『彼女はまだ恋を知らない』の評価・感想 【傑作】お嬢様と使用人の許されない恋!

彼女はまだ恋を知らないとは?

  • 『デラックスベツコミ』2013年の号より『彼女はまだ恋を知らない』が連載。全5巻。

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/260822/volume1/

あらすじ

 名家の一人娘・杏奈に密かに想いを寄せる居候の高校生・空太。
 時代が違えば”杏奈はお姫様”。そんな彼女を想うことは許されないという考えはあるものの、報われない恋に悶々とし、まだ異性としての意識が鈍い杏奈に空太は振り回されっぱなし。
 そんなある日、東條グループ総帥の3番目の息子・龍也が杏奈の婚約者が現れる。自分にはどうすることもできず龍也を認めるしかないと思っていた空太だったが、龍也は杏奈との結婚は政略結婚であると割り切って他の女と遊んでいることを知る。
 「杏奈にふさわしい誠実な人が現れるまで杏奈は俺が守る」そう龍也に空太は宣言するのだった・・・。
 

気になったら試し読み!

 
彼女はまだ恋を知らない (1)
藤沢志月 小学館
400円 (税別)
町一番の屋敷に居候している高校生・空太。彼を日々悶絶させるのは、屋敷のひとり娘・杏奈。まだ中学生の彼女を汚してしまう前に…まずは自分がどうにかなってしまいそうなその同居生活に、空太の知性も理性も陥落寸前。触れることは許されない…触れぬには生きられない…ここは――監獄だ!
 
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

清和杏奈

 本作のヒロイン。15歳。木登りや釣りをしたりと好奇心旺盛で、屋敷に当初からいた空太とは幼馴染で親友。色恋には無関心のくせに積極的なため空太を困らせることがしばしば。
 大きなお屋敷を持つ名家・清和家のお嬢様だった母がよその男の子供を孕り、家を飛び出した。その時に身ごもった子が杏奈。そして5歳の時に母が病気になり、屋敷に帰宅。その後母とは死別し祖父に可愛がられて育てられてきた。母の件もあり祖父は認めた許嫁と結婚させようとしているが、杏奈はそこに特に興味がない。

空太

 本作の主人公。17歳。勉強は優秀で容姿も良くイケメン、屋敷にやってきた杏奈とは幼馴染で片思いの相手。
 清和家使用人の祖父祖母のよしみで空太は清和家に居候している。成長するに連れて自分の身分と杏奈への想いを理解し、杏奈と節度ある距離感を保とうとするが彼女は昔と同じ様子なので嬉しいが少々困っている。昔から杏奈の支えになってきていたが恋愛等に発展させないため秘書の瀬能に留学を勧められたりなどあからさまな策を講じられる。

東條寺 龍也

 東條寺グループ総帥の三番目の息子で杏奈の婚約者。東京の大学院に通っている大学院生。
 杏奈と婚約関係にあるが複数の女性と関係を持ち、縁組みや政略結婚に愛や誠実さなど必要ないと考えている。さらには結婚できない空太に対し愛人としてそばにいることはできるんだからと空太を言いくるめようとした。
 不誠実そうに見えるが、実は過去に本気で恋をしていた女性が政略結婚により別れざるおえなかった経験をしており、立場で言えばむしろ空太を応援する側であったりもする。

 

この漫画の特徴

昔と変わらず無邪気な杏奈はひたすら空太を困らせる

 まだ恋を知らない15歳のお嬢様・杏奈は昔の無邪気さをずっと持ち合わせたまま空太とこれまでと同じように接してくる。空太のベッドで寝たり、風呂上がりは上着一着で済ませたりと、もう先に大人となり杏奈を好きになってしまった空太は困り果てる。しかも、杏奈は清和家のお嬢様。使用人の空太が手を出して良い身分の人ではない。
 好きなのに近づいてはいけない、でも彼女の気持ちを無視できず近づくこととなってしまう葛藤に空太はいつも悩まされていた。このまま何も進展せず一緒にいられれば良いと思う空太だったが、杏奈の誕生日パーティに杏奈は婚約者と会うと知り・・・。


出典:彼女はまだ恋を知らない 1巻より


 

杏奈の婚約者は女たらし!?

 誕生日パーティで熱を出して婚約者には会えなかった杏奈だったが、後日、婚約者である東條寺龍也が屋敷まで挨拶にやってきた。礼儀正しい美青年で杏奈と釣りをして遊ぶ約束をし、さらに自分にも気を使って遊びに誘ってくれる。彼はきっと杏奈にふさわしい人なのだろうだと空太は思う、がしかし、その夜、屋敷の外で複数の女と電話でやりとりしている東條寺を空太は見てしまう。
 東條寺は東條寺との縁組みは清和の悲願だから清和のための結婚であり、そしてどうせ政略結婚なのだから愛や誠実さは必要ないと考えていたのだった。これまでの杏奈の幸せを守り続けてきた空太はこれからの杏奈の幸せを任せる相手として東條寺はふさわしくないと東條寺に言い放った。


出典:彼女はまだ恋を知らない 1巻より


 

空太を杏奈から遠ざけるために留学を提案される空太

 清和の主人に仕える執事のような秘書のような主人の右腕的存在の瀬能が屋敷にはいる。彼はもちろん主人の意思を尊重し、東條寺と杏奈の結婚を優先するようにしているため杏奈と空太が必要以上に仲良くすることを快くは思ってはいなかった。そこで瀬能は「たとえ空太でもあまり異性とは仲良くしないほうがいい」と杏奈に助言するが、杏奈は相変わらずのため全く話が通じない。
 そこで瀬能は杏奈が物心つき年頃を迎えるまでは空太を留学させバックアップするという形で2人を離そうとした。留学は勉学が非常に優れているためという理由だったが同時に杏奈から自分を遠ざけるための理由づけであることがすぐにわかった空太。話に一瞬戸惑う空太だったが、絶対に結ばれないはずの杏奈といつまでも一緒にいるのは自分が苦しいのでは?と答えを出し、空太はイギリスへ留学することを考え始めるのだった・・・。
 

評価・感想

 本作はお嬢様と使用人の許されない恋を現代版にした設定で、杏奈が好きだが身分の違いにから好きになってはならない空太とまだ恋も恥じらいも知らない無邪気で空太にはかなり積極的なお嬢様・杏奈との恋愛を描いた内容となっている。まだまだ子供な杏奈は子供の時点で許されていた、遊んだり、寂しくなったら一緒に時間を過ごしたり、一緒に寝たりということを平気でできるが、もうすでに大人となり男女というものをはっきり理解した空太にとっては杏奈の行動は本人も言うようにまさに拷問。しかも杏奈が好きでそれは許されないという設定がさらに空太を窮屈にし、いつ空太が本能のままに杏奈に気持ちを打ち明けてしまうのか杏奈がいつ恋愛について自覚し、空太の気持ちに気づくのかという2点が大きな見所。

 全巻で5巻と巻数が少ないが打ち切られたわけでは無く、5巻という長さで物語がしっかりと完結している。物語的には余計な部分がなく非常に綺麗な終わり方をしているため、一気に読みやすい。あまり有名にはなってはいないが絵やキャラの良さはもちろん、登場人物達の考えや主人公が悶々とさせられている様子がよく伝わり非常に面白いと感じた
 最後の結末もただゴールするのではなく物語全体で抱える謎が解けたりと印象に残る感動があった点も大満足。原作が小説なんじゃないかと勘ぐってしまいました。『彼女はまだ恋を知らない』是非ともおすすめ。
 

評価点:84点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Nice article, i like it!

ピックアップ記事

  1. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  2. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  3. ばらかもんとは? ・ばらかもん』は、ヨシノサツキによる日本の漫画作品。『ガンガンパワード』(…
  4. 悪の教典とは?  『悪の教典』(あくのきょうてん、英表記:Lesson of t…
  5. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  6. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  7. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  8. 中卒労働者から始める高校生活とは? [su_list] 『中卒労働者から始める高校生活』は佐…
  9. CITYとは? [su_list] あらゐけいいち氏最新作『CITY』、本日9月29日(木)…
  10. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  2. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  3. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  4. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  5. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  6. 鋼の錬金術師~FULLMETAL ALCHEMIST~とは?  『鋼の錬金術師』(はがねのれん…
  7. ソウナンですか?とは? [su_list] 『ソウナンですか?』(そうなんですか?)は、岡本…
  8. 約束のネバーランドとは? ・『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原…
  9. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …
  10. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…

次に見るべき記事

  1. 2017-10-23

    5分でわかる『クロス・マネジ』

    クロス・マネジとは? ・『クロス・マネジ』は、KAITOによる日本の漫画作品。『少年ジャンプN…
ページ上部へ戻る