『ハリガネサービス』の評価・感想 必見!腐女子のネタにされそうなナヨナヨ主人公の驚異的なサービスエースを目撃すべし

ハリガネサービスとは?

  • 『ハリガネサービス』は、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて2014年26号から2018年46号まで連載され、続編の『ハリガネサービスACE』が同誌にて2018年50号から連載中。
     
  • 『週刊少年チャンピオン』の2012年12月期「月例フレッシュ賞」特別奨励賞を受賞した(評価は「話・B、絵・A、キャラ・A、センス・A)。
     

表紙画像・出典:https://www.ebookjapan.jp/ebj/256830/volume1/branch3/

あらすじ

 中学時代、バレーボール部でレギュラーになれなかった下平鉋。
 都立豊瀬高校に入学した下平は、再びバレーボール部に入部してレギュラーを目指して頑張ろうとしていたが、一緒に入った同級生の3人はなんと元・中学東京選抜の超実力派だった!!
 新入生の実力を測るためバレー部顧問・山縣監督は2対2の対抗戦を実施。その中で下平は山縣監督も認めた”脅威のサーブ”でその実力の片鱗を見せる・・・。

気になったら試し読み!

 
ハリガネサービス 1巻
荒達哉 秋田書店
400円 (税別)
中学バレー部ではレギュラーになれなかった下平鉋。都立豊瀬高校ではなんとかレギュラーを目指して頑張ろうとしていると、一緒に入った同級生の3人は元・中学東京選抜であった。青春高校バレーボール巨編!!
ebookjapan BookLive! 楽天

 

主な登場人物

下平 鉋(しもだいら かんな)

 本編の主人公。身長173センチメートル。背番号11。盟和中学校出身。色白で控え目な性格。
 決めた場所を確実に狙い打ちできる、完全無比のサーブコントロールを武器とし、変化量の多いフローターサーブも撃つことができる。
 豊瀬高校バレーボール部監督の山縣三郎の目に留まり、練習を見に来るよう勧誘されたことがきっかけで豊瀬高校入学を選び、バレーボール部へ入部。時折アキレス腱を断裂した過去がフラッシュバックしてPTSDを発症しコート上で跳べなくなる問題を抱えており、また関節が硬く、トスやサーブの際にはバチバチという音が鳴る特徴がある。また、周辺視野も非常に広く、常に相手の一瞬に記憶し把握できる能力も持っている。

間白 譲治(ましら じょうじ)

 豊瀬高校バレーボール部1年。身長167センチメートル。背番号10。育葉中学校出身のウィングスパイカー。
 とんがった赤髪と耳が特徴。上背はそこまででもないが豊富な運動量と跳躍力をもち、キレの鋭いスパイクや相手ブロッカーが追いつけないほどの速攻を放つ。また上背のなさも自覚しており、フェイントなど臨機応変の攻撃もこなす。反面、レシーブは苦手。中学校は東京都選抜の控えメンバーだった。夜遅い母親に負担を掛けたくないという理由で弁当を持参しないなど意外と家族思いである。

松方 一颯(まつかた いぶき)

 豊瀬高校バレーボール部1年。身長178センチメートル。背番号9。海成附属中学出身。ポジションはセッターで、柔らかいトスを打つ。
 大人しく落ち着いた性格だが、ひたすらデータを採集するのが趣味で、それをコート上で頭の中で計算しながら、実戦に生かすことができる能力をもつ。中学時代は東京都選抜の控えメンバー。

金田 進(かねだ すすむ)

 豊瀬高校バレーボール部1年。身長177センチメートル。背番号8。金糸町中学校出身。ポジションはリベロで、レシーブ以外には興味を示さないが、レシーブに関しては誰にも負けないという自負と天性のセンスをもち、身体のどこかに当てれば正確にコントロールできる技術をもつ。
 登場当初はチームのことより自分がボールを拾えればいいという自己中心的な考え丸出しで、また普段からも何を考えているか分からない部分があったが、徐々に仲間の影響を受けてチームワークを意識するようになる。

 

この漫画の特徴

ハリガネ(とバカにされる下手くそが放つ驚異的な)サービス(エース)

 下平鉋は盟和中学バレー部時代、25対23で予選に敗れ、中学大会最後の夏を終えた。
 その後、都立豊瀬高校に入学し、バレーボール部に入部する。だが、経験者といってもピンチサーバーだったという受け答えに先輩たちは冷たい反応。中学でのピンチサーバーは、敗戦濃厚の試合で、思い出程度に出場させるぐらいの補欠扱いに等しいからだしかも、彼と同期で入部したのが東京都選抜メンバーの間白譲治、セッターの松方一颯、リベロの金田進という面々。これではまたレギュラーになれないかも知れないと不安に陥る下平、しかも彼だけ初心者扱いで別メニューを組まれ、入部1日目から半ば隔離状態となってしまった。


出典:ハリガネサービス より


 

 それでもめげずに朝練をこなしていると、例の選抜メンバー3人組から2対2の練習をしようという誘われ、下平はサーブを打つことに。
 だが、下平のサーブを受けた金田は一歩も動かず、しかも腕も動かしていないという。間白も松方も耳を疑うが、下平はわざと狙ってレシーブしやすい球を、全く同じ場所にサービスしていたのだったそれを聞いた金田が今度は本気で撃つよう挑発したところ、下平はわざとネットインサーブを仕掛ける。しかも、連続でそれを放ち、彼が言うにはそれすら狙ってできるというのだ。流石にそれには間白と松方も驚きを隠せない表情で、なぜそんなことができるのか下平に訊く。
 下平が言うには、3年生最後の大会前、2年生の2月にアキレス腱断裂の怪我をしてしまったことでバレーボール部で一度もレギュラーになれずにいたが、それでもバレーボールをあきらめられず、毎日をサーブ練習だけに明け暮れていた。そして大会当日、ピンチサーバーとして出場した時には、狙って100%ネットインできる抜群のコントロールを体得していたという。そして、その試合で様子を見ていた豊瀬高校の山縣監督から練習を見にくるようと声を掛けられたことで、入部を決意したということである。


出典:ハリガネサービス より


 

強豪校からの挑戦状。ナメられるわけにはいかない!

 下平、間白、松方、金田の4人たちの高校バレー生活は始まった。そんな彼らの目標は東京都大会の王者駿天堂を倒すこと、それを合い言葉に一致団結するが、上級生たちも簡単にレギュラーを譲るはずもなく、練習の2人組対抗試合でお互いバチバチと火花を散らすことになる。そんな中、徐々に新入生4人と先輩たちの実力が明かされていき、新生豊瀬高校バレー部が新たに動き出す


出典:ハリガネサービス より


 

評価・感想

随時加筆・・・

しょーり

しょーり管理者 兼 ライター

投稿者プロフィール

ライターのしょーりです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. エムxゼロとは? [su_list] 『エム×ゼロ』は、叶恭弘による日本の漫画作品。『週刊少…
  2. よんでますよ、アザゼルさん。 [su_list] 『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保…
  3. 三月のライオンとは?  『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画…
  4. 亜人ちゃんは語りたいとは? [su_list] 『亜人ちゃんは語りたい』(デミちゃんはかたり…
  5. 七つの大罪とは?  『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011…
  6. エリアの騎士とは? [su_list] 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年…
  7. 食戟のソーマとは? [su_list] 『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田…
  8. ボールルームへようこそとは? [su_list] 『ボールルームへようこそ』は、竹内友による…
  9. はねバド!とは? [su_list] 『はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バ…
  10. はっぴぃヱンドとは? [su_list] はっぴぃヱンドはデジタル版月刊少年ガンガン2017…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. この音とまれ!とは? [su_list] 『この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューに…
  2. ワンパンマンとは? [su_list] 『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009…
  3. 坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
  4. 淫らな青ちゃんは勉強ができないとは? [su_list] 淫らな青ちゃんは勉強ができないは、…
  5. 終末のハーレムとは? ・『終末のハーレム』は、LINK(原作) / 宵野コタロー(作画)による…
  6. 復讐の未亡人とは? [su_list] 本作『復讐の未亡人』は、月刊電子漫画誌「毒りんごco…
  7. 僕らはみんな河合荘とは? ・『僕らはみんな河合荘』(ぼくらはみんなかわいそう)は、宮原るりによ…
  8. 逃げるは恥だが役に立つとは? [su_list] 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみに…
  9. いちご100%とは? [su_list] 『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河…
  10. BLEACH―ブリーチ―とは? ・『BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品…

次に見るべき記事

  1. 2017-11-2

    5分でわかる『坂本ですが?』

    坂本ですが?とは? [su_list] 『坂本ですが?』は、佐野菜見による日本の漫画。年10…
ページ上部へ戻る