『淫らな青ちゃんは勉強ができない』の評価・感想 エロ妄想爆発女子高生のエロエロ恋愛物語!

淫らな青ちゃんは勉強ができないとは?

  • 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、『少年マガジンエッジ』2015年11月号から連載開始。
     

表紙画像・出典:https://www.ebookjapan.jp/ebj/363946/volume1/

あらすじ

 名前の由来は「アオカン」――官能小説家の父に悩まされる女子高生・堀江青。
 彼女は、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」と勉強だけに一直線・・・のはずだった・・・。
 クラスの人気者で「リア充王」の男子・木嶋がまさかの愛の告白を受ける青。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんの父親ゆずりのエロ妄想が暴走し始める!

気になったら試し読み!

 
淫らな青ちゃんは勉強ができない (1)
カワハラ恋 講談社
500円(税別)
名前の由来は「アオカン」――官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春? 男女交際? そんなの知るかッ!」……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の男子・木嶋がまさかの愛の告白。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんの父親ゆずりのエロ妄想が暴走する!
ebookjapan BookLive! 楽天

主な登場人物

堀江 青

 本作の主人公。青春に興味がなく、勉強一筋、夢は有名国立大学に進学し実家を離れること。
 父は官能小説家で名前の由来が青姦の青からつけられていたり、性に寛容な父をひどく軽蔑しており、実家を出たい理由も大半は父のせいである。また、性に対する知識が豊富であり、男子に対する偏見が強い。
 素直な好意で近づく木嶋を初回から軽蔑するが、木嶋の想いが少しずつ伝わりはじめ徐々に勉強にも支障が出始める。

木嶋 拓海

 青のクラスメイトの男子。サッカー部。友人は多く、家族は業界人ばかりで、本人は読者モデルをしているという噂がある。真実は不明。
 髪は赤毛で一見軽そうな印象だが、実は童貞であり、好きな相手としかそういった行為は行わないと宣言するくらい一途。青に好意を持ち、何かあるたびに近づき声をかけるが青からは嫌がられている。

青の父

 青の父。身長は青の膝までくらいしかない。
 超売れっ子の官能小説家で、近所には快楽先生と揶揄されて呼ばれている。
 青の異性関係を嗅ぎとると、青の恋愛を応援するように木嶋の前で青のラッキースケベを発動させ、2人の距離を縮めようと奮闘する。

この漫画の特徴

男は皆性欲の塊!だと思っていたが・・・

 官能小説家である父を持つ堀江青は大学進学に伴い実家から飛び出したいという夢を抱き、クラス1勉強ができるほど勉学に勤しんでいた。そして、夢へ近づくために、同時に青春を捨てることを覚悟もしていた青。
 そんな青を密かに想っているクラスの男子・木嶋拓海は1人で過ごす青によく声をかけては気を引こうと躍起になっていた。しかし、父の官能小説を読んで全ての男=性欲の塊だという認識と偏見が根付いてしまっている青は「自分に近づいてくるのはゲスな考えがあるからだ」と考えており、木嶋の接触は青にとって逆効果になっていた。
 
 一方、青の発言や態度から異性への悩みを持っていることを敏感に感じ取った青の父は青の通う学校に潜入し、青と木嶋の恋愛を応援するようになる。がしかし、応援をする方向性が少しずれており、意図的なラッキースケベを起こし青と木嶋の関係を進ませようとするのだった。本当に襲われてしまう、そう思う青だったが、ラッキースケベを受けた木嶋は青の予想に反し、照れたり、頬を赤らめたり、そして最後には熱のこもった告白をしてきたりと、純粋でまともな木嶋の姿に青は頭を悩ませるのだった
 結果、木嶋にセックスに誘われるシミュレーションを一晩中してしまうどころか、イメージの中でも告白に対して返答することはできず・・・


出典:淫らな青ちゃんは勉強ができない より


 

木嶋への疑惑と下品な妄想

 告白後、連絡先を交換し、ラインを交換し、木嶋のことがいい意味でも悪い意味でも気になり始めた青。そんなある日、木嶋と小学校が同じだった高岡雅が写った”行為の事後であるかのような写真”が青の手に渡るさらに木嶋が合コンまで行っていたという事実も知り、それらをきっかけに木嶋を軽蔑の目で見るようになった青は思わず電話越しに木嶋の好意に疑いの言葉をかけてしまう。以降、2人は距離を置くようになる。
 後日、青は雅と遊園地へ行く木嶋を発見。
 思わず追いかけて、お化け屋敷内で遭遇する。父と遊園地に来ていることを木嶋に彼氏と来ていると誤解され、2人の溝はさらに深まるばかり、そして遊園地の帰りにホテルに入って行く木嶋と雅の姿を目撃してしまう。頭が真っ白になる青。
 青は2人の営みを想像し、下品な妄想を膨らませるのだった


出典:淫らな青ちゃんは勉強ができない より


 

恋愛にうつつを抜かしたばっかりに!

 木嶋への誤解が解け、雅ともホテルに行っていないことを知った青は一安心する。
 加えて、木嶋は”誰とでもしているだろう”という青の偏見も木嶋の「俺童貞だし」という発言で崩れ、官能小説を読み性の知識が自分の方が上だと一気に優位な立場になった青は積極性が一気に増すのだった。ところが調子付く青に木嶋がの隠していた男の部分を露わになると青はすぐに弱気になってしまう。しかし、木嶋の狼のような感じにまたも下品な妄想を繰り返す。
 このまま2人の関係は少しずつ進展して行くと思われた、が、後日全国模試の結果を受け取り志望校の合格率がE判定だった青原因は”木嶋のせい”だと決めつけ木嶋を遠ざけようとするのだった・・・。


出典:淫らな青ちゃんは勉強ができない より


 

評価・感想

 官能小説家を父に持ち、性の知識が豊富にあるために普通の恋愛を性欲を満たすためだけの行動であり、また異性である男子を性欲の塊だと嫌悪していた主人公・堀江青がイケメン男子の純粋な思いに揺らいでしまうという話。通常の男主人公がするような下品な妄想や行動を女の子にさせることで男の主人公であれば普通の行動でも、これまでになかった展開のように感じ、新鮮な漫画に思える点が良かった。内容は普通に面白く、主人公のエロ妄想が時に恋愛を進めたり、または後退させたりという展開が醍醐味となっている。

 感想としては、主人公の設定やキャラが非常に良く、展開も題材を活かした内容が多いがどの層を狙って作られた作品なのかが曖昧になってしまっており結局跳ねずに終わっていく漫画なのかなと思いました。そもそも少年誌で女性が主人公という時点で男性読者の共感はつまはじきになってしまいあんまり印象に残らないし、女性読者が欲しいのであれば女性誌で書くべきであり、完全に描く誌面を間違えている。
 じゃあ女性誌に載れば人気になるのか?と言われると実際そうでもないと思う。というのも上記では新鮮な漫画と評価したが、それはあくまで少年誌&男性視点での話であり、女性向け恋愛漫画でこの手の主人公や展開は結構普通にある。つまりこの漫画は、少女漫画を少年誌に描き変え、そこに許されるだけのエロを放り込んでいるだけの漫画にすぎず、実は新しい恋愛漫画を描いているようで描いてはいないということなのだ。
 以上より、対象にしている層は男性であることはたぶん間違いない、しかし少女漫画の流用のため、男性読者を喜ばせる要素が薄く、作品として跳ねない。評価としてはキャラや内容は面白いけども1,2巻で満足できるような一発屋漫画、トータルで見るとつまらない漫画かなという印象。

評価点:65点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク↓  

ピックアップ記事

  1. 私たちのヒミツ事情とは? [su_list] プチプリンセスにて連載中。既刊4巻(2018/…
  2. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  3. 高台家の人々とは? [su_list] 『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子…
  4. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  5. パステル家族とは? [su_list] パステル家族は、セイによる漫画作品。comicoで初…
  6. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  7. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  8. かつて神だった獣たちへとは? [su_list] かつて神だった獣たちへは2014年7月より…
  9. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…
  10. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 『日常』とは? ・『日常』は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画。KADOKAWA(旧角川書…
  2. あさひなぐとは? [su_list] 『あさひなぐ』は、こざき亜衣による日本の漫画。『ビッグ…
  3. 黒子のバスケとは? ・高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある…
  4. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  5. アオハライドとは? ・『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の…
  6. DEATHNOTE~デスノート~とは?  『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - …
  7. 僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
  8. 星野、目をつぶって。とは? [su_list] 『星野、目をつぶって。』は、永椎晃平による日…
  9. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  10. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…

次に見るべき記事

  1. 2018-1-31

    『僕のヒーローアカデミア』の評価・感想 王道ジャンプ作品の血を受け継ぐ友情・努力・勝利三拍子揃った王道漫画!

    僕のヒーローアカデミアとは? [su_list] 成績不振だった主人公が最高のヒーローを目指…
ページ上部へ戻る