しかし、ギンがゼフの義足を折り、銃を突きつけ人質にとってしまう。

第56話 "やなこった"

 ゼフを殺されたくなければ船を降りてくれと言うギンにサンジはやなこったと抵抗。その隙をついてパールがサンジをもう攻撃する。船を捨てれば全員の命は助かる、簡単な話だろう?と説得を続けるギンだが、海上レストランはゼフの宝。自分がゼフから全てを取り上げてしまっただからゼフもその宝のレストランも失わせるわけにはいかないとサンジは言う。
 サンジがゼフを想うこととなった理由は9年前にある。サンジがまだ見習いコックとして働いていた船をゼフ率いるクック海賊団が襲った時のことだった。

第57話 "夢在るがゆえ"

 クック海賊団船長・ゼフの前に両手に包丁を持ったサンジがゼフの前に立ちはだかる。こんなところで殺されるなら殺してやるとゼフに立ち向かうが蹴り飛ばされてしまうサンジ。しかし、ゼフにやられる前に高波にさらわれ、サンジは海へと放り出されてしまう。何を思ったか、ゼフはサンジを助けるため海へと飛び出す。
 次にサンジが目を開けた時、そこは食料も何もない岩山でゼフと共に打ち上げられていた。助けを待つしか道はないというゼフは助けまでのしのぎに打ち上げられた食料をサンジに手渡す。しかし、食料の入った袋はゼフの方が3倍も大きい。ずるいと言うサンジをゼフは力でねじ伏せるのだった。

第58話 "クソジジイ"

 岩山からは十分遠くまで海を見渡すことができ、また食料は20日分に分けることができた。助かるだろうという考えがサンジを強くするが25日目にサンジの持つ食料は底をつき、そして30日、50日、70日と時はすぎるが一向に助けは来ない。
 ある時、サンジがゼフの生存を確認しに行くとまだ生きているゼフとまだ食料の入った大きな袋がそばに置かれていた。食料を殺してでも奪ってやるとゼフに近づき食料を奪おうとする。しかし、袋の中に入っていたのは財宝。ゼフはサンジに食料を全て与え、自分は自分の足を切って食べていたのだった。なぜ、自分を助けたのか?と問うサンジにゼフは自分と同じ"オールブルーを見たい"という夢を持っていたからだと説明する・・・。

第59話 "恩"

 サンジはパールに何度攻撃されても立ち上がる。それは一時でも長くここがレストランであるためだと言う。死ぬつもりでレストランを守ろうとパールの攻撃を受け続けるサンジに痺れを切らしルフィは海上レストラン右のヒレの足場をゴムゴムの斧で破壊する。そして船を沈めると言うルフィにサンジは反発、しかし、シャンクスのことを思い出したルフィは死ぬことは恩返しではないと言い返す。
 サンジの考えや思いを知ったギンはさらにサンジに攻撃を与えようをするパールをトンファーで粉砕。裏切ったのかと問うクリークにギンは恩人は自分の手で葬らせてくださいと言い返す。サンジvs海賊艦隊戦闘"総隊長"ギン。

第60話 "ケジメ"

 サンジには傷つくことなく船を降りて欲しかったがそうもいかないことを悟ったギンは自らの手でサンジを葬ることが自分のケジメであると言う。クリークはルフィの一歩も引かない態度に強さというものを教えてやると肩の盾?を取り外しルフィに向ける。その様子に慌てるギンやクリーク海賊団の一味たち。クリークが放とうとしているのは毒ガス弾と見せかけた手裏剣弾。クリークが得意とするだまし討ち攻撃だった。   
 サンジvsギンの戦い。ギンはトンファーの使い手で、異名は「鬼人」。武器から生まれる破壊力とギンの素早い動きでサンジは一瞬で地に伏せさせられてしまう・・・。

第61話 "鬼"

 ギンに伏せさせられてしまうがうまく回避し蹴り技をギンに叩き込むサンジだが場数がありクリークの戦闘隊長をはっているだけあり、サンジが焦るほどの強さをであった。しかもサンジはすでに自分の攻撃ですらも衝撃に耐えられないほどのダメージを受けており、再び捕まってしまう。
 そしてサンジにトドメを刺そうとするギンだったが、ギンの手は止まり目には涙を浮かべ、サンジを殺すことを拒否。金もないのに飯を食わせてくれたサンジへの恩が鬼人・ギンを止めたのだった。

第62話 "M・H・5"

 ギンはクリークを裏切る気など一切なかった、そしてクリークへの尊敬も忘れてはいなかった。だが、サンジを殺すことはできないとギンはクリークに言う。そしてさらに、「この船を見逃すことはできないだろうか」と涙ながらにクリークに提案。しかし、クリークがそれを認めるわけもなくギンにガスマスクを捨てろと言い、毒ガス弾”M・H・5”を放った。
 ルフィやサンジ、他のコック、海賊たちはガスマスクをつけたり、海に潜ったりとガスを回避する中、対策をしなかったギンは毒ガスを吸ってしまい倒れる。クリークのやり方にルフィは怒りをあらわにする・・・。

出典:ONEPIECE 第7巻より
 

ONEPIECE 第8巻 "死なねェよ"

 
 
ONE PIECE 8巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第63話 "死なねェよ"

 サンジとコックは毒で倒れたギンの介抱を行うが、クリークはカス野郎とギンを罵る。ギンに意地でも生きろと言うルフィはクリークの槍を受けても剣山を身にまとっても恐れることなく突っ込みクリークに一撃。
 ここは俺の死に場所じゃねえと言うルフィにだったら誰のだ!?貴様だろ!と言いながら攻撃を繰り出すクリーク。ルフィも負けずに蹴りを顔面に入れ、お前のだよとどちらも一歩も譲らない!

第64話 "大戦槍"

 恐れずクリークに立ち向かい、何度も打ち倒すルフィにクリーク一味は慌てふためく。悔しさを滲ませるクリークは盾?を合わせて持ち手を伸ばし、大きな槍・大戦槍を手に持つ。大戦槍は触れれば爆発を起こす仕組みになっており、再びルフィを押し返す。槍の猛攻、それに合わせて発動する爆発にルフィは何度も立ち向かう。しかし、ルフィが爆発を受けてでも立ち向かったのは槍の刃を破壊するためであり、何度もルフィの攻撃を受けた刃はちょっとした衝撃で割れてしまうのだった。ルフィの反撃がはじまる。

第65話 "覚悟"

 刃は無くなっても触れたら爆発の効果は残っていると臆すことなくルフィへの攻撃を続けるクリーク。ルフィも負けじとゴムゴムのガトリング、ゴムゴムのブレッド、そしてゴムゴムのバズーカをクリークの防具に叩き込んでいく。無力、小賢しいとルフィを挑発するが次のゴムゴムのバズーカでクリークの防具は大破!
 ルフィの一撃がクリークの腹部に直撃する!

第66話 "噛み殺した槍"

 攻撃を受けてなお、うかれるなとクリークは腕に仕込んだ網でルフィを捕らえる。クリークの目的は悪魔の実を食べてカナヅチとなったルフィをそのまま海に落とそうという考えだった。自分の勝ちを確信するクリーク、しかし、ルフィは網の間から手足を出すとクリークの顔を両足で掴み"ゴムゴムの大槌"で足場となっていた甲板にクリークを頭から叩きつける。
 クリークを打ち倒したルフィの勝利で戦いは終わった。

第67話 "soup"

 毒ガスを吸い、なお一命を取り留めたギンはルフィにグランドラインでまた会おうと言う言葉を残し、倒れたクリークと一味を連れてその場を後にした。
 そして戦いの後、ルフィは目を覚ましコックたちと飯を済ませることに、今日の当番はパティたちだったがスープはサンジの作った自信作のスープだった。しかし、コックたちはスープだけを取り上げて不味い、豚の餌か?と床にスープをぶちまける。終いにはオーナー・ゼフまでスープを酷評しサンジは怒りその場から出ていく。うまいのになぜ?ルフィがそう言うと、サンジを海へ連れ出すためにコックたちが一芝居うっていたのだった。

第68話 "4人目"

 ナミの進路を把握したためルフィたちにそれを知らせにヨサクが戻ってきた。ナミが向かった場所はとんでもない場所、ルフィの力が必要だと言うヨサクにルフィ了解し今すぐそこへ向かうことに。すると、サンジも目的のため一緒についていくと言う。
 コックたちの後押し、そしてゼフと同じオールブルーを見るという夢を叶えるため海へ出ようとするサンジ。するといつもチビだとバカにするゼフから「風邪をひくなよ」と言われ、一気に思いが溢れてきたサンジは土下座。そして「お世話になりました」とゼフに礼を伝える。また会おうぜクソ野郎どもと再会を誓い、サンジを連れたルフィたちは海へ出る。

第69話 "アーロンパーク"

 仲間が5人集まり、ついにグランドラインへ突入に夢を募らせるルフィ。しかし、ヨサクはそんな呑気なルフィに一喝。ヨサクはナミが向かった場所とはあの鷹の目のミホークも所属する王下七武海に所属する魚人海賊団船長"ジンベエ"と肩を並べる実力を持つ魚人のアーロンが牛耳る土地だと言う。
 一方、そのアーロンパークではアーロンに親を殺された子供が1人アーロンに立ち向かおうとするのを止めるナミの姿があった。ナミは子供を殴り飛ばし金を与えアーロンに近づくなと言う。ナミはアーロン一味の幹部であった。

第70話 "男ウソップ大冒険"

 アーロンパークにたどり着いたゾロ、ウソップ、ジョニー。早速斬り込むか?と危ない判断をするゾロを船に括り付けたウソップとジョニーはアーロンパークを一旦離れて隣町へと進路を変更。しかし、うろついていた魚人を発見し、ゾロを置いて2人は逃走、廃墟化したゴザの町にたどり着く。しかし、ウソップは魚人にまだ追いかけられていることに気づかず追い詰められてしまう。腹をくくったウソップは魚人に攻撃をしようとするがココヤシ村のノジコに止められ気絶。
 ウソップが目を覚ますとそこはノジコの家。ウソップはナミと義姉妹であるノジコからナミがアーロンの一味であることを聞く。

第71話 "万物の霊長"

 ココヤシ村で仲良く育ての親とノジコと3人で暮らしていたナミは自分の村を裏切って一味に入っていたと知るウソップ。自分の村を守る戦いにも協力してくれたり、船でもあんなに楽しそうにしてたのにとウソップは怒る。
 一方、ウソップたちに船に置き去りにされたゾロはアーロンの目の前に座らされていた。捕まっているのに半魚野郎と一歩も引かないゾロの前に現れたナミをみてゾロは驚く。アーロン一味の"測量士"と知ったゾロはナミにそれが本性かと問う。そうだ、と言うナミだったがアーロンの発言で様子が変わったのを見逃さなかったゾロは手足を縛られているにも関わらずわざと自分から後方の海へと身を投げ捨て、ナミの"本性"を伺った。

出典:ONEPIECE 第8巻より
 

ONEPIECE 第9巻 "涙"

 
 
ONE PIECE 9巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第72話 "分相応"

 アーロンの目的はイーストブルーにアーロン帝国を作ること。そのためには反乱は絶対に許さないというアーロンは武器を所持していたゲンさんを殺そうとする。しかし、それを見ていたウソップは怯えながらもアーロンに火薬星を打ち込む。ゲンさんは助かったもののウソップはアーロンの逆鱗に触れ、アーロンは民家をなぎ倒し、怒りで吠える。
 ナミがココヤシ村を通り、姉・ノジコと共にお墓参り。村のみんなを助けるため、1億ベリーでココヤシ村を買う約束をアーロンとしていたナミはあと7百万ベリーでそれが叶うことを唯一の希望としていた。

第73話 "偉大なる航路"から来た怪物

 タコの魚人のラッパの音で呼ばれたはずの海獣モームは呼んだ張本人のタコの魚人の前ではなくルフィたちの船から香る料理の匂いにつられて出る場所を間違えた。狙いは飯だと気づくとルフィはゴムゴムの銃で攻撃、サンジも蹴り飛ばしモームをノックアウト、そのままモームに船を引っ張らせるのだった。
 一方、ウソップを捕らえ、村から帰ってきたアーロンたちは同胞たちが倒れている
ことに気づく。同胞を全滅させたのはゾロの仕業だった。魚人達はゾロが逃げたのは裏切りが十八番のナミの仕業では?と疑いの目をナミに向けるのだった。

第74話 "仕事"

 魚人達から疑われるナミはあと少しで村を解放できるのに…と焦る。そこで、ウソップを棍で殴りつけ、そして「自分の手で消してあげる」と言うナミ。逃げようとするウソップを阻止してウソップの腹をナミがナイフで刺した。ウソップはそのまま海へ、ナミは魚人達の疑いを晴らした。

第75話 "海図と魚人"

 モームの引っ張りにより加速したルフィ達の乗る船はモームが島に激突すると同時に空へと舞い上がる。船は大破するが怪我もなく無事に着地したルフィ達はその場に偶然いたゾロと合流。ゾロはウソップが捕まってしまい早く行かなければ殺されると言うが、ルフィ達の前に現れたジョニーはすでにウソップはナミの手によって殺された言う。ルフィは俺たちは仲間だぞ!?とジョニーと怒鳴り散らす。そこにナミも現れて・・・。
 一方、魚人達のから島を解放するために支部の海軍が魚人達に攻撃を仕掛ける。ココヤシ村の村人達は期待を寄せるが海から攻撃し、海を武器にできる魚人達には手も足も出せずに海軍の船は沈んでしまった。イーストブルーにはアーロンを止めることのできる者は誰もいない、村人達は悲しみを露わにする。

 

第76話 "ねる"

 現れたナミに迎えにきたというルフィ。しかし、ナミはルフィ達に近づいたのはお金のため。一文無しには興味はない、島から出て行けと言い放つ。それに対してルフィは島を出る気はないし、この島で何が起きているのか興味はないしで一旦寝る。
 一方、ココヤシ村をびしょ濡れでウソップが歩いていた。実はナミはウソップを殺してなどおらず、ウソップを刺したように見せかけナミは自分の手をさしていたのだった。ナミのことを考え直したウソップはアーロンパークに向かっているであろうゾロを止めるためにその道を駆けるがウソップはゾロとサンジの喧嘩に巻き込まれてしまう。そしてアーロンとナミの関係について疑問を抱くルフィたちの前にノジコがやってきて・・・。

第77話 "夢の一歩"

 ノジコの口から語られたのはナミの過去。孤児だったナミとノジコは育ての親であったベルメールと3人でお金はなくとも仲良く暮らしていた。小さな頃から正確な海図を書くことができ、すでに航海術についても勉強を始めていたナミはいつか自分の航海術で世界中の海を旅して世界地図を作ることが夢だった。ベルメールにもその夢を応援される。
 ある日、ナミはちょっとしたことでノジコと喧嘩し、家を飛び出す。美味しい料理を作るからナミを連れ戻してきてとベルメールは言い、ノジコがナミを迎えに行った時、港にアーロン一味が島を自分の支配下にすると宣言し、上陸した。

第78話 "ベルメールさん"

 ココヤシ村にやってきたアーロンは大人1人に10万ベリー、子供1人に5万ベリーを奉納金として支払え、払えなければ殺すと村人達に命じる。仕方なく奉納金を支払う村人達。魚人達は村の外れにあるベルメールの家にも気づいた。
 元軍人のベルメールはすぐにアーロンの襲来に気づき、銃を口に突きつけるが、アーロンに銃を噛み砕かれてしまう。そして痛みつけられるベルメール。ゲンさんに言われてベルメールは奉納金10万ベリーを払う。しかし、ベルメールはわざわざ「金は子供2人ぶんの金であり自分のではない」と打ち明けてしまう。口先だけでもナミとノジコの親になりたい、そう言ったベルメールはアーロンの条件の通り見せしめとして殺されてしまうのだった。

第79話 "生きる"

 自分の判断で人間が死んでいくさまを見て笑うアーロン。そしてナミ達の家からナミが描いた見事な海図を見つけ、貴重な人材だとナミはアーロンに連れ去られてしまう。ナミを助けるためにゲンさんや村人は戦うが皆魚人達の力に敵わず傷をおうばかりばかりだった。後日、アーロン達が島に住み着くことを知った村人達は結束し、アーロン達と戦おうと団結する。その時だった、連れ去られたはずのナミが村へと帰ってきた、がしかし、測量士としてナミは一味に加わり大金を受け取っていた。
 ナミが一味に入った本当の理由は一億ベリーを稼いでココヤシ村を買うため。ナミはその日、1人で戦うことを決めた。

第80話 "罪は罪"

 村を救える唯一の取引のために親を殺した張本人の一味に身を置いているナミの現状を理解したウソップとサンジ。そしてその戦いはもうすぐに終わるから何もしないでほしい。ノジコはルフィ達にそれを説明しにきたのだった。しかし、ナミとノジコの思いはナミを訪ねてきた海軍によって邪魔されてしまう。ナミが泥棒をして稼いだ一億ベリー近い金を海軍は没収しようとしてきたのだ。ナミの声もゲンさん声も無視して海軍は村を買い取る唯一の金をナミから取り上げる。しかも、その海軍はアーロンに買収され、アーロンの差し金で動いた海軍だった。
 

第81話 "涙"

 ナミが村を買う話は自分とノジコだけではなく村人全員が知っている話だった。つまり、それがなくなった今、村人達は戦うしか選択肢がなくなってしまうそう思ったナミは結束する村人達の前に立ち、また貯めなおすから待っててと、皆をなだめようとする。しかし、村人達はよくこれまで1人で戦ってくれたと感謝をナミにに伝えるだけで一切引かず、戦うことを止める気はなかった。
 膝をつき消沈するナミ。そんなナミの前にルフィが現れる。今まで投げやりにしてきたルフィに「助けて」とナミ。やっと仲間に頼りにされたルフィは「当たり前だ!」とゾロ、ウソップ、サンジを連れてアーロンパークへと殴り込む!

出典:ONEPIECE 第9巻より
 

ONEPIECE 第10巻 "OK,Let's STAND UP!"

 
 
ONE PIECE 10巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第82話 "OK,Let's STAND UP!"

 ルフィは一言名乗ると、アーロンを拳で殴り飛ばす。うちの航海士を泣かすなよとルフィは怒りを露わにする。ルフィに続き、ゾロ、ウソップ、サンジも参上。たった4人の下等種族に何ができる?と笑うアーロン。そしてタコの魚人・ハチが巨大な海獣を呼ぶ。
 現れた海獣はルフィとサンジが海で出会ったモーム。相手がルフィたちだと知るやいなや逃げ出そうとするモーム。しかし、アーロンの威圧が巨大なモームを怯えさせ、モームはルフィ達に向かってくる。それに乗じて魚人海賊団達もルフィ達に襲いかかるがルフィは「時間の無駄だ」と両足を地面に差し込みモームを掴んで振り回す。モーム、そして魚人海賊達は幹部とアーロンを残して全滅した。

第83話 "ルフィ IN BLACK"

 魚人と渡り合える人間がいるなんて・・・。村人達はただただルフィ達の活躍をアーロンパークの外から見ていた。
 魚人海賊団幹部のハチはゾロに騙されたと因縁をつけてゾロに勝負を挑む。また、ウソップはキスの魚人・チュウとサンジはエイの魚人・クロオビと戦うことに。一方ルフィはアーロンに悪魔の実の弱点とモームを振り回すために地面に差し込んだ足が抜けないことを逆手に取られて、足に大岩をつけたまま海へ放り投げられてしまう。
 ゾロとサンジはルフィを助けるため、幹部を秒殺して助けに行かなければならなくなってしまう。

第84話 "ゾンビ"

 ルフィを海に投げ入れられ、勝負を焦るゾロとサンジ。ゾロはハチの間抜けな攻撃に狂わされ変な時間稼ぎをさせられる、しかも、攻撃は受けてはいないがミホークとの対戦での傷が癒えておらず倒れてしまう。サンジもそんなゾロの調子を心配しているうちにクロオビの一撃を受けてしまい・・・。
 一方、ヨサク・ジョニー、そして村人達はルフィを助けなければと躍起になる。ルフィの救出にはゲンさんとノジコが名乗り出て2人はルフィの元へ急ぐのだった。

第85話 "三刀流対六刀流"

 ミホークに折られた剣の代用にヨサクとジョニーの剣を借りてゾロは三刀流となる。腕の数が多く、剣の数も多い自分の方が強いというハチの剣をあっさりとかわしハチを斬る。刀の数ではなく剣の(思いの)重さが違うというゾロに対し、ハチは俺の剣も重量感はたっぷりだと言い返す。
 ハチの刀は一度も受けてはいないもののミホークの傷が開いて血だらけのゾロだったが、ハチの六本の剣を破壊し、"龍巻き"でハチを粉砕。ゾロが一足先に魚人海賊団幹部に勝利する。

第86話 "騎士道VS魚人空手"

 ルフィを助けに海へ入ろうとするゾロをサンジが止める。もう時間がないというゾロにサンジが出した答えは水中戦だった。案の定サンジを追いかけてきたクロオビは水中で自在に動きまわり、サンジを追い詰めていく。技もロクに決まらないサンジに対し、クロオビの攻撃はしっかりと炸裂。息も持たなくなったサンジはクロオビのエラに空気を流し込み、苦しんだところで一旦浮上。
 さっきまでやられ放題だったサンジはクロオビに蹴り技を叩き込んでいく、そして最後に"羊肉"ショットを決めて、サンジの勝利となった。

第87話 "終わったんだ!!"

 一方その頃、ウソップは村からアーロンパークまでの道中でチュウにやられたフリをしてその場をやり過ごそうとしていた。魚人から逃げ、終わった後のできなかった言い訳ばかり考えるウソップに村人達の覚悟や仲間達の思いが交錯し逃げようとする自分を思い直す。そしてチュウを呼び止め戦闘開始。遊びの海賊は終わり、本物の海賊になったんだと気持ちを強く持つが、やはり力では圧倒的に差があった。
 しかし、得意のだまし討ちと知識で魚人を必殺"火炎星"で火達磨にすることに成功。

第88話 "死んで!!!"

 火達磨となったチュウは水を求めて田んぼに駆け込む。しかし、ウソップはそれに追い打ちをかけるようにウソップハンマーで追撃。立ち上がろうとするたびにハンマーを叩き込んでなんとかウソップが勝利する。
 一方、アーロンパークではアーロンの攻撃によりゾロとサンジが地に伏していた。そこへ傷の手当てを終えたナミが到着。アーロンはナミに自分に再びついて村人と助かるか、ルフィたちについて全員で戦ってみるかどっちにつく?とナミに問いかける。ナミの答えは自分はルフィ達の仲間、だから村人達に一緒に死んで!と全員で覚悟を決める。

第89話 "交替"

 ノジコとゲンさんの気転でルフィのゴムの体を生かして首だけを外に出し、心臓マッサージをする方法でルフィは無事意識を取り戻す。あとは足の岩だけとなり、サンジは海へそしてゾロは重症のままアーロンに立ち向かう。アーロンはゾロの包帯を剥がし、痛々しい傷跡を露わにする。なぜこの状態で立っていられるのかとゾロへの危険度を察知したアーロンはゾロを殺そうとする。しかし、その間にルフィの足枷となっていた岩をサンジが蹴り砕き、ルフィは復帰。勢いで空高く舞い上がる。
 アーロンに捕まっているゾロを見つけたルフィはゾロを掴んで交替と言いながらゾロをアーロンパークの外へと吹き飛ばす。

第90話 "何ができる"

 アーロンはアゴで岩を砕いたりと魚人という種族の力を見せつけ、人間とは絶望的な差があると言う。人間という下等種族であり、そして、海に沈んでも上がってこれないお前に何ができるんだとアーロンはルフィに問う。ルフィは剣術も航海術も料理も嘘をつくこともできない、でも、お前には勝てるとアーロンに言い放つ。
 アーロンはすぐに生え変わる自身の歯を両手に持ち、武器としてルフィを攻撃し始める。

出典:ONEPIECE 第10巻より
 

ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 11巻〜15巻へ続く・・・

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  2. ばらかもんとは? ・ばらかもん』は、ヨシノサツキによる日本の漫画作品。『ガンガンパワード』(…
  3. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  4. エムxゼロとは? [su_list] 『エム×ゼロ』は、叶恭弘による日本の漫画作品。『週刊少…
  5. 俺物語!!とは? 『俺物語!!』(おれものがたり)は、原作・河原和音、作画・アルコによる日本…
  6. 東京喰種~トーキョーグール~とは?  石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしなが…
  7. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  8. 暗殺教室とは? ・『暗殺教室』(あんさつきょうしつ)は、松井優征による日本の漫画作品。『週刊少…
  9. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…
  10. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  2. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  3. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  4. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  5. 出会って5秒でバトルとは?  『出会って5秒でバトル』(であって5びょうでバトル)は、裏サンデ…
  6. ドラゴン桜とは? [su_list] 『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、三田紀房による日本…
  7. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  8. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  9. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  10. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…

次に見るべき記事

  1. 2017-9-16

    5分でわかる『月刊少女野崎くん』

    月刊少女野崎くんとは? ・『月刊少女野崎くん』(げっかんしょうじょのざきくん)は、椿いづみによ…
ページ上部へ戻る