『いぬやしき』の評価・感想 主人公は兵器になった初老の男性!? 未知なるダークファンタジーが今ここに!

いぬやしきとは?

  • 『いぬやしき』は、奥浩哉による日本の漫画。講談社の漫画雑誌『イブニング』にて、2014年4号(2014年1月28日発売)から2017年16号まで連載された。
     
  • 単行本は全10巻が出版され、第9巻は週刊少年マガジンに掲載された読み切りがフルカラーで収録された特装版が発売されている。2018年には講談社プラチナコミックスから章ごとに再編された『私は機械編』『慟哭の獅子神編』『宣戦布告編』『誰が為に編』が出版された。
     
  • 2017年にアニメ化され10月から12月まで全11話が放送され、2018年4月には実写映画化され劇場公開された。
     

表紙画像・出典:https://www.ebookjapan.jp/ebj/235395/volume1/

あらすじ

 現代日本。
 老人のような外見の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、会社や家庭からも疎外された生活を送っており、ようやく購入した一戸建てすらも家族の歓心を得ることができなかった。追い打ちをかけるように胃ガンだと診断され、余命3か月を宣告される。ガンのことを家族に打ち明けるタイミングが見つからず、打ち明けたとして家族が悲しんでくれるか思い悩む犬屋敷だったが、犬の散歩中に、高校生・獅子神皓と共に非常に小さな宇宙人による事故に巻き込まれ死亡してしまう。
 しかし、事故を隠蔽したい宇宙人によって、犬屋敷と獅子神は生前の記憶や精神を持った機械の身体となって蘇る。
 日常における肉体との相違から、身体が機械となり本当の自分は死んだことを自覚した犬屋敷は、人でもなく犬屋敷壱郎でもない自分の存在意義を問い始める。そんな折、少年達からリンチされているホームレスを助けて感謝されたことをきっかけとして、人助けに存在意義を見出すようになる。さらに生物の命を助けることもできることに気付いた犬屋敷は、現代医療では助からない重病人の治癒も始め、ますますその能力を他人のために使おうと考えるが・・・。

気になったら試し読み!

 
いぬやしき 1巻
奥浩哉 講談社
600円(税別)
その男には誰にも言えない秘密がある!58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに!
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

犬屋敷 壱郎(いぬやしき いちろう)

 本作の主人公。妻と高校生の娘、中学生の息子がいる58歳だが、娘の友達に「おじいちゃん?」と聞かれるほど、白髪に皺だらけの老け顔の冴えないサラリーマン。
 正義感は強いが温厚かつ内向的な性格で、やや卑屈な面もある。健康診断で胃ガンが発覚、余命3か月と宣告される。
 愛犬・はな子との散歩中に非常に小さな宇宙人の事故に巻き込まれて死亡するが、兵器ユニットを搭載された機械の身体として蘇る。日常の中で自身の異常に気付き、機械の身体となったことを知ると自分の存在意義に悩むが、人助けに自分の存在意義を見出す。

獅子神 皓(ししがみ ひろ)

 犬屋敷と同じく非常に小さな宇宙人の事故に巻き込まれ、兵器ユニットを搭載する機械の身体にされた高校生。家族や友人には気の優しい好青年だが、それ以外の人間には全くの無関心という極端な二面性を持つ。
 機械の身体であることを自覚すると、イジメられて引きこもりとなっていた親友・安堂を救うために能力を使う。徐々にイタズラの限度を超え、安堂をイジメていた同級生を射殺、ATMの不正操作で大金を引き出すといった過激な行動をとりはじめる。さらには、駅のホームで目撃した飛び込み自殺をきっかけに、自分が生きている人間であることを実感するため、無関係の一家を惨殺する凶悪事件を起こすなど、犬屋敷とは対照的な手段で自分の存在意義を見出す。

 

この漫画の特徴

冴えない人生から一転、宇宙人が起こした不慮の事故で機械の体に・・・

 せっかく一戸建てを買っても家族からは喜ばれることもなく、街で暴れる人を止める力もなく息子からは小さい人間だと罵られ、しかも余命3ヶ月の胃がんを宣告されてしまった犬屋敷壱郎


出典:いぬやしき より


 

 家族とも溝ができ、心配してくれないのでは?との不安からがんの悲報すら伝えられなかった犬屋敷は愛犬・はな子と夜に散歩に出かけ、ある公園で泣き叫んでいた。
 その時、まばゆく光る空から何かが降ってきて、犬屋敷と近くにいた青年はその何かと衝突し死亡してしまう。しかし、空から降ってきたのは宇宙人であり、宇宙人達は自分たちが地球と干渉していることを知られたくなかったのか、地球の知的生命体を壊してしまったことにひどく焦りを見せ自分達の持つ兵器ユニットで犬屋敷と青年を完全に復元した。
 次の日の朝、何も知らずに公園で目を覚ました犬屋敷は普通に家に帰り、またいつもの冴えない日常を過ごし始める。
 ところが起きたばかりなのに口の中はいがいがしないし、視力も回復。さらに病院の検診では注射針は刺さらず、レントゲンも血圧測定もエラーを起こし正常に判定してもらえなくなってしまった。そしてその日の夜、ついに犬屋敷は自身の体から発生する湯気を見て自分の体の異変に気づき始める。するとある拍子に自分の体にあるスイッチを押してしてしまい、腕がミサイルのように変形し、頭が割れて何かのコアが出現したりとありえない現象が起こる。
 これまで自分の周りで起こったことも合わせて、犬屋敷は自分が人間ではなくなってしまったことを理解するのだった


出典:いぬやしき より


 

人ではなくなってしまったが、”生きている感じがする”

 自分は機械。自分が自分でないのならば家族を養う必要はないとはな子と家を飛び出す犬屋敷。
 自分は何者なのか、何のために存在しているのか自問自答する中、やってきたのは自分が機械にされてしまった公園。犬屋敷がその場をもう一度見直すと表面的にはただの地面のように思えるが、何かが衝突し破壊された地面をプラスチックのような何かでカモフラージュしていることがわかり、昨日の夜の衝突した時の記憶が夢ではないことを知る。また、自分と同じような境遇にあった青年も同じようなことになり、悩んでいるのではないかと心配するのだった。
 犬屋敷が公園をしばらくをしばらく歩いていると公園のベンチに座っているホームレスと、そのホームレスを攻撃して遊ぶ子供達に出くわす。一方的な攻撃を加えて、笑う子供達を見て犬屋敷はホームレスの盾となりバットで殴られながらも子供達を止めに入る。犬屋敷はバットで頭を殴られ倒れてしまうものの、頭部のシステムが自動で攻撃を仕掛け、さらには子供達全ての情報を入手。彼らの悪事をネットで辿り上げネットに拡散し、社会的に抹殺した。
 その後、ホームレスに感謝される犬屋敷。別れた妻とやり直しアパートと住むと言うホームレスの言葉を受け、人の命を救った自分に犬屋敷は感激。人を救うことに存在意義を感じた犬屋敷はこれから一人でも多くの人の命を救っていくことを誓うのだった。

 一方、犬屋敷と同じく宇宙人に改造された青年・獅子神皓はというと、犬屋敷ほど現状に悩んではおらず、その新しい体を受け入れていじめられっ子の安藤を助けようとしたりと力の十二分に発揮していた。しかし、信頼した友人には優しい一面を見せる獅子神だったが、関係のない人や社会には簡単に牙を剥き、電子機器を操る力を使って無差別に人を襲う交通事故を起こしたり、友人をリンチしたクラスメイトを脅し最終的に殺したりと歪んだ考えで人々を襲い始める。
 しまいには全く無関係な民家に無断で侵入し、そこに住む家族を容赦なく皆殺しにする。血だらけで死んでしまった遺体を見て獅子神は生を実感するのだった・・・


出典:いぬやしき より


 

同じ境遇の二人が対面する!

 会社から自宅へ帰宅した犬屋敷が町内の声を聞くために耳のスイッチを押すと、獅子神が殺そうとしている女子高生の悲痛な叫びが耳に届く。
 犬屋敷はすぐに車を飛ばし、女子高生の元へ向かうがその家にたどり着いた頃には時すでに遅し。女子高生は玄関先で血だらけになり倒れてしまっていた。何の役にも立てなかったことに落胆する犬屋敷、そして許せないと口にするそこへまだ家の中にいた獅子神がやってきて、犬屋敷と獅子神の同じ境遇の二人がついに対面し・・・??


出典:いぬやしき より


 

評価・感想

 冴えない人生を送ってきた犬屋敷壱郎がある日、宇宙人の衝突により体を改造されてしまうものの人間の時とは比べ物にならないくらいの強さを手に入れ人々を救うことを目標に第二の人生を歩んでいこうとするSF漫画。また同じ境遇に見舞われ圧倒的な強さで人々を脅し恐怖に陥れようとする青年・獅子神皓と犬屋敷との考えと行動の対比や二人のバトルなど見所が盛りだくさんで設定に負けず劣らないストーリー&アクションも面白い。
 本作では犬屋敷を善、獅子神を悪としているがどちらも最初は人を救うヒーローになろうとしており、犬屋敷は純粋に人を助けるために力を使い、獅子神はいじめていた友達を懲らしめるために力を使う。”力の使いかたを間違えた結果善悪に分かれいがみ合う”というのはありがちな設定だが、作品を面白くする要素であることは間違いない。

 奇抜なキャラと珍しい初老主人公が大活躍する本作はガンツよりもシンプルな設定だが、面白さはガンツと並ぶくらいあり、しかも主人公の年齢や経歴的にも老若男女問わないのでかなりおすすめ。とっつきにくいかもしれないが読めば面白いと思うはず!

評価点:85点
しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 進撃の巨人とは? ・『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画など…
  2. ライアー×ライアーとは? [su_list] 『ライアー×ライアー』は、金田一蓮十郎による日…
  3. 新世紀エヴァンゲリオン(漫画版)とは? ・貞本義行によるコミカライズ(漫画化)作品。『月刊少年…
  4. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…
  5. ReLIFE(リライフ)とは? ・『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。…
  6. 異常者の愛とは? [su_list] 『異常者の愛』は2018年4月1日からマンガボックスに…
  7. 生贄投票とは? [su_list] 超刺激的WEBコミック雑誌・イー★ヤングマガジンで大ヒッ…
  8. ナギと嵐とは? [su_list] YOUで連載。3巻で完結。 [/su_list] 表紙…
  9. DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件とは? [su_list] 『ドラゴン…
  10. 宇宙を駆けるよだかとは? [su_list] 2014から2015年に「別冊マーガレット」(…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 監獄学園(プリズンスクール)とは? [su_list] 『監獄学園』(プリズンスクール)は、…
  2. ギフト±とは? [su_list] 『ギフト±』(ギフトプラスマイナス)は、ナガテユカによる…
  3. カラダ探しとは? [su_list] 小説投稿サイト『E★エブリスタ』(現・エブリスタ)にて…
  4. MAJOR 2ndとは? [su_list] 『MAJOR 2nd』(メジャーセカンド)は、…
  5. 約束のネバーランドとは? ・『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原…
  6. ReReハロとは? [su_list] 『ReReハロ』(リリハロ)は、南塔子による日本の漫…
  7. BLEACH―ブリーチ―とは? ・『BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品…
  8. ハイキュー!!とは? [su_list] 『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボー…
  9. 氷菓とは? [su_list] ライトノベルの新人賞である角川学園小説大賞のヤングミステリー…
  10. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…

次に見るべき記事

  1. 2017-11-9

    5分でわかる『一礼して、キス』

    一礼して、キス [su_list] 小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突…
ページ上部へ戻る