『思い、思われ、ふり、ふられ』の評価・感想 天才恋愛漫画家が男女の四角関係を描くとこうなる!

思い、思われ、ふり、ふられとは?

  • 思い、思われ、ふり、ふられ』は、咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』2015年7月号から連載。単行本は2018年7月25日現在既刊9巻。
     
  • 2017年第41回講談社漫画賞にノミネート。
     
  • 2018年第63回小学館漫画賞少女向け部門受賞。
     

表紙画像・出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/345332/volume1/

あらすじ

 人見知りが激しく、他人と話すのが苦手で、自分に自信が持てない市原由奈は、高校進学を機に引っ越す親友を見送りに行った際、子供の頃に読んだ絵本に出てきた王子様そっくりの男子を見かける。そして、同じく離れ離れになる友達を見送りに来ていた山本朱里とひょんな事で知り合い、朱里が同じマンションに引っ越してきた同級生だと分かる。
 少女漫画の恋愛に憧れ、夢見がちで消極的な由奈と、明るく積極的で現実的な恋愛を楽しむ朱里、2人は正反対の性質だが、不思議と親しくなっていく。さらに、由奈が気になっていた「王子様」が朱里の弟・理央であることが判明、恋愛未経験の由奈は理央への気持ちは恋ではないと思っていたが、次第に自分が理央を好きになったことに気が付く。朱里は姉の目から見て、由奈には理央を薦められないと伝えるが、由奈の人生初の恋を応援しようと決心する。
 一方、朱里は、由奈が唯一親しく話せる幼なじみ・乾和臣のストレートな言動にドキドキさせられ・・・。
 由奈、朱里、理央、和臣4人の青春が始まる!
 

気になったら試し読み!

 
思い、思われ、ふり、ふられ 1巻
咲坂伊緒 集英社
380円 (税別)
夢みがちな由奈と、現実的に恋する朱里。正反対のふたりだけど、友達になりました。モテる理央と、天然な和臣のふたりの男子も加わり、きらめく青春と本音をぶつけあう恋がスタートします!
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

市原 由奈(いちはら ゆな)

 本作の主人公。高校1年生。初恋の相手は絵本の中の王子様で、少女漫画に出てくるような恋愛に憧れている。
 価値観が違う朱里に最初は戸惑いながらも友情を深めていく。
 消極的でおっとりとした性格で、自分に自信が持てず、人と話す時も目を見られず下を向きがち。初恋の王子様によく似た理央のことが気になっていたが、まだ恋をしたことがなく、また自分のような人間が恋をしていいのかと、自信のなさに起因するネガティブ思考から、理央への気持ちを否定していた。だが、想いが叶わなくとも理央のことが好きだという気持ちを認めた。
 誕生日 - 1月7日、血液型 - A型、身長 - 154センチメートル、体重 - 44キログラム

山本 朱里(やまもと あかり)

 もう一人の主人公。由奈と同じマンションに越してきた同級生でクラスメイト。
 明るく快活な性格で、初対面の相手とも簡単に親しくなれる。
 由奈が和臣と親しく話す様子を見て、由奈が好む少女漫画的展開を期待するが、双方とも恋愛感情は抱いていないことにがっかりする。理央は恋愛の相手としては薦められないが、由奈が初めて生身の人間を好きになったため、由奈の初恋を見守る決意をする。
 和臣に自分の気持ちを聞いて貰う内に恋心を抱き、片思いするようになる。
 誕生日 - 8月17日、血液型 - O型、身長 - 158センチメートル、体重 - 42キログラム

山本 理央(やまもと りお)

 朱里の同い年の弟。朱里とは、親同士の再婚で姉弟になった。
 イケメンで女子からモテる。面食いで、可愛い子なら来る者拒まない。過去に一度熱烈な恋愛感情を抱いた相手がいたが、それは義理の姉になった朱里であり、告白する直前で姉弟になることが発覚し告白できずにいる。そして今も朱里への思いを隠している。
 誕生日 - 2月9日、血液型 - A型、身長 - 173センチメートル、体重 - 57キログラム

乾 和臣(いぬい かずおみ)

 高校1年生。由奈と同じマンションに住む幼なじみで、由奈が唯一気負わずに何でも話せる相手。
 由奈経由で朱里と、そして知った顔ということもあり理央ともいつのまにか友達になる。
 天然で恋愛に興味が無いため、好きな人はおらず、誰とも付き合ったこともない。思ったことを素直に、キザなことでもサラッと話すため、無意識に朱里を度々ドキドキさせている。
 誕生日 - 10月6日、血液型 - B型、身長 - 176センチメートル、体重 - 61キログラム

 

この漫画の特徴

全く違う恋愛観を持った2人のヒロインの出会い

 市原由奈と山本朱里の2人のヒロインの関係はお金を貸し借りしたところから始まった。
 この春から高校生になる市原由奈は遠くへ引っ越してしまう友達の見送りのため駅へ、また偶然にも同じタイミングで山本朱里が由奈と同じ理由で駅へやってきていた。しかし、朱里が切符を買おうとしたところ財布を家に忘れてしまったことを思い出す。家に取りに帰る時間はないと焦り、身を着る思いで一番頼みやすような由奈にお金を借してもらえるようにお願いをするのだった。
 朱里の事情と朱里と同じ立場であることを理解した由奈は朱里にお金を貸す。後日、お金を返すために朱里と由奈は再会するが、住んでいるマンションも春から通う高校も同じであることが判明し、意気投合。2人はすぐに仲良くなっていく。がしかし、恋愛観だけは全然合わなかった。
 まだ好きな人も男子と付き合ったこともない由奈はいつか自分の運命の人が自分を見つけてくれるのを待ち、”恋に落ちるその瞬間”が恋愛だと言うのに対し、朱里はまず行動して気になる人を見つけにいき少しずつ”相手との関係を深めていく”ことが恋愛だと言う。互いに自分の恋愛観について語るが結局、互いに納得することはなかった。


出典:思い、思われ、ふり、ふられ より


 

由奈にふさわしい男の子はどっち?

 かつて恋した絵本の中の王子様にそっくりな山本理央にときめく由奈。街で偶然知り合い、そして学校も同じと理央に運命を感じ始めるが、なぜか朱里とのお金の貸し借りを知っており朱里のために感謝されてしまう。理央と朱里は付き合っているのかも?と由奈は落ち込んでしまうのだった。ところが朱里と理央は親の再婚により姉弟の関係であったからだと後に判明し、由奈は再び思いを募らせる。
 そんな由奈を端から見ており、かつ理央の性格も知る朱里は”理央はメンクイであり、由奈が傷つくかもしれない”と由奈に理央はオススメできないと思うように。その代わりに由奈の幼馴染・乾和臣を朱里は押す。
 両者幼馴染だと割り切ってしまっている2人の中をもっと深められないか?と朱里は和臣を観察する。ところが和臣のさりげなく発せられる天然の優しい発言に朱里はドキドキしてしまうのだった。


出典:思い、思われ、ふり、ふられ より


 

複雑な姉弟関係

 理央の事を知るたびに朱里の言う通り、おとぎ話に出てくるような男子と違って現実の男子は全然都合よくできていないと痛感する。しかし、告白してきた人を笑わない、好きと言われれば嬉しいと言う理央の本心を聞き由奈は理央が好きだと叶わない恋への覚悟を決めた。
 では、理央の好きな人とは?由奈はさりげなく理央の思い人について尋ねるが理央はいつもはぐらかすばかり。しかし、由奈は朱里と理央が本当の姉弟ではないという事実とこれまでの理央の発言から理央の好きな人は朱里だと気づく。朱里に告白寸前までいったところで再婚の話が持ち上がり、理央は告白したくてもしてはならない状況になりその思いをずっと引きずってしまっていたのだった。
 だからこそ告白できる相手ならしておいたほうがいいと言う理央。ならばと由奈はふられる事を分かっていながら理央の発言にあやかり、そのまま理央に思いを告げるのだった。果たしてその結果は・・・?


出典:思い、思われ、ふり、ふられ より


 

評価・感想

 2人のヒロインと2人の男子の4角関係と彼女らの恋愛模様を描いた超王道の恋愛漫画。
 少女漫画には珍しい女子だけでなく男子の心理も多く描かれ、題名の通り、思う者がいるから、思われる人がいて、振る人がいるから振られる人もいて・・・と両者の立場を明確に描ききっているのが大きなポイント。その副産物として男目線でも男子に感情移入しやすく、少女漫画なのに男性にも非常に読みやすく面白いと思える内容になっている。

 この漫画の面白い点は共感できる点が多いところ。
 恋愛漫画といえば舞台は学校や会社など身近な場所が多いが登場キャラの個性や恥ずかしげもない行動をとったり、なんかすごいモテてる奴がいたり、など少々現実離れすることが多くそういう作品がほとんどで共感できるポイントというのは意外にも少ない。しかし、この作者の恋愛漫画は身近な舞台に加えてキャラもちゃんと人間味を持ったリアルに近しい存在として行動させてくるため共感が非常に多く、漫画と現実の境が薄れて本当にドキドキさせてくる。そしてその要素は本作でも十分発揮されていた。
 その中でも特に共感できたポイントは理央が由奈のラブラブな夢を見て実際に意識してしまう部分。普通夢オチで進展するのは漫画という点ではあんまり好ましくないが、実際リアルではそういうことが”ある”のでよくその描写を採用したなと感心するばかりでした。リアルを描くからこそ生まれた、他にはマネのできない良展開なんじゃないかと個人的に思った。

 是非ともオススメの恋愛漫画です。男子諸君も少女漫画に抵抗がないならぜひ読むべきでしょう。

評価点:96点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  2. テニスの王子様とは?  『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。1998年41号掲載の読切を経…
  3. 間違った子を魔法少女にしてしまったとは? [su_list] 2016年10月14日より、W…
  4. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…
  5. ばらかもんとは? ・ばらかもん』は、ヨシノサツキによる日本の漫画作品。『ガンガンパワード』(…
  6. あおざくら 防衛大学校物語とは? [su_list] 『あおざくら 防衛大学校物語』(あおざ…
  7. ONEPIECE~ワンピース~とは?  海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、…
  8. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  9. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  10. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. BLEACH―ブリーチ―とは? ・『BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品…
  2. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  3. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …
  4. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  5. ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―とは? [su_list] 『週刊コミックバンチ』(新潮社…
  6. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  7. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…
  8. アイアムアヒーローとは? [su_list] 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾による日本の…
  9. ハレ婚。とは? [su_list] 『ハレ婚。』(ハレこん)は、NONによる日本の青年漫画。…
  10. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…

次に見るべき記事

  1. 2018-3-25

    『新宿スワン』の評価・感想 女を騙して金を食らう職業とは!? スカウトマンだった作者が描くリアルな実情!

    新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
ページ上部へ戻る