『あおざくら 防衛大学校物語』の評価・感想 【驚】こんな理不尽な青春は見たことがない

あおざくら 防衛大学校物語とは?

  • 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざくら ぼうえいだいがっこうものがたり)は、二階堂ヒカルによる漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2016年22・23合併号から連載中。
     
  • 神奈川県横須賀市にある自衛隊の幹部自衛官を養成する「防衛大学校」を舞台とした作品。本作を描くきっかけとなったのは、担当の「防大には知られざるすばらしい青春がある」という発言から。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/382447/volume1/

あらすじ

 高校3年生の近藤勇美は成績優秀だが、実家の定食屋が廃業するという経済的事情から進路の選択を迫られる。そんなある日、入学金・学費が免除される上、毎月手当が出るという防衛大学校を知り、同校への進学を志望する。高校を卒業して防大に着校した近藤は、対番を務めることになった松平容介や、様々な目標を持つ沖田蒼司、原田忠、武井寅明といった仲間と出会い新たな生活の一歩を踏み出すが、入校式を終えると部屋長の坂木龍也やサブ部屋長の西脇鷹史をはじめ上級生たちの態度は激変し、厳しい指導が始まる・・・。

気になったら試し読み!

 
あおざくら 防衛大学校物語 1巻
二階堂ヒカル 小学館
400円 (税別)
あおざくら 防衛大学校物語 1巻の内容
勉強好きの高校生・近藤勇美は食堂を営む実家が再開発で潰れることになり、進学を諦めかけていた。だが、学費無料どころか給料がもらえる防衛大学校のことを知り、見事合格する。近藤を待つ世界とは……!? 幹部自衛官を養成する機関・防衛大学校を舞台にした疾風怒濤の青春物語、開幕!!
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

1学年

近藤 勇美(こんどう いさみ)

 本作の主人公。防大の1学年で、第1大隊第1中隊第3小隊113小隊所属。
 4月12日生まれ。B型。170cm / 62kg。東京都調布市出身。都立調布木多高校卒業。家族構成は両親と妹(理絵)。
 筋金入りの勉強好きで、高校時代は都内でも有数の進学校で学内トップの成績を収めており、早慶への進学も狙えたが、家庭の経済的事情から防大に進学した。実家は定食屋「近藤食堂」を営んでいる。金銭のやり取りや、物の貸し借りにはシビア。料理も得意としている。
 防大内で数少ない異性の乙女と親しいことや幼馴染の常代の存在は115号室のメンバーには羨ましがられている。

沖田 蒼司(おきた そうじ)

 防大の1学年で、第1大隊所属。
 8月20日生まれ。O型。182cm / 68kg。東京都港区出身。私立麻布西高校卒業。
 父親が海上自衛隊の海将補で、自分も同じように自衛官として役立ちたいと考えている。可愛らしい容姿と温厚な性格をしているが、要領の悪さから入校式の終了後に上級生たちから目を付けられている。毎日の生活がおぼつかず、115号室の仲間に助けられてばかりいることに引け目を感じながらも、身近な目標である近藤に追いつこうと日々奮闘している。一方外国語(特にフランス語)が得意で、座学の成績は良いことが匂わされている。

原田 忠(はらだ ただし)

 防大の1学年で、第1大隊所属。
 7月6日生まれ。A型。185cm / 81kg。愛媛県今治市出身。県立今治第二高校卒業。家族に弟がいる。
 ムードメーカー的な存在で、高校時代は野球に打ち込んでいた。将来は自衛隊海外派遣に参加し、世界各国の人々に貢献したいと考えている。
 器用なタチで、勉強を除く大抵のことはそつなくこなす一方で、幼少期から弱い者に対しては若干尊大に振る舞う傾向もあり、その慢心から授業中に銃の部品を紛失する騒ぎを起こす。さらにミスが続いたことから思い詰めて脱柵騒ぎを起こすも、近藤に諭されて防大に留まる。

岡上 乙女(おかがみ おとめ)

 防大の1学年で、第1大隊に所属する女子生徒。第1大隊第1中隊第2小隊112小隊所属。
 1月1日生まれ。A型。162cm/49kg。高知県高知市出身。私立土佐筆山高校卒業。
 ポニーテールの髪型が特徴で学内では美少女との評判がある。高校時代はなぎなたで全国優勝した経験があり、女子部屋の覗きに入った松平と近藤を追いかけまわす猛者ぶりを見せた。
 4学年の坂木とは実の兄妹で、両親が離婚したため違う苗字となっているが、その後も頻繁に連絡を取り合っている。

4学年

坂木 龍也(さかき りゅうや)

 前期は近藤らが生活する115室の部屋長。第1大隊所属。
 1月3日生まれ。A型。165cm / 55kg。高知県高知市出身。私立土佐筆山高校卒業。自衛官の父親を持つ。喫煙者。
 威圧的で厳格な性格であり、下級生からは「鬼の坂木」と呼ばれ恐れられている。入校式を終えた1学年の下級生たちに厳しい指導を課す。1学年の岡上乙女とは実の兄妹だが、そのことは4学年以外には秘密にしており、ひょんなことから秘密を知った近藤に色々と目をかけている。

西脇 鷹史(にしわき たかし)

 前期は近藤らが生活する115室のサブ部屋長。第1大隊所属。
 12月7日生まれ。A型。191cm / 90kg。鹿児島県鹿児島市出身。県立鶴九高校卒業。
 坊主頭に太眉の大柄な男。近藤らが着校した当時はにこやかな態度で接していたが、入校式の終了後は坂木と同様に規律に厳しく恐れられる存在となる。一方で、同部屋の1年生達に気前良く高級中華料理を振る舞ったり、失敗続きと脱柵未遂で落ち込んでいた原田をプロ野球観戦に連れ出したりと、基本的には後輩思いの優しい性格である。

 

この漫画の特徴

お金により進学を諦めていた主人公が防衛大の良待遇に惹かれ・・・

 テストではいつも学年一位で頭が良く、テスト前になればクラスメイトのためにテストに出るポイントをまとめたノートを作成し、一泊二日2百円で貸し出したりと仲間思いであると同時に金に厳しい性格の主人公・近藤勇美。しかし、近藤は優秀ではあったが家が自営業のために学費を出すことが難しいために、大学に進学することを止め、家の食堂を継ぐことを決めていた。
 でも心のどこかでは何かでかいことをしてやりたいと思っていた近藤。そんな矢先、担任から防衛大学校の進学を勧められ、そこは受験料、入学金、学費がタダ、しかも特別国家公務員という身分の扱いを受け毎月給料がもらえるという願ってもみない良待遇であることを知る。”ならば”と近藤は防衛大学校の受験を決意。その後は持ち前の頭の良さで試験をパスし、はれて防衛大学校の学生となった近藤は着校日の4月1日寮へと入るのだった。


出典:あおざくら 防衛大学校物語 1巻より


 

お客様の時間は終わりだ

 4月1日に神奈川県横須賀市防衛大学校の寮に入った近藤は個性豊かな同期と早速仲良くなる。さらに、4学年の部屋長達により歓迎会が開かれたり、生活に必要なものは全て奢ってもらったりと優しい先輩達に囲まれ、近藤の防衛大学校に対する不安は薄まっていった。
 そして4月5日の入校式。新入生は学校長から学生として任命され、服務の宣誓を行い、これをもって近藤達新入生は正式に防衛大学校の1学年となった。ところが、入校式を終えた直後、優しかった先輩達は急に目の色を変えて新入生達に厳しく接し始める。入校式前に優しく教えられたことを実践し、できなければ全員で腕立てを行い連帯責任を負ったり、時には個人に大量の反省文を書かせたりと先輩達の変わりように戸惑う近藤達。4学年の部屋長・坂木は正式に1学年となった以上、「お客様扱いは終わりだ」と本来の防衛大学校の厳しさを近藤達に教え込んでいくのだった。


出典:あおざくら 防衛大学校物語 1巻より


 

何度も意味のない反省をさせられる理由とは?

 1人が失敗をしたら連帯責任で腕立てやスクワット。部屋に入る時に挨拶を失敗したら先輩が納得するまでやり直し。食事が遅ければ反省文。しかも、嫌がらせと言わんばかりに整理整頓ができていないと部屋を荒らしたり、ベッドを木の上にかけたりと先輩達のやり方は厳しいどころか明らかに度を超えていた。次第に増えていく反省文と意味のわからない嫌がらせに勉強の時間を取られ”なんの意味があるのか?”と疑問を感じる近藤は部屋の仲間を連れて、部屋長に直接を質問をする。
 坂木の答えは”特に意味はない、自分たちが与えている反省はただの理不尽”であり、理不尽を知らなければならないと言う。続けて坂木は自衛隊の士官になるにあたって災害派遣や外国からの侵略防衛など有事の際に指揮を取らなくてはならないが、いつも理屈通りに物事は運んではくれない。そんな中で冷静に的確な判断を下せるようになるためには今から理不尽に慣れておかなくてはならない、そのために理不尽を実行するのだと近藤達に説明した。
 しかし、近藤は「理屈はわかるが、納得はできない」と坂木に言い返すのだった。


出典:あおざくら 防衛大学校物語 2巻より


 

評価・感想

 防衛大学校を舞台にした一風変わった学園漫画。同期と仲を深め合ったり、女子と仲良くなったりと一般の大学と同じような生活もあれば、自衛隊の士官になるために一つのミスで連帯責任を負わされたり、理不尽な反省文を書かされたりと普段では絶対に知ることのない防衛大学生の厳しい日常が描かれた学園漫画のマイナー的なジャンルとなっている。一見とっつきにくそうな内容だが主人公がお金を求め入学しただけで序盤は自衛官になるという意思はほとんどないということから全く防衛大に対して興味のない人でも物語に入りやすく、置いてけぼりを喰らうことはなく読みやすい。
 ちなみにギャグや恋愛の要素は薄く、実際の防衛大の学園生活をそのまま漫画にしているためか友情や先輩との絆を深め合ったりという描写がほとんどを占めている。

 この漫画の良いところは防衛大の魅力を伝えるのと同時に防衛大そのものを伝えているところだろう。体つきがよくなったり、精神的に強くなったり、他の一般の大学では人間関係が希薄になりがちだが防衛大では横だけでなく縦の繋がりも密に絡み充実した学園生活を謳歌できそうという印象を受けた。また、防衛大での外出イベントや銃訓練、遠征など各種イベントごとは実際の防衛大経験者も認める内容であり、現実で防衛大を目指す人が読めばそこでの生活をよりリアルに想像することができるはずだろう。
 あと、ちなみに自分はこの漫画を読んで防衛大に行きたいとは思わなかった。現実として考えた時に、防衛大を目指そうと思うには超えなくてはならない壁が多すぎて魅了されることはなかった。発表当時は「自衛隊への勧誘行為だ!」「若者への洗脳だ!」と言われていたがそのパワーはこの漫画にはないのでもしそういった部分を気にしている人がいるならば安心して読んでほしい。

評価点:76点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. good article very hopeful

ピックアップ記事

  1. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  2. 我妻さんは俺のヨメとは? [su_list] 『我妻さんは俺のヨメ』(わがつまさんはおれのヨ…
  3. ちはやふるとは?  『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画、およびそれを原作としたテレ…
  4. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  5. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  6. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  7. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  8. 火ノ丸相撲とは? [su_list] 『火ノ丸相撲』は、川田による日本の漫画作品。川田の初連…
  9. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  10. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  2. 氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
  3. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  4. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  5. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  6. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…
  7. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  8. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  9. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  10. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…

次に見るべき記事

  1. 2017-9-12

    5分でわかる『バレーの球語(たまご)』

    バレーの球語(たまご)とは? ・バレーの球語(たまご)は2017年1月1月から裏サンデーで隔週…
ページ上部へ戻る