ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 31巻(286話)〜35巻(336話)

ONEPIECE~ワンピース~とは?

  • 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。
     
  • 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。
     
  • 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
     
  • 国内累計発行部数は日本の漫画では最高となる3億6000万部を突破している。また、第67巻は初版発行部数405万部、第66巻は初動週間売上227万5000部の国内出版史上最高記録を樹立するなど、出版の国内最高記録をいくつも保持している。
     
  • 1999年よりテレビアニメがフジテレビ系列で放送されており、東映アニメーション製作のアニメ作品としては最長のロングラン作品になっている。
     

表紙画像・出典:http://shonenjump.viz.com/content/op-wallpapers

あらすじ

 時は大海賊時代。かつてこの世の全てを手に入れた男、〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。
 「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。しかし、ルフィはシャンクスが敵船から奪った「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、全身が伸び縮みするゴム人間となる代わりに、一生泳げない体になってしまう。
 それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出す。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。
 シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。
 

ONEPIECE 第31巻 "ここにいる"

 
 
ONE PIECE 31巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第286話 "シャンドラの魔物"

 エンジェル島&アッパーヤードにエネルの落雷が落ちるのを見ていたワイパーはかつて酋長の口から語られた大戦士カルガラの話を思い出していた。酋長は言う、”カルガラには1人の親友がいた、彼の名はモンブラン・ノーランド”であると。
 400年前ー"偉大なる航路・ジャヤ"でのこと。ジャヤには訪れた海賊たちを巨大な鉄球を振り回し、海賊を追い払う"シャンドラの魔物・カルガラ"が。そして"偉大なる航路"とある海原では食料がつき遭難していた仲間達のために探検船提督のノーランドが巨大な海王類を捕えていた。
 2人の化け物じみた男達が出会う日は近い。

第287話 "神殺し"

 大時化に見舞われていたノーランドを乗せた探検船は突如聞こえてきた鐘の音を頼りにジャヤへと辿り着く。
 ところがジャヤではシャンドラの一族が謎の病に多くの者が倒れ一族存続の危機を迎えていた。病気の正体とその治し方を知るノーランド達はすぐに島の者を救おうとするが、病気のことなど知らず神の仕業と怯えるシャンドラの一族は神の声が聞こえるという最長寿のパントリの”カシ神様に村の娘を生き贄に捧げよ”という言葉を信じ、村のため村の娘を巨大なウワバミの生贄にしようとする。
 祭壇にて村の娘が今まさにウワバミに喰われようとしていた時、ノーランドは一族が神と崇めるウワバミを殺して村の娘を救出するのだった。

第288話 "祟り"

 ウワバミを殺したノーランドの所業に声を荒げるシャンドラの一族。すぐに一族1の戦士カルガラがノーランドへと襲いかかる。侵入者を許さないシャンドラの戒律、そして神殺しの大罪を犯したノーランド達を殺すというカルガラに対し、ただ無駄に血を流す儀式は探検家や研究者達への侮辱だとカルガラの意見に真っ向から対立するノーランド。村の悪霊(病気)を払ってみせると息巻くノーランドはシャンドラの酋長に猶予を与えられ、病気を治す薬を手に入れるために森へと向かう。
 次の日の明け方島で大きな地震が発生した。"神の祟り"だと、すぐにでもノーランドを殺しに向かうカルガラだったが・・・。

第289話 "望月"

 島に起こった突然の地震により、地面の隙間に挟まってしまったノーランド。薬は手に入れていたがいくらもがいても地面から抜け出すことができず体力だけが奪われて行く。そんなノーランドをカルガラが見届けているとウワバミ(の子)が現れノーランドへと襲いかかろうとする。「お前を裁きに来た」のだと言うカルガラにノーランドはシャンドラを襲う病気”樹熱”について説明し、薬はすでに手に入れていること、そして偉大な進歩を踏みつけにしていると声を荒げる。ノーランドの言葉に心を動かされたカルガラはウワバミを殺しノーランドに村を託した。
 そして、ノーランド達の作った薬により、村は救われる。

第290話 "シャンドラの灯"

 病魔の危機が去り、未だジャヤに滞在するノーランドとカルガラは親友とも呼べるほど仲を深めていた。そこでカルガラはノーランド達をシャンドラが守り続ける"黄金都市"へと連れ行き、歴史の本文と黄金の鐘を見せるのだった。
 気の済むまで島にいろと言うカルガラの言葉にあやかりノーランドは樹熱の面倒はもちろん、島にしかない植物の研究、そして島にはない植物をシャンドラの一族に与えたりと一族の進歩の大きく貢献する。
 しかし、漂着より一ヶ月後のこと。一族はノーランド達を嫌悪し、カルがラに至っては”顔も見たくない”と吐露する。

第291話 "ここにいる"

 一族の怒りの原因は先祖が宿るといわれる一族の大切にしていた身縒木をノーランド達が切り倒してしまったこと。しかし、ノーランド達が木を切ったのは木に一族を襲った病気が移り、病気はやがて島を殺してしまうと知っていたためだった。ノーランドの部下に真意を聞いたカルガラの娘は一族にそれを伝える。
 理由を知ったカルガラはノーランドのいる船へと急ぎ、そして黄金の鐘の音が鳴り響く中、カルガラとノーランドは再会を誓い合う!

第292話 "あふことは片われ月の雲隠れ"

 ノーランドはルブニール王国の王に黄金都市シャンドラの話をする。話を聞いた王は提督をノーランドとし王自ら船に乗り込んで黄金都市へと向かうが、にわか訓練の兵士では"偉大なる航路"を乗り越えられず多くの被害が出てしまう。
 そして長い旅の末、ノーランド率いる王とその部下はジャヤへとたどり着く。しかし、島は何故か半分以上がなくなってしまっていた。「自分を騙したのか!?」と怒れる王は帰国後ノーランドを虚言の大罪で”打ち首”とし、ノーランドは国民の「うそつき」という言葉の中処刑されてしまう。
 カルガラ達を乗せたジャヤの半分はノックアップストリームによって空へと飛ばされていたのだった。

第293話 "舞曲"

 「俺たちはここにいる」とノーランドへ伝えるためカルガラはシャンドラの灯である黄金の鐘を鳴らそうとするが空に来てから神の軍勢に大地を奪われ、以降鐘は一度も鳴っていない。幼子だった頃のワイパーは先祖の無念を晴らすため、そしてノーランドに届かせるため、黄金の鐘を鳴らすことを強く誓うのだった。
 エンジェル島、アッパーヤード、シャンディアの住処、黄金都市、神の社と至る所に雷を落とし、青海に全てを還そうとするエネルの最終目的は黄金の第鐘楼のみ・・・。一方、ロビンが口にした黄金の鐘という言葉に敏感に反応するワイパー。鐘はおそらく蔓の頂上付近にあると予想に皆耳を傾ける。

第294話 "雷迎"

 ロビンの予想と同じく蔓の頂上付近を飛行し黄金の鐘を捜索するエネルの元に一歩一歩近づいて行くルフィ。「面白いものを見せてやる」とエネルは球状となった巨大な雷雲の塊"雷迎"を落としエンジェル島を消し去ってしまう。
 空にいる全員が恐怖する中、ルフィは自分を連れ戻しに来たナミの言葉を遮り、下にいるクリケット達に教えてやるために「黄金の鐘を鳴らす必要がある」とエネルに立ち向かう!

第295話 "巨大豆蔓"

 エネルにになんとか近づこうとするが、ルフィはエネルの雷により何度も阻止されてしまう。そうこうしている間にエネルはついに黄金の鐘の元へと到達してしまい、目的を果たしたエネルはエンジェル島を消し去ったものよりもさらに巨大な雷迎を作りスカイピアを消し去ろうとする・・・。
 逃げるためにルフィを説得しに来たナミだったが黄金の鐘を鳴らしたいというルフィの思いを汲み取り、ナミはルフィがエネルに到達できるようにサポートすることに。手始めに”西に切り倒せ”とメッセージを書いた葉をゾロ達の元へと届けた。

 

ONEPIECE 第32巻 "島の歌声"

 
 
ONE PIECE 32巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第296話 "最終局面"

 ゾロにより巨大豆蔓が切られ、ウワバミの頭突きで傾くがそれでもなお巨大豆蔓が倒れる事はなかった。ところが、ルフィがノーランドの子孫・モンブランクリケット達に”黄金郷が空にあったことを鐘の音で伝えようとしている”ことをワイパーは知り、ルフィ達に協力するように排除貝で蔓を破る。
 蔓はゆっくりと傾く中、ウェイバーにルフィを乗せてナミは"憤風貝"を全開にしてエネルのいる黄金の鐘の元へと駆け上がる。

第297話 "大地讃称"

 ルフィの接近を恐れ、エネルは万雷をアッパーヤードに集中砲火。しかし、大地は沈むどころかビクともしない!
 万雷をかわして黄金の鐘を渡せと言い蔓から飛び上がるルフィにエネルは雷雲が溜まった"雷迎"を落とす。雷迎の中は気流と雷の渦、ルフィでもどうなるかわからないと言うナミだったが、ルフィの右腕についた黄金の玉が内部の雷を放電させたことで雷迎は割れるようにして消え去った。

第298話 "島の歌声"

 居場所を伝えるシャンドラの灯、戦いの終わりを告げる島の歌声、そしてモンブランクリケット達に黄金郷があったことを伝えるため様々な思いを乗せてルフィは"黄金回転弾"でエネルの向こう側に聳える黄金の鐘を鳴らそうと狙いを定める。
 エネルは"2億V雷神"と電熱の槍でルフィを一時撤退させる。しかし、すぐに体勢を立て直したルフィは"黄金回転弾"でエネルの"雷神"を破りそのまま黄金の鐘をとらえる。ルフィの一撃により大きく揺れた黄金の鐘はその音を島中に響かせるのだった。

第299話 "幻想曲"

 届け!聞こえているかサル達!と吠えるルフィの声をかき消すように黄金の鐘の音が島中に響き渡る。美しいその鐘の音は空にいる多くの者の心を慰め、島の歌声として戦いを終わらせ、シャンドラの灯としてカルガラとノーランドを繋ぐ。
 音はもちろん青海にいるクリケットとサル達にも聞こえており、空に浮かぶルフィの影も確認していた。無事でよかったぜとルフィ達の安否を確認し安堵する。

第300話 "交響曲"

 戦いは終わり、シャンドラの一族、ルフィ達、そして空の者達全ての者が黄金都市シャンドラへと集う。
 エネルに殺されたと思われたコニスの父パガヤ、そしてガンフォールの部下もなんとか生きており家族と再会を果たす。しかし、空の者はシャンドラも含めて今までの住処を失ってしまっている。戦いは本当に終わったのか?と疑問を持つ者も多くいたがとりあえず、今日、この日だけは誰も戦いを望んではいない。
 シャンディアの一族も空の者もそしてルフィ達も大きな火を囲んで宴を楽しむのだった。

第301話 "我ここに至る"

 宴が終わった夜のこと、皆が寝静まったのを確認してルフィが仲間達を起こし、”黄金を奪って逃げる”ことを提案。そしてルフィ、ナミ、チョッパー、サンジはウワバミの中に入り腹のなかにあった黄金を奪う(?)。
 一方、ロビンは引き上げられた黄金の鐘の元へと足を運んでいた。鐘楼にはめ込まれた歴史の本文を読み解き、さらにゴール・D・ロジャーがその文を最果てへと導いたことを知る。今まで守り続けていた歴史の本文はすでに導かれており、シャンディアはもう鐘を守り&戦う理由はないのだった。
 もとの場所へ戻るロビン。するとルフィ達がすでに黄金を手に入れ、逃げる準備万端。礼をしようとする空の者を置いてルフィ達は空島から逃げ出す。

 

第302話 "最終楽章"

 シャンディアの役目は果たされ後の世代も戦う必要は無くなった、しかし、シャンドラの灯は二度と絶やさないとワイパー達シャンドラの一族は誓う。そしてスカイピアは再びガンフォールがまとめることになり、国の名をスカイピア、都市の名をシャンドラとした。
 一方、黄金の使い道を話し合いながらルフィ達はコニス親子に連れられ、スカイピアの下層"白海"まで逃げていた。そして青海へと帰るための門”雲の果て”を越え、気球のようになった巨大なタコによってゆっくり地上へおりてゆく。途中、ルフィ達を見送るように鐘の音が鳴り響くのだった。

第303話 "金持ち海賊団"

 ジャヤではモンブランクリケットが次なるロマンを目指し、またジャヤのモックタウンではベラミー達がドフラミンゴによって始末されていた頃、ルフィ達は青い海へと帰還。再び帆を張り青い海を進む。
 そしてお待ちかねの黄金の山分け。各々がそれぞれを意見を述べるなかナミは船の修繕を提案。他の仲間もそれには大賛成で次の島で船を直し、そして”船大工”を仲間にすることを目標とすることに!

第304話 "長い島の冒険"

 巨大な津波を引き起こすシーモンキーから逃げる途中、ルフィ達は旗もなければ帆もなく乗っている船員も少ない船を発見する。船員達はまとまりもなく、そのままシーモンキーの起こした波に捕まり沈められてしまったがウソップは1人違和感を感じる。
 海をゆく麦わらの一味は細長い木が生えた一面草原の島に辿り着き大はしゃぎ。島を探索するルフィ、ウソップ、チョッパーの前にひとりでに動き出す竹が現れる。ルフィがその竹をへし折ると空からおじいさんが落ちてきて・・・?。
 一方、海岸に残った残りの仲間達はフォクシー海賊団により船の行く手を封鎖され、”決闘”を申し込まれていた。

第305話 "銀キツネのフォクシー"

 竹を割ったら現れたおじいさんの名は"トンジット"といい、10年もの間竹馬をしていたのを偶然ルフィが折ったためにやっと竹馬から降りられたのだと言う。しかし、竹馬に乗っていたため遊牧民の仲間に置いていかれてしまい、唯一残った仲間といえば、トンジットの家の前にいた白い馬・シェリーのみだった。
 ところが、トンジットを乗せ走っていたシェリーが突如現れたフォクシー海賊団”銀ギツネのフォクシー”の放った銃によって撃たれてしまう。怒るルフィはフォクシーが提案する「デービーバックファイト」の申し入れを安易に受け入れてしまい・・・。

 

ONEPIECE 第33巻 "DAVY BACK FIGHT!!"

 
 
ONE PIECE 33巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第306話 "ドーナツレース!!"

 ウソップが受けるなという助言をするが、ルフィはフォクシーの口車に乗せられてデービーバックファイトを受け入れてしまう。デービーバックファイトは海賊のゲームであり、より優れた船乗りを手に入れるために海賊が海賊を奪い合うというゲームであり、それを知ったナミは決闘を拒否。ルフィを説得しに行こうとするが、試合を受けた合図である銃声が鳴ってしまう。
 フォクシー海賊団が出店を立て、ステージを作り、雰囲気はお祭りそのもの。フォクシー海賊団・ポルチェが宣誓しデービーバックファイトが開戦。1回戦ドーナツレースはナミ、ウソップ、ロビンが出場。樽三つで船を作り島を一周するというボートレース!

第307話 "レディ〜イドーナツ!!"

 レースでは銃、大砲、爆薬、凶器はなんでもOKというルールにより、レース開始直後岸にいたフォクシー海賊団達による一斉射撃がナミ達を襲う。「反則だ」と怒るナミだがその条件はこちらも同じ。発泡したフォクシー海賊団にサンジが襲いかかる。サンジのおかげで陸からの攻撃は無くなったものの対戦相手チームの魚人による魚人空手により船が欠けてしまう。仕返しにとロビンが魚人に関節技を決める。
 レースはウソップの衝撃貝による急加速、ロビンの能力による相手チームに船を引っ張ってもらう作戦と一進一退が続く中、両チームはロングサンゴ礁地帯へと差し掛かる。サンゴ礁が作り出す渦をどう抜けるか考えていると陸からフォクシーが現れ・・・。

第308話 "妨害大作戦"

 フォクシーチームを追う形でサンゴ礁へ突入する麦わらチーム。サンゴ礁の作り出す渦は侵入者を拒み、フォクシーチームを押し戻す。加えてフォクシーにより煙幕が張られ通過は絶望的に思えた。しかし、ナミの航海士としての才能とウソップの衝撃貝によりサンゴ礁ゾーンを容易く通過する。
 その後、フォクシーの妨害とフォクシーチームの攻撃があったもののリードを保ちつつゴールを目前までくる麦わらチーム。麦わらチームが勝利するかに思われたその瞬間、麦わらチームはフォクシーの放つ"ノロノロビーム"を受けてしまい・・・?

第309話 "グロッキーモンスターズ"

 ドーナツレースの勝者はフォクシーチーム。フォクシーはノロノロの実の能力者で、手から放つノロノロビームを受けたものの全てを30秒間減速させるという力を持っていた。そのノロノロビームを受けた麦わらチームは名前の通り鈍くなり全てが元どおりになった時には敵はゴールしていたのだった。
 麦わら海賊団の負けとなり、チョッパーがフォクシー海賊団に加わってしまう。嫌がり泣き喚くチョッパーだったがゾロが一喝。2回戦チョッパーを欠いたグロッキーリングにゾロとサンジの不仲コンビが挑む。

第310話 "グロッキーリング!!"

 グロッキーリングとは、”玉印”を頭につけた相手チームのボールマンをコート両端に設置された敵陣リングに叩き込むという勝負。協力が必須な試合だが、日頃から不仲なゾロ、サンジペアはボールマンにどちらがなるかで揉めたり、事あるごとに喧嘩を売り合ってしまう。
 調子を合わせることなく試合はスタート。ゲームに慣れ、さらにコンビネーションもバッチリなフォクシーチーム・グロッキーモンスターズは試合早々にボールマンサンジをゴールへと叩き込む寸前まで試合を持っていく。しかし、不仲でも個々の力が凄まじいゾロとサンジはお互いの息を合わせることなく窮地を脱し相手チームにダメージを与えるのだった。

第311話 "ラフゲーム"

 ゾロとサンジ2人のパワーに驚くフォクシー海賊団。2人の優勢かと思われたが、巨漢のビッグバンが刃を靴底につけて2人を追いかけ回す。ルールに寄れば武器はナシのはずだが、フォクシー海賊団から選出された審判は見て見ぬ振り、それどころか怒って審判を蹴り飛ばしたサンジにイエローカードを出す始末だった。
 そしてさらにフォクシーチームはあからさまに巨大な斧やメリケンサック、トゲ付き肩当てを装備。試合はそっちのけで武器を持っていないゾロ&サンジを殺しにかかるように2人に攻撃を繰り出してきた。さすがにもう”啀み合うわけにはいかない”そう思った2人はついに協力し試合に勝利することを優先する。

第312話 "GOAL!!"

 一度やられかけたゾロとサンジは再び立ち上がる。フォクシーチームは棍棒、剣、プレス機とそれぞれ武器を用意し、2人にトドメを刺そうとするが、まずサンジが"三級挽き肉""木犀型斬シュート"でハンバーグを攻撃。続けて、ゾロがピクルスを"無刀流龍巻き"で吹き飛ばす。剣を振り回すピクルスの攻撃が思わずビッグバンの腹部を切りつけてしまい後ろに倒れそうになってしまったところを、サンジが蹴りで押し戻し直立させた。
 最後はサンジがゾロを足に乗せて高く飛ばし、ビッグバンをつかんだゾロがそのままリングに押し込みゴール!
 ゾロ&サンジの麦わらチームの勝利となった。

第313話 "MAIN EVENT"

 グロッキーリング決着。麦わらチームはフォクシー海賊団から仲間を獲得する権利が与えられるが、ナミは次の試合に出場する船長・フォクシーを手に入れれば3回戦のルフィvsフォクシーは実現せず不戦勝でチョッパーを取り返し、勝負を終えられると提案する。しかし、フォクシーが仲間になったまま試合が終わってしまうという欠点に気づき麦わらの一味相違でナミの提案は却下。とりあえず2回戦の勝利によりチョッパーを取り返した。
 3回戦は船長同士のコンバット対決。それぞれコーナーからリングに姿を表す両キャプテンだが、ルフィはなんとアフロヘア姿で登場!

第314話 "コンバット!!!"

 セコンドのウソップの助言によりアフロのカツラを勧められそのまま被って登場したルフィ。仲間達の中の一部はアフロヘアに理解できなかったが相手チーム含め他全員はアフロヘアに対し”野生的なスタイルだ!”とルフィを賞賛する。
 そしてデービーバックファイト最終戦のゴングが鳴る。ルフィは早速フォクシーに攻撃を仕掛ける、しかし、フォクシーのノロノロビームを受けてしまう。ノロノロ中にフォクシーの"九尾ラッシュ"を受けるルフィはノロノロが溶けた後、30秒分のツケとして連続攻撃を食らうのだった。
 戦場がフォクシー海賊団の船の上ということもあり、武器を巧みに扱うフォクシーは用意された武器とノロノロの能力を使ってルフィを追い詰めていく。

第315話 "秘密の部屋"

 フォクシーは船に仕込んだ様々な武器や自分を模した的でルフィを騙して攻撃、罠にはめてルフィを海に落とそうとしたりする。そして戦いはフォクシー海賊団の船の中に移る。
 剣山の部屋に呼び込もうとしたり(でも失敗)、別人に変身したフォクシーに騙され、再びノロノロビーム+九尾ラッシュを受けてしまうルフィ。フォクシーはさらにルフィを追い詰めるため、秘密兵器を持ち出す。

第316話 "ブラザー魂"

 ルフィが殴り飛ばされた場所はフォクシーの兵器"ゴリラパンチャー13号"の目の前だった。 兵器に乗り込むフォクシーはノロノロビームを放ちルフィの後ろにある一面鏡張りの壁に反射させてルフィに当てようとする。ノロノロビームの反射攻撃にあたるまいと必死に逃げるルフィに炎を纏うゴリラパンチャーのパンチが襲いかかる。
 一度ダウンしてしまうルフィだったが気力で立ち上がりフォクシーと対峙する。そこにさらにノロノロの力と九尾ラッシュを受け、フラフラになるルフィ。しかし「俺の仲間は誰1人死んでもやらん」と言って立ち上がり、何度もフォクシーに拳を向けるのだった。

 

ONEPIECE 第34巻 "「水の都」ウォーターセブン"

 
 
ONE PIECE 34巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第317話 "K.O."

 倒されても仲間の為、気力で立ち上がるルフィ。そんな姿にフォクシー海賊団の船員もルフィを応援し始める。しかし、”ノロノロビームソード”や鈍くした砲弾に立ち砲弾の速度でパンチを打つ”フォクシー飛行狐”でさらにルフィを追い詰めるフォクシー。
 ゴムゴムのガトリングvsメガトン九尾ラッシュによる両者の打ち合いが繰り広げられる中、隙をみてフォクシーがノロノロビームを放つ。ところが、それによって鈍くなったのはフォクシーの方。ルフィはフォクシーがビームを撃った瞬間に持っていた鏡の破片を使いビームを跳ね返したのだった。そのままルフィは鈍くなったフォクシーに”ゴムゴムのフレイル”。ノロノロの効力が消えるカウントダウンとともに勝利を確信したルフィは雄叫びをあげる!

第318話 "閉会"

 ノロノロの効力がなくなりルフィの攻撃を受けたフォクシーは場外へと吹き飛び、ルフィの勝利となった。そしてデービーバックファイトの勝利者にだけに許された対戦相手のクルーの獲得で、ルフィが欲しがっていた船大工を差し出すフォクシー。
 しかし、ルフィが欲しがったのはクルーではなくフォクシー海賊団の海賊旗だった。海賊旗を奪ったルフィはそのままトンジットの元へ帰還し、馬のシェリーを撃った仇打ちをを果たしたことを伝えた。
 ナミが船でトンジットを仲間の元へ連れて行こうと提案したところで、ルフィ達の前に海軍大将”青キジ”が突然参上する。

第319話 "海軍本部「大将」青キジ"

 世界政府の最高戦力と呼ばれる”海軍大将"。その肩書きを持つ将校はわずか3人のみであり、そのうちの1人”青キジ”がルフィ達の前に突然現れた。ルフィ達を捕まえにきたわけではなくアラバスタ事後消えたロビンの消息を確認しにきただけだという青キジ。そんな青キジはトンジットが仲間に置いていかれてしまったという話題を眠りながら耳にしており、すぐに支度をさせる。「移住なんてできねえ」というウソップだったが、"氷河時代"で海を凍らせた青キジのヒエヒエの実の能力のおかげでトンジットは凍った海を歩いて仲間達を追いかけるのだった。
 トンジットが行ってしまった後、一度は見逃したが青キジは麦わらの一味の底知れぬ強さを危惧し、ルフィ達へ戦闘の意思を露わにする。

第320話 "最高戦力"

 少数とはいえ、曲者揃い。加えて初頭の手配に至る経緯、これまでにやってきた所業の数々、成長の速度それらを総合し麦わらの一味を末恐ろしいと評価する青キジ。その中でもロビンを特に危険視し、ルフィ達にロビンの危険さを伝える。勝手なことを言う青キジに麦わらの一味が攻撃を仕掛ける、がしかし、触ったものを一瞬で凍らせ自身をも氷にするヒエヒエの能力はルフィ、ゾロ、サンジを3人同時に這いつくばらせるほど協力な能力であり、3人に続けてロビンも全身を氷漬けにされてしまうのだった。
 青キジの危険度をすぐに察知したルフィは青キジとサシでの勝負を望み仲間達は一時撤退。そしてルフィvs青キジの無謀な戦いが始まる。

第321話 "一騎討ち"

 氷漬けになったロビンを助ける為チョッパーとウソップが黙々とひたすら水をかけ続ける中、ゾロとサンジが帰還する。いくら船長命令でもルフィ1人を置いてくるのは薄情だと言うウソップに一騎討ちの重みを唱えるサンジ。「もしもの時は・・・」仲間達全員が最悪のシュチュエーションを想像していた。
 一方、ルフィvs青キジは当然能力の強さでも場数でも圧倒的な青キジが優勢。ゴムゴムのストームで勝負をかけるルフィだったが、青キジの”アイスタイム”によりロビンと同じく全身を凍らされてしまった。青キジはアラバスタの件をチャラにする代わりにルフィを殺さずその場を去って行った。

第322話 "パッフィング・トム"

 ルフィとロビンの安静の為、島に4日間停泊後出航。海を走るメリー号ではゾロとサンジの喧嘩やルフィ、ウソップ、チョッパーの馬鹿騒ぎなどいつもの日常を送っていた。ところが、ルフィ達は海をクロールで泳ぐ巨大なカエルを発見、さらにカエルの向かう方向に灯台のような小さな島を発見する。
 早速灯台に近づこうとするルフィ達だったが、次の瞬間灯台のすぐそばを機関車が海を走りながら通り抜けた。驚くルフィ達に灯台ではなく駅の中から現れた駅長ココロ、その娘・チムニー、ペットのゴンベが機関車の正体について、そして次に向かうべき島について教えてくれた。

第323話 "「水の都」ウォーターセブン"

 ココロの婆さんから次に向かう島の地図と紹介状をうけとったルフィ達は”水の都”ウォーターセブンを目指す。ウォーターセブンにたどり着いたルフィ達はメリー号の改修、そして山みたいな大男の船大工を仲間にする目的を達成する為、ルフィ、ナミ、ウソップの3人で街へと繰り出す。
 その頃、ウォータセブン造船工場ではある海賊が武器を持ち船の修理の代金をチャラにしようと船大工達を脅していた。しかし、船大工達は海賊の脅しに一切屈せずそれどころか造船により鍛えたパワーで海賊達を撃破する。ガレーラカンパニーの職人達はただの船大工ではなかったのだった。

第324話 "水上都市の冒険"

 ルフィ、ナミ、ウソップの3人はまず空島で得た黄金を換金する為、ウォーターセブンの水路を進むヤガラブルをレンタルし換金所へと向かう。名物の水水肉を食し、水を利用した水門エレベーターを利用したりなど街を満喫するルフィ達はヤガラブルに連れられ造船所のあるウォーターセブン中心街へとやってきた。
 一方、メリー号で1人留守番をしていたゾロに何者かが襲いかかっていた。

第325話 "フランキー一家"

 ゾロの寝込みを襲ったのは賞金稼ぎのフランキー一家。フランキー一家は集団になってゾロに襲いかかるがゾロは二刀流"犀回"で瞬殺する。一方、その頃、ロビンとチョッパーもまたウォーターセブンの裏町商店街へと足を運んでいた。チョッパーが本屋に寄っている間にロビンには「CP9」と名乗る仮面をつけた怪しい人物が近づいていた・・・。
 換金所で宝を”三億”で換金したルフィ達はそのままガレーラの造船所に足を運ぶ。ココロの紹介状によりアイスバーグという人物を探すルフィ達だったが、アイスバーグの代わりに大工のカクが船の改修を聞き入れ、街を自由に走り先に船の具合を確認してきてくれることになった。

第326話 "アイスバーグさん"

 サンジが買い物中、仮面の男と歩くロビンの姿を見かけていた頃、ルフィ達はウォーターセブン市長&ガレーラカンパニー社長のアイスバーグと秘書のカリファと出会う。船を直して欲しいというルフィ達にアイスバーグは二つ返事でOK。しかし、フランキー一家がルフィ達の隙をついて金を盗もうとする。
 水路から逃げるフランキー一家を追いかける、すると突如借金取りから追われていたガレーラカンパニー1番ドック職長パウリーが巧みなロープさばきでフランキー一家を倒し偶然にもルフィ達のお金を取り返した。

第327話 "造船工場1番ドック"

 大金を目の前に持ち逃げしようとしたパウリーを同じくガレーラカンパニー職長のロブ・ルッチが捕えて金を回収した。金を取り返してやったんだから一億よこせというパウリーを叱責するルッチの間でちょっとした戦闘になり、戦いの最中2人の職長の身体能力にウソップは驚く。メリー号を査定するカクが戻るまで造船工場を見学することになったルフィ達、造船工場では腕のいい船大工の仕事ぶり、そしてアイスバーグの慕われぶりを確認する。
 そして査定を終えたカクが造船所に帰還する。カクの査定は”船はもう自分たちの腕でももう直せない”とのことだった・・・。

 

ONEPIECE 第35巻 "船長"

 
 
ONE PIECE 35巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第328話 "海賊誘拐事件"

 なんでメリー号が直せないのか問うルフィ。船大工達が言うには船を船首から船尾まで支える竜骨がひどく損傷しているためもう誰にも直せない、似たような船を作ることもできるが全く同じものは作れないのだという。しかし、今日まで快適に走っていたメリー号はまだ十分走れる、査定を信じられないと言い返す。そんなルフィにそれでも一船の船長かと呆れるアイスバーグ。船のカタログを渡され話は一旦そこで終わる。
 世界政府の役人から隠れている時にルフィが金の入ったカバンが軽いことに気づく。中を見るとウソップが持っていたカバン二つ分が空になり2億ベリーがなくなってしまっていた。フランキー一家の仕業だろうとアジトに向かう途中、ナミは街中に血だらけで倒れるウソップを発見する・・・。

第329話 "おれの名は「フランキー」"

 傷の具合を見て一旦ウソップをその場に残し、ナミはすぐにゾロ、サンジ、チョッパーのいるメリー号へと帰還し事情を話す。
 一方、その頃フランキーハウスでは2億ベリーを手に入れた部下をフランキー一家のボス・フランキーが褒め称えていた。念願のアレが買えると喜び合うフランキー一家、とその時、フランキーハウスにウソップが単身乗り込み金を取り返しにやってきた。しかし、ウソップの攻撃はフランキーには効果がなく再びフランキー一家にやられてしまうのだった。ボロボロのウソップを発見したルフィ達は怒りを露わにしフランキーハウスへと乗り込む!

第330話 "決めた"

 フランキー一家に殴り込みをかけるルフィ、ゾロ、サンジ、チョッパー。貧弱長っ鼻野郎のいる一味の船長だとルフィを甘くみるフランキー一家だったが鋼鉄アーマーすらも貫くルフィの一撃に驚く。さらに、ゾロ、サンジ、チョッパーもルフィに続いてフランキー一家を次々と撃破していく。もうここに二億はないと言い訳するフランキー一家だったが、ルフィ達は金の問題じゃないとフランキー一家をフランキーハウスごと破壊するのだった。
 2億をどうすべきか論を交わすゾロとサンジにルフィは”メリー号とはここで別れる”という決断をする。

第331話 "大喧嘩"

 アイスバーグが政府の役人を追い払っていた頃、船で傷を癒していたウソップが目を覚ました。目を覚ますなり謝罪するウソップ、改修は一億で足りるのかという不安を露わにするが、メリー号はもう直せないと査定を受け船を乗り換えることに決めたとルフィは言う。しかし、メリー号を仲間と思い続けてきたウソップには簡単に受け入れられず、簡単に船大工の言葉に担がれ見損なったとルフィとウソップは大喧嘩。熱くなった2人は取っ組み合いの喧嘩になり、ルフィは船長の意見に従えないないなら今すぐこの船から出て行けと思わず言いかける。
 弱くそして使えない仲間は切り捨てればいいとウソップは一味をやめると言う。そしてメリー号をかけてルフィに決闘を申し込むのだった。

第332話 "ルフィvsウソップ"

 ナミがルフィを説得するが引き返せないとウソップの決闘を受け入れる覚悟を決めつつあった。ゾロとサンジも揉めてしまったりとロビンもいなくなりナミは一味がバラバラになっていくような気がしていた。
 そしてその日の10時、ルフィvsウソップの決闘が始まってしまう。ルフィの能力をよく知ると言うウソップは得意の嘘でまだ自分を思うルフィを騙し、翻弄しつつ空島で得たダイヤルとパチンコでルフィに攻撃を仕掛ける。流れは完全にウソップのペースでガスx火炎星による大爆発によりルフィを吹き飛ばした。

第333話 "船長"

 ウソップの本気の攻撃に遠慮しがちだったルフィも本気でウソップを迎え撃つが、ルフィと長い付き合いのウソップはルフィの攻撃を逆に利用して攻撃を繰り出し、ゴムゴムのバズーカから繰り出される衝撃を衝撃貝で吸収し、そのままルフィに打ち返す。しかし、最後はルフィのゴムゴムのブレットを腹に受けたウソップが倒れ決闘はルフィの勝利で幕を閉じる。ただ、メリー号はお前の好きにしろとウソップに言い残しルフィはその場を去る。
 船長であることの重さを痛感するルフィにゾロが迷うなと諭す。そしてルフィ達は船をウソップに空け渡すこととなった・・・。

第334話 "密室の大事件"

 裏町の宿屋に宿泊したルフィ達。宿屋の屋上でルフィが落ち込んでいた頃、裏町では造船島で起きたアイスバーグの暗殺未遂の騒ぎで持ちきりだった。現在アイスバーグは意識不明で部下の船大工達はアイスバーグのもとに集まっていた。あんなに慕われているアイスバーグが撃たれるなんてとルフィはナミと共に造船所へと向かう。
 一方、ルフィ達の金を盗んで買い物を終えたフランキーがフランキーハウスへと帰還し、家と子分達の酷い惨状を目撃していた。

第335話 "WARNING"

 ルフィ達が造船所に到着すると造船所の前は多くの記者とアイスバーグを心配する住民達で人だかりができていた。面会は諦めようとしたその時、橋の上に立ち陽気なリズムに合わせて踊りながらフランキーが現れ、ルフィを探していた。それに対し昨日の敵討ちができていなかったルフィは逃げも隠れもせず、正面から自分がそのルフィだと名乗り出る!
 その頃、ガレーラカンパニー本社では意識不明だったアイスバーグが目を覚ましていた。喜ぶ職長達を置いてアイスバーグは早速犯人の話を持ち出す。自分を撃ったのは二人組で1人は仮面を被った大男、もう1人はニコ・ロビンだと言う。

第336話 "ルフィvsフランキー"

 お互いに”ぶっ飛ばさないと気が済まない!”と、ルフィとフランキーは造船所の前で戦闘を始める。戦闘開始直後、フランキーは口から火を吹いたため何かの能力者なのかと勘ぐるルフィ達だったが、フランキーはなんと改造人間”サイボーグ”であり、能力者のように水に入っても沈まないが鎖で繋がった腕を飛ばしたり、腕から銃弾を放ったりすることができるのだった。
 2人の戦闘はガレーラカンパニー1番ドックで造船されていた船を破壊するまでに激化していたが、そこへガレーラ一番ドックの職長達が現れ2人を止める。職長達の様子はおかしく、”お前の狙いはなんだ?”とルフィだけを強く攻め立てる・・・。

 

ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 36巻〜40巻へ続く・・・

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. good article very hopeful

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  2. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  3. 間違った子を魔法少女にしてしまったとは? [su_list] 2016年10月14日より、W…
  4. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  5. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  6. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  7. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  8. 宇宙兄弟とは? ・『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の…
  9. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  10. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  2. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  3. アカメが斬る!とは? [su_list] 『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス…
  4. ベイビーステップとは? [su_list] 『ベイビーステップ』は、勝木光による日本の少年漫…
  5. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
  6. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…
  7. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  8. 氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
  9. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  10. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…

次に見るべき記事

  1. 2018-10-14

    『異常者の愛』の評価・感想 異常者の愛が主人公とその周りの人間に牙を剝く!ありえないくらい非人道的なサスペンスホラー!

    異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
ページ上部へ戻る