ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 46巻(441話)〜50巻(491話)

ONEPIECE~ワンピース~とは?

  • 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。
     
  • 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。
     
  • 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
     
  • 国内累計発行部数は日本の漫画では最高となる3億6000万部を突破している。また、第67巻は初版発行部数405万部、第66巻は初動週間売上227万5000部の国内出版史上最高記録を樹立するなど、出版の国内最高記録をいくつも保持している。
     
  • 1999年よりテレビアニメがフジテレビ系列で放送されており、東映アニメーション製作のアニメ作品としては最長のロングラン作品になっている。
     

表紙画像・出典:http://shonenjump.viz.com/content/op-wallpapers

あらすじ

 時は大海賊時代。かつてこの世の全てを手に入れた男、〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。
 「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。しかし、ルフィはシャンクスが敵船から奪った「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、全身が伸び縮みするゴム人間となる代わりに、一生泳げない体になってしまう。
 それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出す。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。
 シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。
 

ONEPIECE 第46巻 "ゴースト島の冒険"

 
 
ONE PIECE 46巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第441話 "バナロ島の決闘"

 ヤミヤミの実の能力者である黒ひげティーチの体から発せられたのは真っ黒の闇。無限の引力をもつその闇はバナロ島の町を全て飲み込み、瓦礫となって放出される。さらにティーチの闇が引き込めるもう一つの物は”悪魔の力”。流動するエースの火の体もティーチが触れてしまえば能力が発動せず実体として捕らえられ、防御不能となってしまうのだった。
 エースも得意の火での攻撃と戦闘能力で応戦する、がしかしティーチの闇の力に跪いてしまう。エースに仲間になれと言うティーチ。しかし、力には屈しないとエースは最強の火炎技”炎帝”を発動。エースとティーチの攻撃が島全体を巻き込んでぶつかるのだった!

第442話 "魔の海の冒険"

 新海賊船に揺られ次の島へと向かう麦わらの一味は生簀や大浴場、医療室、見張り場など充実した設備大満足していた。そんな時、波に揺られて浮かぶ樽を発見。せっかくなら中の物をもらおうとルフィが樽を開けたところ、樽から空高く上がった発光弾が赤く光り、直後ルフィ達の船を突如大嵐が襲う。嵐が晴れるも、気づくとそこは多くの船が失踪するという”魔の三角地帯”だった。
 恐怖する麦わらの一味の前に巨大なゴースト船が出現、そして船で動く骸骨を発見する。冒険心を煽られたルフィはサンジとナミを連れてゴースト船に乗船。そこには船から見えた動く骸骨・ブルックがいて・・・。

第443話 "スリラーバーグ"

 死んで骨だけブルックをサニー号へ連れ帰るルフィ。当然仲間からは猛反対、しかし、愉快な性格のブルックはすぐに一味と打ち解け、全員で食事をすることに。
 ブルックは一度だけ蘇ることのできるヨミヨミの実を食べた悪魔の実の能力者で、一度死んで黄泉から帰り自分の体を見つけるがすでに白骨化していたため骨になってしまったのだと言う。1人だけの海で寂しかったと言うブルックは今日という日を喜び、ヴァイオリンを取り出し一曲演奏しようとする。
 ところが、気づくとサニー号は舵も切っていないのにゴースト島スリラーバーグへとたどり着いてしまっていて・・・。

第444話 "ゴースト島の冒険"

 島からなんとか脱出をしてくださいと言うブルックの言葉を無視して冒険の準備を万端にするルフィ。上陸したくない組のナミ、ウソップ、チョッパーはミニメリー2号に乗ってゴースト島への上陸を回避しようとする。がしかし、メリー号は島の縁にぶつかって上陸したくない組の3人は不本意ながらも島に上陸。恐怖する3人が最初に出会ったのは地獄の番犬ケルベロス。ケルベロスの攻撃を回避しようと島を進むとそこには一つの馬車があり・・・。
 一方、ルフィ達のいるサニー号サイドでは見えない何者かが船の中を荒らしまわり、残った仲間達は警戒心を強くするのだった。

第445話 "THE・ZOMBIE"

 馬車に乗せられ天才外科医・Dr.ホグバックの屋敷に招待されることになった3人組。ホグバックと会えると聞き胸を躍らせるチョッパーに対し、馬車の外から見える不思議な光景にナミとウソップは危険を感じ取る。その直後、馬車は墓地に置き去りにされ、馬車を引く馬(?)と案内人がどこかへ消えてしまう。そして、墓地から顔を出し現れた大量のゾンビに3人は襲われる。
 ウソップが火を放ち、なんとか逃げ切った3人が次に辿り着いた場所はドクトル・ホグバックの屋敷だった。

第446話 "ドクトル・ホグバック"

 屋敷に呼びかけるも返事がない。しかし、戻ることもできず、屋敷へと近づいていくナミ、ウソップ、チョッパー。屋敷の入り口前に設置された古井戸から突如現れたシンドリーに皿を投げつけられるも、その直後屋敷からドクトル・ホグバックが3人を屋敷に迎え入れる。
 テーブルを囲みナミ達はゾンビについてホグバックに尋ねる。ホグバックはあれが何かはわからないだからここに住みゾンビの研究をしていると説明。3人組は一旦納得する。しかし、風呂に入るナミは怪しいと断言。夜中になれば屋敷を出ると2人を説得するのだった。
 一方、ゴースト島へ向かった3人の救出を名目にルフィ、ゾロ、サンジ、フランキー、ロビンも続けて島へと上陸していた。

第447話 "びっくりゾンビ"

 上陸したくない3人組が苦戦したケルベロスにルフィも出会い、一撃で仕留めて仲間にする。ケルベロスに乗って島を進むルフィ達の前に今度は喋る木とユニコーンが現れる。そんなおかしな奴らにルフィは一緒に海賊やらねえか?と誘うのだった。
 一方、屋敷内を進むナミ、ウソップ、チョッパーの3人は先ほどホグバックと食事をした部屋で多くのゾンビに襲われる。喋って飛び出す絵や敷物のクマらが襲いかかる中3人は暖炉の奥へと追い詰められる。逃げ場がないと慌てるが暖炉の中の回転扉に助けられる、が再び廊下のゾンビに襲われ急いである部屋へと逃げ込む。その部屋とはホグバックの屋敷で働くシンドリーの写真が並べられた謎の部屋で・・・。

第448話 "モリア"

 写真のシンドリーと実際に3人が見たシンドリーの様子は大きく違っていた。さらに部屋を調べるとナミが10年前にシンドリーが事故で亡くなった記事を発見し、3人は言い知れぬ恐怖を感じていた。
 その頃、ルフィ達は体をすり抜けられるとネガティブになってしまうゴースト、そしてナミ達が苦戦したゾンビ達と出会う。ゾンビ達には賞金首となったルフィ達の総攻撃”6億B・JACK POT!”で瞬殺。ゾンビ達が3人を襲ったと知ったルフィ達はゾンビを頭から地面に埋め直すのだった。
 ルフィ達が再び屋敷への道を行くと、大怪我をしたお年寄りと出会う。ブルックと同じく影を奪われた老人はゴースト島の主人、そして七武海の1人であるゲッコー・モリアから影を取り返してほしいとルフィ達に頼みこむ。

第449話 "スリラーバーグの四怪人"

 屋敷を徘徊するナミ達3人組はホグバックの研究室を覗き、横たわる没人形とそれを弄るホグバックとシンドリーを目にしていた。ホグバック自身がゾンビを作り出していることを知り、さらに蘇生の方法まで確認しようとするが、3人の後ろに突如現れたブルックと同じ笑い方をするゾンビに襲われホグバックの部屋へと飛び込んでしまう。
 その頃、何も知らずに島へと入り込んだ客人達を一気に狩り込むためホグバック、ライオンの口をもつ墓場のアブサロム、ネガティブゴーストを使いこなすゴーストプリンセス・ペローナ、そしてゲッコーモリアがその姿を現し夜討ちの準備を始めていた・・・。

 

ONEPIECE 第47巻 "くもり時々ホネ"

 
 
ONE PIECE 47巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第450話 "将軍ゾンビnight"

 ホグバックの面前に飛び出してしまったナミ、ウソップ、チョッパー。夜討ちの時間はすでに始まっているとホグバックはシンドリーと普通のゾンビよりも強い将軍ゾンビ・サムライリューマに3人組を捕まえるように指示をする。そして3人は笑い方や性格、そしてナミとのやりとりまでブルックと似ているリューマの"鼻唄三丁矢筈斬り"を受けてその場に倒れてしまうのだった。
 一方、3人組の後を追うようにホグバックの屋敷に辿り着いていたルフィ達。遠慮なく屋敷に侵入し、部屋の中のゾンビ達を瞬殺する。がしかし、さっきまでいたはずのサンジの姿がなくなってしまい・・・。

第451話 "ペローナの不思議の庭"

 アブサロムが将軍ゾンビを島に放ち、ペローナがサニー号の宝を盗もうとしていた頃、ナミ、ウソップ、チョッパーの3人は一つの棺桶に入れられ、二匹のリスゾンビにある場所へと運ばれていた。運良く棺桶から脱し、逃げようとする3人の前にペンギントリオ、そして動物ゾンビ達が束になって現れる。狙われる3人、ナミがカバのゾンビに襲われかけたその時、ペンギントリオの新入りゾンビが強力な蹴りでカバゾンビを吹き飛ばしナミを助ける。そして、そのペンギンゾンビは「女は蹴らない、かかってこいクソゾンビ共」とサンジと同じような強さとサンジのようなセリフを吐くのだった。

第452話 "風のジゴロウ"

 サンジに続いてゾロまでいなくなってしまったルフィ一行は特に2人を心配することなく屋敷を進んでいた。すると、闘技場のような広間で大量の将軍ゾンビに襲われる。強力なゾンビ達の中にはゾロと同じ技とセリフを吐く風のジゴロウもおり、苦戦を強いられ、なんとルフィが棺桶に詰められてある場所へと送られてしまう。
 急いで助けようとするフランキーとロビンだったが、目の前に将軍ゾンビ・タタランが現れ道を塞ぐ。前方にはタタラン、後ろからは大量の将軍ゾンビ。2人は絶体絶命の状況になる・・・。

第453話 "くもり時々ホネ"

 ゾンビは主人の命令には逆らえない体になっているはず。なのにナミを助けたペンギンゾンビは命令に逆らい、仲間の動物ゾンビをなぎ払っていた。そこへイノシシゾンビのローラが現れ、アブサロムが結婚をする相手と聞いていたナミに手をかけようとする。ペンギンゾンビの活躍によりナミは助かるもののその騒ぎに乗じて透明になったアブサロムがナミを連れ去ろうとするのだった。
 一方、フランキー&ロビンサイド。フランキーは風来砲により自分たちのいた橋を破壊し将軍ゾンビを橋の下へと落とし、2人は絶望的な状況を打破する。すぐに追ってこようとするタタランだったが、そこへ死んで骨だけブルックが叫びながら落下してきて・・・。

第454話 "ハナウタ"

 アブサロムの嫁の座を狙うイノシシゾンビのローラはアブサロムが勝手に決めた嫁のナミを殺そうと襲いかかってくる。今まさに殺されようとしたその時、ナミが機転を効かせ”実は男でナミゾウという名前”だと嘘の告白をし危険を回避。さらに、ローラの恋を応援しついでに宝物庫のありかまで聞き出すのだった。そして追われる3人はペローナのお気に入りであるクマの人形のゾンビ・クマシーの中に隠れて怪人達をやりすごそうとするが・・・。
 一方、フランキー&ロビンサイド。将軍ゾンビ・タタランの出す蜘蛛の巣に絡め取られフランキー&ロビンは囚われてしまう。しかし、歌いながら再び参上したブルックが杖の仕込み刀を使って”鼻唄三丁矢筈斬り”。タタランを自らが気づかぬうちに真っ二つに切り裂くのだった。

第455話 "王下七武海ゲッコー・モリア"

 ブルックに斬られたタタランがまた立ち上がってくるがゾンビにも弱点はあるとブルックがタタランを浄化した。攫われたルフィ達の行方を案じるフランキー達ににブルックは自らの経緯も交えて、島の秘密について説明する。島のゾンビとはゲッコーモリアが能力で人間から影を奪いその影を人形に入れたモリアの兵であり、伝説的な戦士の肉体と賞金首の影を狙い強い兵を生み出すことがモリアの目的のためルフィ達は狙われていたのだった。
 一方、その頃、モリアは暴れるルフィから影を奪い、用意していた特別ゾンビの誕生にルフィの影を使おうとしていた・・・。

第456話 "氷の国から来た魔人"

 影を抜いたらその人間にはもう用済みであり、すぐに船に返され海へと流されてしまう。ルフィ達もおそらく同じように船に返されていると実体験を元にブルックは言う。すぐに船に戻り、仲間の目を覚まさせすぐに影を取り戻すべきというブルックの助言とゾンビを浄化させる必須アイテム”塩”を受け取ったフランキーとロビンはすぐにサニー号へ戻るのだった。一方、フランキー達と別れたブルックは別れ、自分の影の入った剣豪リューマと5年ぶりに相見えるのだった。
 そしてモリアサイドでは、ルフィの影を手に入れたモリアが特別冷凍室に眠るかつて魔人と呼ばれた狂戦士オーズのゾンビのもとへ足を運んでいた。

第457話 "肉〜〜〜〜!!!"

 ルフィの影に主人に従うようにと命令し、モリアはルフィの影をオーズの中へと入れる。すぐにオーズは動き出し、自身を固定していた鎖を簡単に引きちぎると”肉〜!腹減った!”と巨大な声でルフィと同じようなセリフを吐き島中にその声を轟かせるのだった。
 オーズの復活を目撃し、その光景に逃げ出したナミ、ウソップ、チョッパー。ルフィの本体を追いかけようとするが、アブサロムがナミを連れ去ってしまう。すぐにナミを助けようとするウソップとチョッパーだったが、ゾンビの群れに阻まれてしまう。
 そこへフランキーとロビンが加勢し、ゾンビ達を浄化。ウソップ達のピンチを救う!

第458話 "アフロだけは"

 モリアに食事を与えられ腹一杯になったオーズ。今度は自身を囲む冷凍室を”ゴムゴムの銃”で破壊し外へと飛び出す、そして海賊王におれはなるっ!と大きな夢を掲げるのだった。
 一方、その頃、ブルックは剣豪リューマのゾンビと剣を交えていた。5年前に影を取り戻そうとした時はあっさりやられてしまい、大切なアフロを傷つけられたくないと命乞いまでして一度島を去ったブルック。しかし、再び相見えるこの日を待ち続けていたブルックは今度こそ影を取り戻そうと躍起になる。
 一方、サニー号サイド。船へと戻って来た仲間達はダイニングで眠っているルフィ、ゾロ、サンジを発見する。

第459話 "死んでごめんじゃないでしょうに"

 ルフィ、ゾロ、サンジを叩き起こし反撃の前に各々が知り得た情報を交換する面々。その中で、フランキーがブルックの事情について話す。ブルックはリヴァースマウンテンのクジラ・ラブーンが待っている海賊の1人であり、影を取り戻しかつアフロの面影を持ったままラブーンに会いに行こうとしていた。航海の途中ラブーンを見て来たルフィ達はその事実に衝撃を受け、そして最初はブルックの仲間入りに賛成していなかった仲間達も気を変えブルックの乗船に大賛成。
 そしてナミ、食料、ルフィ&ゾロ&サンジ&ブルックの影4つを取り返すため、ルフィ達は反撃の準備を開始する!

 

ONEPIECE 第48巻 "オーズの冒険"

 
 
ONE PIECE 48巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第460話 "夜明け前に取り返せ!!"

 影が奪われた今、日が昇れば影のないルフィ達は消滅してしまう。夜明けをタイムリミットとし、ルフィはすべての影を一気に取り返すためモリアの元へ、ゾロとフランキーはブルックの助太刀に、他メンバーはナミの救出に向かう。
 順調に屋敷を進んで行くルフィ達、ところが突如ルフィ達が進んでいた連絡路の上からルフィの影が入ったゾンビオーズが降りて来て崩壊。サンジとウソップが落下するものの大事にはいたらず、ゾロ、フランキーと合流。ところが屋敷への道をオーズが阻み・・・。

第461話 "ゴーストバスター"

 ルフィ、チョッパー、ロビンがマストの屋敷を進むとホグバックと再び対面する。戦闘に入ろうとするルフィに”自分に任せてほしい”とホグバックの相手を名乗り出るチョッパー。ルフィはそのまま奥の部屋に進みモリアと対面する。
 一方、ゾロ達4人組。屋敷へ続く橋をオーズに破壊されるも、フランキーが即興で橋を作成し4人は屋敷にたどり着く。ところが屋敷で待ち受けていたゴーストプリンセス・ペローナの”ネガティブホロウ”で全員がネガティブになってしまう。絶体絶命の状況の中、なぜかウソップだけが立ち上がり、ペローナと対峙する。もともとネガティブでペローナのネガティブホロウが効かないウソップは仲間達の代わりにペローナの相手を引き受けた。

第462話 "オーズの冒険"

 ペローナの不思議の庭を通過するゾロ、サンジ、フランキー。サンジがナミの元へ向かうためその場からさらに下へと向かっていた頃、ブルックはリューマにまた追い詰められていた。
 両者の必殺技である鼻唄三丁矢筈斬りがぶつかり合う。その技の経緯や思いを背負うブルックだが、リューマの前ではそれは敵わず撃沈。大切なアフロが切り裂かれてしまいそうになったその時、ゾロが参上。リューマの刀に目をつけたゾロは相手を請け負うことに。
 一方、オーズは広いスリラーバーグを冒険していた。無邪気に暴れて仲間であるはずの将軍ゾンビ達をゴムゴムの銃乱打で撃破してしまうのだった。

第463話 "海賊サンジvs怪人アブサロム"

 結婚式場で結婚式を挙げている最中だったアブサロムとナミを見つけたサンジは颯爽と式場に駆け込み、即ナミを救出。ナミのウェディングドレス姿に女神と勘違いしてしまう。
 将軍ゾンビになれなかったサンジの影を知っているアブサロムはサンジを過小評価する。しかし、サンジの蹴りはアブサロムを捕らえ、そしてアブサロムのスケスケの実の能力まで完全に見破り攻撃を叩き込んで行く。怒りに燃えるサンジ、怒りの理由はナミが攫われたこともそうだが、さらに別の因縁があり怒っていた。その理由とは・・・。

第464話 "サンジの夢"

 サンジが怒れるその理由とはアブサロムがサンジの夢である”スケスケの実を食べて女湯を覗く”という夢を奪ったからであった。悪魔の実はこの世に二つと存在しない、つまりその実の能力者と出会うということはその実はこの世にないことを示し、サンジの夢が一生叶わないことを暗に示していた。野生の筋力を持ちスケスケの能力を発揮するアブサロム、しかし、怒るサンジには全く通用せずサンジの”最上級挽き肉”炸裂。サンジの勝利となった。
 一方、ウソップvsペローナ。ネガティブホロウが効かないウソップから逃げるペローナ。しかし、ある地点からペローナが急に強気になり・・・。

第465話 "海賊ウソップvs怪人ペローナ"

 突然強気になったかと思えば、今度は空を飛び、そして体を巨大化させ、ウソップの体をすり抜けるペローナ。心臓を直接掴み握りつぶす・・・なんてことはできないが、小型爆弾となる”ミニホロ”&クマシーの攻撃で少しずつウソップにダメージを蓄積していく。新兵器巨大パチンコ・カブトの力も発揮されずこのまま負けを認めてしまいそうになるウソップは、そげキングに助けを求める。
 そげキングの仮面を被って精神的に強くなったウソップはクマシーを浄化。そのままミニホロの爆発を受けながらペローナの不自然な点を暴く。そしてペローナの本体は別にあると予測したウソップはある一つの小部屋の壁を破壊。そこには予想通り、ペローナの本体がベッドで眠っていた。

第466話 "決着"

 ペローナの本体を見つけ出し形成逆転。ペローナを本体の体へ戻るように誘導し、おもちゃゴキブリが暴れまわる黒光り星、そして10tと書かれただけの風船ハンマーを使って翻弄。ウソップの嘘にまんまとハマってしまったペローナは風船ハンマーの割れる音で気絶。ウソップvsペローナはウソップの完全勝利で幕を閉じた。
 一方、その頃ゾロvsリューマ。屋敷の屋根を戦場とする2人の決着はついた。が、リューマは燃え、ゾロは屋根に叩きつけられた。果たして勝利した方は一体どっち・・・??

第467話 "海賊ゾロvs侍・リューマ"

 ゾロvsリューマ。剣士としての筋力はほぼ同じでほぼ互角の戦いを繰り広げる両者。リューマの刀折りの技を恐れ、慌てて攻撃を繰り出すゾロ。リューマの”革命舞曲ボンナバン”とゾロの”羅生門”が激突し屋敷壁を大きく削ってしまい屋根が部屋を押しつぶす。
 戦場を屋根に変えて2人は再び激突する。しかし、勝負が長引けば刀が折られてしまうとゾロは次の一撃に勝負をかけ、”飛竜火焔”を放つ。リューマの鼻唄三丁矢筈斬りよりも少しだけゾロの攻撃が早く決まりリューマは切り口から発火。そのままリューマは敗北を認めて”名刀”「秋水」をゾロの要望通り手渡し、影がブルックの足元に戻った。

第468話 "海賊チョッパーvs怪人ホグバック"

 チョッパーvsホグバック。チョッパーとロビンはホグバックが差し向けたサンジの影が入ったゾンビ、そしてゾロの影が入ったゾンビに敵わず身動きを封じられる。過去の記憶を消し、命令に忠実に動くゾンビを満足げに自慢するホグバック。しかし、チョッパーはホグバックのしていることはゾンビは死者の蘇生などではなく、物言わない死体を使って怪物を生み出しているだけだと研究に猛反対。
 そんな時、ゾロのゾンビとサンジのゾンビが実際の本人たち同様喧嘩をはじめたことを利用し、ロビンが機転を利かせて2人のゾンビを排除。慌てるホグバックはならばとシンドリーに自分が逃げるまでの時間を稼がせようとする。がしかし、チョッパーの言葉を受け、シンドリーは泣き体を動かすことができなくなるのだった。

第469話 "出て来い麦わらの一味!!!"

 服従することがゾンビの存在意義だと言うホグバックだが、シンドリーは本当の体の持ち主による抵抗(?)で体を動かすことができない。その隙をついてチョッパーがホグバックを抱え上げ、”ロビッチョスープレックス”を浴びせかけようとした、その時、完全にモリアに服従したオーズが部屋に飛び込んできた。さらにウソップのいたペローナの部屋への通路やサンジのいた教会もオーズによって破壊される。
 ウソップが望遠鏡で確認したところ、オーズの腕には麦わらの一味の手配書が貼り付けられており、狙いが自分たちであることを知る。外へと飛び出したオーズは声を荒げて「出て来い麦わらの一味ィ〜!」と吠えるのだった。

第470話 "オーズvs麦わらの一味"

 ルフィがモリアを追いかけていた頃、仲間達はオーズの脅威に直面していた。オーズが最初に狙いを定めたのは目の前にいるサンジ。ゴムゴムの鎌で攻撃を仕掛けるオーズ、ルフィのように腕は伸びないが十分すぎるリーチで能力の有無は無関係に強力。
 サンジも必死に応戦するがオーズの巨体からは考えられない素早さと敏捷性によりまずサンジがやられ、続けてゾロ、フランキー、最後は持ち上げた瓦礫をうちつけチョッパー、ウソップ、ロビンが倒れる。
 麦わらの一味はオーズの足元の瓦礫に体を横たえるのだった・・・。

 

ONEPIECE 第49巻 "ナイトメア・ルフィ"

 
 
ONE PIECE 49巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第471話 "MY FRIEND"

 オーズが次に狙う麦わらの一味はルフィ、ナミ、そげキングの3人。それ以外の仲間たちはオーズの猛攻によって瓦礫の上で横たわりノックダウンしてしまっていた。屋敷のいたるところに穴を開けて残りの3人を探し回るオーズ。そこへ、一度はダウンを食らった仲間達がその間体制を立て直し再びオーズと対峙する。
 一方、ナミサイド。アブサロムによってただの空き家へと寝たまま連れてこられたナミはアブサロムの誓いのキスの直前で目を覚ます。嫌がるナミ、そこへイノシシゾンビ・ローラが現れナミを襲うふりしてナミを助けようとする。しかし、アブサロムはついにローラへと手をかける。それを見ていたナミは天候棒"サンダー=,チャージ"でアブサロムを攻撃。サンジとの戦いにより疲労が蓄積していたアブサロムはその一撃で気を失った。

第472話 "ダウン"

 頑丈だなチビ海賊達。再びオーズが麦わらの一味と向き合う。ゾロの提案で6人はオーズを投げ飛ばす事ことにした仲間達。まずは大きさには大きさで対抗の”パイレーツドッキング6”をするもののロビンの裏切りによりドッキングは実現ならず。
 今度はウソップ、ロビン、ゾロの攻撃により、関節を固定することに成功。次に人体の急所である顎にチョッパーとフランキーの拳が当たりオーズはクラクラになったところをサンジが”アンチマナーキックコース”でオーズをひっくり返し、1ダウンに成功する。
 一方、サニー号ではペローナが全ての積荷をサニー号に乗せ島からの脱出を試みようとしていた。そこへ、1人の本を抱えた大男が現れ・・・。

第473話 "王下七武海バーソロミュー・くま現る"

 サニー号へと走るナミ。道中でひっくり返るオーズの姿を目撃する。ひっくり返り角が地面に刺さったオーズをチャンスだとばかりに麦わらの一味が猛攻撃。怒りで我を失うオーズの隙をついてフランキーとゾロが膝裏を叩き、オーズを膝まづかせる。
 一方、ナミはサニー号へと到着する。もらうはずの財宝をすでに自分のだと言い張るナミが島から逃げ出そうとするペローナと対峙。ウソップをボロボロにしたミニホロを出すペローナだが、突如、真後ろに王下七武海バーソロミュー・くまが参上する。くまに向き合い臨戦体制となるペローナだったが、くまが手をで触れるとペローナが一瞬にしてどこかへと消えてしまうのだった。

第474話 "やるしかねェ!!!"

 オーズの巨大な拳がゾロへと襲いかかろうとする、ウソップがすぐに逃げるように言うがゾロは手に入れたばかりの秋水でオーズの拳を弾くとそのまま百八煩悩砲をオーズに向けて放つ。オーズにはかわされてしまうがゾロは秋水の可能性に心躍らせるのだった。ゾロの無茶な行動にあまり無理せずルフィがモリアを倒すのを待てばいいと言う仲間達だが、「ダマシ」を得意とするモリアがルフィとまともに戦ってくれるはずがない、ならばルフィの影だけでも取り返しておくべきだとゾロ。
 ゾロの発言通りルフィをスカしたモリアはオーズの腹のなかから登場。モリアの考えで動き始めたオーズは的確に麦わらの一味を狙い・・・?

第475話 "森の海賊団"

 オーズに狙われたウソップだったが、大量の塩を手に参上したブルックによって九死に一生を得た。再びオーズ討伐に本腰を入れる麦わらの一味はブルックと共闘し、ルフィの影奪還に動く。モリアの頭脳が加わり、苦戦を強いられるが、ナミも加勢に加わり麦わらの一味がまだ優勢。ところが、オーズはモリアの影革命によって影から腕の伸びた演出を加えられたことによってルフィのゴム能力が付加されより強力な攻撃を繰り出してくるようになる。これではまるっきりルフィの化け物、一気にオーズ&モリアサイドが優勢になる。
 一方、影モリアに逃げられ、森に置き去りにされてしまったルフィは影を取られた海賊達の集団に遭遇していた・・・。

第476話 "ナイトメア・ルフィ"

 影を奪われ、森へと身を隠す海賊達が集まるモリアの被害者の会に遭遇したルフィ。ルフィ達麦わらの一味の活躍を森から見ていた被害者の会はルフィ達に希望を託すため、ルフィに捕らえた影を突っ込む。するとルフィのカラダに入れられた影がルフィに新たな力を授けルフィを強化、一体だけでもとてつもない強化なのにルフィの体には被害者の会が集めた影が全て入り、姿も口調も変わったルフィはナイトメア・ルフィへと変貌を遂げるのだった。
 一方、ゴムゴムの能力の再現により、一段と強力な攻撃を繰り出すようになったオーズ。オーズ強化の元凶であるモリアをロビンは直接腕でホールドし、影の操作をやめるように言う・・・。

第477話 "3/8"

 ロビンがモリアをホールドしたことでオーズの体の伸びを抑えることに成功する。しかし、モリアはそんなロビンを集中攻撃、背後に影を出現させロビンの影を奪いロビンが倒れる。モリア復活で再びゴムの能力を取り戻すオーズだったが、チョッパーがオーズの死因を明らかにし、オーズの右腕がホグバックによって生成された作り物であることを突き止めた。
 それを聞いてオーズの右腕への集中攻撃を開始する麦わらの一味。順調にダメージを与えていくが、オーズのゴムゴムの銃乱打によってサンジとチョッパーが倒れてしまう。残りはゾロ、ウソップ、ナミの3人となった。

第478話 "ルフィvsルフィ"

 オーズに立ち向かう麦わらの一味は残り3人となる。ゾロが前線に立ちオーズに立ち向かうが、オーズの膝蹴りによって倒れる。しかし、攻撃を繰り出したオーズの隙を狙ってウソップがオーズの口に大量の塩を放り込むことに成功。オーズの口からルフィの影が飛び出してきた、かに思えたが口から出たのは塩を持ったモリアの影。ウソップの目論見は失敗する。
 そして残ったナミとウソップにモリアはオーズに攻撃を指示。ウソップとナミのいた場所で地団駄を踏むオーズ。そんなオーズの前にナミとウソップ助け、抱えたルフィが参上する。少し様変わりしたルフィはオーズのゴムゴムの回転弾を片手で受け止めると、「ルフィは俺1人だぜ!」とオーズの巨体を殴り飛ばした!

第479話 "希望の戦士"

 仲間達が苦戦したオーズを強化したルフィはいとも簡単に投げ飛ばし、振り回し腹の中のオーズごと吹き飛ばしダメージを与えていく。さらにルフィの優勢は続き、入れられた影によってこれまで見せたこともない剣技でオーズを一刀両断、さらにゴムゴムの銃でモリアごとオーズを殴り飛ばすとゴムゴムの暴雨風でオーズにトドメをさした。
 ルフィの体から影は全て抜けてしまうが、被害者の会は大喜び。スリラーバーグの陥落を宣言する。

第480話 "迎撃"

 オーズとモリアを倒したもののモリアに影の解放を宣言させなければ影は解放されないため、被害者の会はすぐにでもモリアを起こそうとした・・・その時だった、オーズは体の痛みを感じず何事もなかったかのように起き上がり、被害者の会の前に立ちはだかった。
 絶望する被害者の会、夜明けも近く、すぐに森へ帰ろうとする。が、瀕死であるはずの麦わらの一味は全員立ち上がり、オーズ迎撃の準備を始めるだった。ナミ、ウソップ、フランキーがオーズの下半身を氷漬けにし、サンジとゾロがオーズの背骨をまっすぐにしたところで、ルフィのゴムゴムのギガントバズーカがオーズの顔面をとらえる。オーズの背骨がルフィの一撃を受け止めきれず、背骨はボロボロになった。

第481話 "影の集合地"

 意識はあれど、体の中がボロボロになったオーズは立ち上がることができず、ルフィ達がついに勝利する。あとは影を取り戻すだけとなったが、モリアは”影の集合地”により島中の影を体に取り込んでは、ルフィ達影を奪われたメンバーが夜明けで消えるまでの時間を圧倒的な力でやり過ごそうとする。
 影千体を取り込んだモリアは島を分断するほどの力を誇り、しかも夜明けの光が少しずつ島に差し込み始める。そんな中、最後の力を振り絞り、ルフィがモリアに立ち向かう!

 

ONEPIECE 第50巻 "再び辿り着く"

 
 
ONE PIECE 50巻
 
尾田栄一郎 集英社
471円 (税別)
 
ebookjapan BookLive! 楽天 試し読み

第482話 "朝が来る"

 夜明けが迫る中、ルフィはギア2でモリアを攻め立て、モリアに激突。そのたびにモリアの支配下を離れ次々に影が解放されていく。モリアもルフィに攻撃するもののただの打撃はルフィには効かず、ルフィの優勢が続く。しかし、時間があまりないためルフィはギア2に加えギア3も発動し、複合技である”ゴムゴムの巨人のJET砲弾”でモリアの腹めがけて突撃。
 ルフィの攻撃を受け続け、口から飛び出す影を抑えることで精一杯だったモリアにメインマストを支える塔が倒れてきて、夜明けの光がスリラーバーグに差し込むのとほぼ同時に影が解放されていく。

第483話 "夢の終わり"

 夜明けの光に晒されて影を奪われたルフィ、ゾロ、サンジ、ロビンの体が半分以上消滅するが、影が帰ってきたことによってなんとか元の体に戻る。また、ルフィ達以外にも解放された影は全て持ち主の足元へと帰り、被害者の会のメンバーはもちろん世界の至るところでモリアに影を奪われた者たちも明くる朝日を浴びて喜んでいた。
 被害者の会に感謝される麦わらの一味。気を良くする仲間達だったが、そこへもう1人の七武海・くまが現れ、政府からスリラーバーグにいる者全ての抹殺を特命がくまに下される。政府からの特命を受けたくまは「容易い」と麦わらの一味含めた島にいる人間全ての開始し始めるのだった。

第484話 "ぷに"

 ゾロがくまにやられていく被害者の会の者達の前に立ち、ゾロvsくま。二刀流居合”羅生門”をあっさりかわされ、”煩悩砲”でさえもくまの手のひらの肉球とそれを作り出す悪魔の実・ニキュニキュの能力によって弾かれてしまう。くまの肉球はあらゆるものを弾き、大気を弾けば圧力砲という攻撃にもなる不思議な能力で攻撃・防御両面でゾロは苦戦を強いられる。
 ”弱り切った麦わらの一味を倒したところでなんの面白みもない”と、くまは全員の命を助けてやる代わりに麦わらのルフィの首一つ差し出せと全員に提案。仲間を売る行為に麦わらの一味はもちろん被害者の会も声を合わせて”断る”。くまは”残念だ”と圧縮した大気を解放して爆発を生み出す”熊の衝撃”を発動するのだった。

第485話 "麦わらの一味・海賊狩りのゾロ"

 ”熊の衝撃”で島も人も吹き飛んだ後、くまは瓦礫の中からルフィを見つけ出し連れて行こうとする。しかし、衝撃で意識を失わなかったゾロはルフィを奪われまいと一刀流居合”獅子歌歌”でくまを攻撃。ところがくまは改造人間であり、攻撃は全く効かない+口からレーザーを放ちゾロを攻撃する。くまは自身の体の改造を許しDr.ベガパンクの手により政府の人間兵器・パシフィスタとなっていたのだった。
 丈夫な改造人間の体に加えて能力者であることを知るとゾロは勝負を諦める。そして、ルフィの首ではなくいずれ世界一の剣豪となる自分の首一つで勘弁してほしいと提案。くまはその提案を受け入れ、ルフィの体から弾き出した”痛みそして疲労”をゾロ自身が全て体で受けきることを条件とした。全員が起き上がった時、サンジはゾロを発見する。ゾロはかろうじて生きてはいたものの辺りに血を撒き散らし、死にかけていた。

第486話 "ピアノ"

 モリア撃破より一日経過。ルフィたちは食料を島へと運び、宴の準備をする。しかし、ゾロはまだダメージを残したままで一向に起き上がらない。何かあったのか?とルフィ含め勘ぐる仲間達の元に被害者の会の2人が一部始終を話そうとするが、事情を知るサンジは野暮なことはするなと制止する。
 料理が出来上がり、宴が開催される。場を盛り上げるためにブルックが部屋のピアノを演奏していると、そこへルフィがやってきて再びブルックを一味に勧誘するのだった。ラブーンのことで揺れるブルックにルフィ達は双子岬で出会ったラブーンのことを話す。ラブーンは元気だった、それを聞いてブルックは涙を流す。

第487話 "あの唄"

 50年前。ルンバー海賊団・音楽家兼剣士のブルックは愉快な仲間との航海の途中、小さなクジラと出会う。鯨はラブーンと名付けられ、偉大なる航路までの道のりでブルック達を癒し、そして敵船との衝突時、海へ落とされた仲間を助けたりとルンバー海賊団になくてはならない存在となっていく。そして偉大なる航路へ突入時、危険な海にラブーンは連れていけないと、ラブーンを双子岬へと置いて別れ、ルンバー海賊団は偉大なる航路を進んでいくのだった。
 しかし、その数年後、船長と複数名の船員が疫病にかかってしまい、ブルックがルンバー海賊団船長となる。

第488話 "命の唄"

 船長を失っても戦い続けたルンバー海賊団。ブルックは賞金首になったりと快進撃は止まらない。
 しかし、ある時、ある敵船との衝突し、一味はなんとか生きながらえたものの武器に毒が塗られており、治すすべはなく一味壊滅は目前に迫っていた。心残りのラブーンのために残った者達で演奏し音貝に唄を録音。その唄を悪魔の実で蘇ったブルックが届けると言う。生き残った仲間達はその案に大賛成、楽器をかき鳴らし愉快な歌を録音していく。

第489話 "8人目"

 音貝に録音された”ルンバー海賊団・最後の大合唱”を聞き大盛り上がりのルフィ達。ブルックは希望もない日々に絶望していたがルフィ達と出会い生きててよかったと心からその言葉を口にし、そして麦わら海賊団の仲間に加わった。
 さらに二日後、ルンバー海賊団船員のお墓がフランキー、ウソップ、チョッパーの3人で作られ、そしてようやくゾロも目覚める。次なる島魚人島を目指し船に乗り込もうとするルフィ達に被害者の会のローラが作った”本人の居場所と生命力を教えてくれるビブルカード”なる紙をナミに手渡す。ローラの母のビブルカードを見たルフィは過去、兄・エースから同様のものを受け取っていたことを思い出しビブルカードを取り出して見る。するとエースのビブルカードは焦げかけており、命が危険にさらされていることを指し示していた・・・。

第490話 "再び辿り着く"

 謎だらけの海"魔の三角地帯"を抜け出したルフィ達は魚人島に向けてひた走る。飴玉の降る海や遊蛇海流の海を越え、海タヌキの襲撃をかわし、数日後、麦わらの一味は双子岬の反対の赤い土の大陸”レッドライン”へと到着する。各々これまでのことを振り返り感慨に耽る中、後半分の海を越えれば海賊王になれるとルフィは自身の夢を再確認する。
 潜水艦・サブマージ3号で海中の様子を探るルフィ達。魚人島への方角はわかっても到達の手段がわからず、方法を模索していた。そんな時、潜水艦を狙う海兎をルフィが退治したところ、海兎の中から一匹の人魚が飛び出てきたのだった。

第491話 "トビウオライダーズ"

 人魚のケイミー、ヒトデのパッパグと出会ったルフィ達。ナミはケイミーに魚人島の行き方について尋ねようとするが、お礼のたこ焼きを食すためルフィはたこ焼きを優先する。たこ焼き屋の店長・はっちんと連絡をとるケイミーだったが、そのはっちんはトビウオライダーズと手を組んだマクロ一味に連れ去られていた。
 魚人島へ行く方法&たこ焼きを食すため、ルフィ達は”はっちん”という人物の救出に向かうことに。ケイミーの呼んだ魚の群が示す方角にしたがって船を進めていると、トビウオのように短時間飛行できるトビウオのバイクに乗ったトビウオライダーズがルフィ達に襲いかかってきて・・・。

 

ONEPIECEワンピース完全ネタバレまとめ 51巻〜55巻へ続く・・・

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…
  2. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  3. 神のみぞ知るセカイとは? [su_list] 『神のみぞ知るセカイ』(かみのみぞしるセカイ、…
  4. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  5. 亜人とは? ・『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(…
  6. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  7. たいようのいえとは? [su_list] 『たいようのいえ』は、タアモによる日本の少女漫画作…
  8. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…
  9. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  10. 徒然チルドレンとは? [su_list] 『徒然チルドレン』(つれづれチルドレン)は、若林稔…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  2. 人は見た目が100パーセントとは? [su_list] 『人は見た目が100パーセント』(ひ…
  3. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  4. 銀魂(ぎんたま)とは?  『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャ…
  5. ぼくたちは勉強ができないとは? [su_list] 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志…
  6. 古見さんは、コミュ症です。とは? [su_list] 『古見さんは、コミュ症です。』(こみさ…
  7. からかい上手の高木さんとは? [su_list] 『からかい上手の高木さん』は、山本崇一朗に…
  8. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  9. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  10. 椿町ロンリープラネットとは? [su_list] 2015年5月20日発売のマーガレット12…

次に見るべき記事

  1. 2017-12-6

    『監獄学園(プリズンスクール)』の評価・感想 男子5人檻の中での青春活劇

    監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
ページ上部へ戻る