『メイのメイデン』の評価・感想 イかれた客とエロかわギャンブラーの頭脳戦!?

メイのメイデンとは?

  • 「メイのメイデン」はガンガンJOKERにて2017年4月22日から連載開始!
     

表紙画像・出典:https://www.ebookjapan.jp/ebj/439815/volume1/branch1/
 

あらすじ

 世にも珍しい「デリヘル」と「カジノ」の複合店・デリバリーカジノ。
 デリバリーカジノとは、性的プレイが行われる前に、まず嬢vs客の”ギャンブル”が行われる。客はこれに勝てた場合にのみ事前に決めた性的なコース・オプション・サービスをタダで受けることができるが、逆に負けた場合は何もさせず嬢は代金だけ頂きそのまま帰れる。つまり風俗でもギャンブルに勝ち続けさえいれば綺麗な体のままいられるというものだった。
 そんなデリバリーカジノ・「メイデンズ」にある日、気弱で冴えない女性・アイが借金を返すために派遣される。綺麗な体のままいられるわけがないと思うアイの教育係についたのは美人で幼い顔立ちのメイ。彼女はデリバリーカジノに長く勤め、多くのギャンブル、そして客が考案したゲームに挑み続けてきた猛者であり、これまで負けたことは一度もなく”処女”だった。
 いつか自分を負かしてくれる相手を見つけ、その者に一生付き従うことを夢見るメイ。今宵もメイの処女を奪おうとするイかれたギャンブラー達と戦いを繰り広げる・・・。

気になったら試し読み!

 
メイのメイデン (1)
原作:ガクキリオ 作画:レルシー スクウェア・エニックス
581円 (税別)
デリバリーカジノ「メイデンズ」。そこは“性”と“金”が賭け乱れる伏魔殿──。気弱で冴えない女性・アイが借金のカタに沈められた風俗店・メイデンズで出会ったのは、「メイ」と呼ばれるひとりの嬢だった…。ギャンブルに負ければ“処女喪失”!? デリヘル×カジノの複合店を舞台に、エロかわギャンブラー・メイが、ヤっちゃいます。
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

メイ

 本作の主人公。二十歳。本名は”めぐり”。同性が認めるほどの美人でギャンブルに関しては負けたことがないほど強い。客のイカサマにもすぐ気づきイカサマを逆に利用して勝利する観察眼と柔軟な発想力、行動力がある。メイにギャンブルで負かされた相手は負けた反動で必ずED(勃起不全症)となる。
 ギャンブルには一度も負けたことがなく性的なプレイの経験は一度もない、つまり処女。ギャンブルに負けて処女を奪った相手に一生身を捧げることを夢見ており、そんなメイにメイの母はお見合いと称して狂気に満ちたギャンブラー達を使い裏コースでメイを倒そうと躍起になっている。

アイ

 借金のカタにデリバリーカジノ「メイデンズ」に勤めることになった。メイ同様処女。
 教育係のメイが負けた際に性行為のサポートするように社長に言われ覚悟するが、メイが勝ち続けまだ行為は一度もしたことがない。強すぎるメイに憧れを抱くが、メイの母に人質にされたりとメイの判断力を奪うお荷物だとメイの母に明言ショックを受ける。
 メイのお荷物になりたくないと女性の客とギャンブルをすることになるが・・・?

 

この漫画の特徴

キレイな体を保持し続ける天才ギャンブラー・メイ

 デリバリーカジノでは勝負に勝ち続けてさえいれば、キレイな体のままいられる。
 新人・アイの教育係として任命されたメイは幼い顔立ちで同性のアイが認めるほど美人で可愛い。しかし、ギャンブルをしているような人には見えず、勝つところも想像できない、とアイに実力を勘ぐられる。
 ところが実際客とのギャンブルでは全戦全勝の凄腕ギャンブラーであることが判明。しかも、デリバリーカジノに勤めてから現在に至るまでギャンブルで負けたことはなく、処女をずっと守り続けてきていたのだった。客のイカサマにも脅しにも屈さず必ず勝利を手にするメイにアイは憧れを持つようになる。


出典:メイのメイデン より


 

メイに裏コースの勝負を仕掛ける客達

 凄腕ギャンブラー・メイの処女を奪おうと狂気に満ちた客達は普通のギャンブルではなく、「プレイ内容」「掛け金」を好きに決めることのできるなんでもありの裏コース仕掛けてくる。裏コースを仕掛けてくる客はぶっ飛んだ変態だと言う社長の言葉通り、女性器を内部から破壊する拷問器具”苦悩の梨”を使うプレイや、違法ドラッグを服用させた状態で性行為をしたいとメイに要求。
 恐怖を感じるアイ。ところがメイは掛け金の条件が良ければ二つ返事でOKし、無謀にも客の提案してきたギャンブルで勝負をする。当然最初は客が熟知したまたは考案したゲームのため客が有利な状態に。しかもどの客も勝利を手にしたいがためにイカサマを行ったりとメイは絶体絶命の状態に陥ることも。
 しかし、メイは鋭い観察眼でイカサマを見抜く。そして相手のイカサマを逆に利用し自分の有利なようにゲームを進ませ、最後は必ず勝利を手にするのだった。


出典:メイのメイデン より


 

お見合い(?)をさせるメイの母

 アイがメイデンズで働き始めてからの三日間、メイは「危ない賭け」である裏コースを所望する客と立て続けに勝負をしてきた。一歩間違えればタダでは済まなかった勝負を仕掛け、狂気に満ちた客を送り込んできた黒幕の人物とはなんとメイの実の母親
 メイにイかれた客をさし向けるその目的とはただ単に面白いから、命をかけて戦う娘の本気が見たいから、つまり娘をおもちゃだとだと思っているからだった。負ければその人間に一生付き従うと決めているメイにとってはお見合いのようなものだとメイ本人も母同様楽観視しているが、ただ簡単には負けないと母に言い放ち、母がこれからも差し向けてくるであろう強敵(狂気に満ちた客)をメイは全力で迎え撃つことを宣言するのだった。


出典:メイのメイデン より


 

評価・感想

 天才ギャンブラーの主人公が変態的なプレイを要求する客とギャンブルをし、イカサマ等を使われ逆境に立たされるも最後は頭脳を駆使して客を倒しプレイを回避するギャンブル系漫画。女性の体の特徴をいやらしく描く漫画全体の作画力はもちろん、主人公と客の間で行われる創作ゲームの内容と不利な状況からの大どんでん返しなど絵もギャンブルもそれぞれ面白く、作画&原作両者の技量の高さが伺える内容となっている。

 ただ、絵とゲームの内容は面白いが面白いのはそれだけ。
 漫画で重要な主人公のキャラに全く共感できないし、全キャラの背景も薄くむしろ無かったり、キャラに背負うものがないからギャンブルの勝敗にハラハラしないし、母親が黒幕って驚きはするけど娘を陥れる理由が意味わかんないしと、原作さんが全く漫画を知らなさすぎると感じました。
 まず、主人公の行動に共感できないのは致命傷。無双系主人公を作りたかったのかもしれないがそういう主人公ってもっとカリスマ性があるべき。ところが何を血迷ったのか自分を負かした相手を運命の人と呼び、結婚したいと感情移入どころか”理解不能の狂気キャラ”にしてしまっている。ギャンブル漫画はもっと勝敗が見えないドキドキハラハラが作品に必須なのに主人公がそんな考えなばっかりに勝敗なんてどうでも良いのではと感じてしまい面白いはずのゲーム部分が面白く無くなってしまうという本末転倒な状況になってしまっている。
 とはいえ、最初も言った通り絵とゲームの内容は面白い。このままそのレベルを維持し続ければ人気を獲得して行くことは間違いない。ただ、もし原作がスランプに陥ったりしてゲームのレベルが落ちようものならこの漫画の寿命は一気に縮まるだろう。まだ連載が開始して間もないため期待値も含めて65点とする。

評価点:65点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 死役所とは? [su_list] 『死役所』(しやくしょ)は、あずみきしによる日本の漫画作品…
  2. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  3. 喰う寝るふたり 住むふたりとは? [su_list] 『喰う寝るふたり 住むふたり』は、日暮…
  4. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…
  5. 響~小説家になる方法~とは? [su_list] 『響 〜小説家になる方法〜』は 柳本光晴に…
  6. テラフォーマーズとは? ・『テラフォーマーズ』(TERRA FORMARS)は、作:貴家悠、画…
  7. ヲタクに恋は難しいとは? [su_list] 『ヲタクに恋は難しい』は、ふじたによる日本の漫…
  8. DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…
  9. 一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
  10. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  2. とんがり帽子のアトリエとは? [su_list] 2016/07/22より連載開始。翌年20…
  3. ぼくたちは勉強ができないとは? [su_list] 『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志…
  4. 金色のガッシュ!!とは? ・『金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日…
  5. ドラゴン桜とは? [su_list] 『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、三田紀房による日本…
  6. 聲の形(こえのかたち)とは? ・『聲の形』は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『…
  7. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  8. 新宿スワンとは? [su_list] 『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』は、和久井…
  9. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…
  10. サイケまたしてもとは? [su_list] 『サイケまたしても』は、福地翼の日本の漫画作品。…

次に見るべき記事

  1. 2018-2-10

    『DAYS』の評価・感想 走ることしかできないサッカー初心者のサクセスストーリー!

    DAYSとは? [su_list] 『DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画作品。…
ページ上部へ戻る